フェアリー テイル プレヒト

公開日: 20.02.2020

ウルティアからゼレフを預かり、エクソシストよろしく文字通り這いつくばって追うジュビアと 戦闘の余韻をぶち壊す 逃走劇を繰り広げる中、復帰したザンクロウにより裏切り者として攻撃されてゼレフを奪われ、 それだけでなく彼の口から 自分の村を襲って滅ぼしたのがウルティア達だった と聞かされ 絶望 する。 「悪魔の心臓」の敗北後、ウルティアと2人で天狼島を脱出する際にその事を問いただし怒りを露わにするも、死んで罪を償おうとしたウルティアを助け、マギルティ=センスで全ての感覚と感情を知った事により泣きながら許して和解した。. このようにアンセクラムの呪いから仲間を守るためあえて真実は伏せ、その一方、目を覚まさない仲間を30年も蘇生をあきらめずに考え続けるなど、仲間意識が高かったのは明らかであり、まさしく妖精の尻尾のマスターにふさわしい人物である。この仲間意識の高さはハデスになっても変わらず、ウルティアに「ラストエイジス」の使用を詳細に説明して禁じたりしている(もっとも、こいつでなくても使うなと言うだろうが)。 その一方、マカロフの代まで続く妖精の尻尾の「問題行動の多さ」の表向きの元凶でもあり(もっとも、メイビスも思想面は自由人そのものだったから一概にプレヒトが悪いわけではなく、評議院もメイビスの時代はそこまで認知していなかった可能性もある)、良くも悪くも今日の妖精の尻尾に影響を与えた人物であることは間違いではない。.

hcheckin さん.

妖精の尻尾 最終兵器 メイビス. 後に謎の魔力の正体が未来から来たローグによってもたらされたエクリプスの扉によるものと判明。 彼の企み通りに扉からドラゴンが現れドラゴンと魔導士達の乱戦が混迷を極めた際に、今の時間のローグを殺してタイムパラドックスを起こし全てを元どおりにしようとするが、ナツの反論もあってか思い留まり、自分の本性は何も変わっていなかったと失望してしまう。 この少し前にジェラールとエルザ、ミリアーナ、物陰にいたカグラに自身が楽園の塔の一件の全ての元凶で黒幕だと暴露した時にも悟っていた模様 自分には生きる資格などないと感じ、術者の命を犠牲にして世界の時間を戻す時魔法〝 ラストエイジス 〟を発動させ扉が開かれる前にまで時間を戻そうとするが、無慈悲にも戻った時間はたった 1分 だけであった。 しかしこの1分がグレイをはじめ多くの魔導士達の命や危機を救い、事態も好転していくきっかけとなった。 全てが終わった後、一命は取り留めたがラストエイジスの影響で命は僅かになり 老婆となった ため、ジェラールとメルディに後を託し「魔女の罪」を事実上脱退することになった。 2人には手紙を預かったと他人を装って接していたため、彼らは気づいていない。しかしすれ違ったグレイには気づかれたようである。.

天狼島の襲撃の際、単独でゼレフを捜索し発見、 倒すことでゼレフを確保する。 そして匂いをたどってきたナツと再会し本当の力で翻弄するが、そこに割り込む形でルーシィとヒカルが乱入、2人をヒカルに任せゼレフを連れて逃走する。 その後、自身を尾行していたグレイの前に現れ自身の素性や、実は 自分の行為は全てウルの意思を継いでのもの だと明かす。 彼女の父親はハデスに殺され、その仇を撃つためにウルは「悪魔の心臓」を水面下で追っていた。それをウルの遺品で知り「悪魔の心臓」へと潜入し復讐の機会を窺っていたがハデスの力は想像を超えるものであったため、それを倒せる可能性がある〝 絶対氷結 アイスドシェル 〟を使えるグレイにハデス打倒を託し、自らはハデスにゼレフが渡らないよう島の外で二度と見つからないように封印するためにゼレフを連れ去る。.

アルバレス帝国編ではアクエリアスの見せた過去の映像で登場。 この時は、曲がりなりにもルーシィの母レイラ・ハートフィリアを敬愛していたようであるが、それが仇となり、同じ使用人だった人物を「不在だったせいでレイラが病弱になった」として殺してしまった。 皮肉にもこれが娘たちの世代で確執を起こすこととなった(そこまで大きくないし、状況と立場があまりにも悪すぎたため結局仲良くなれなかったが).

レオタードにマントを羽織った羽付きのカチューシャをしたピンク髪の美少女。 物静かな性格で、敵に対しては機械的に対処するものの感情が無いわけではなく、特にウルティア絡みになると感情が爆発する。 過去に「悪魔の心臓」によって滅んだ村の生き残りであり、そこをウルティアに引き取られたこともあってか彼女を一番慕っている。 それ故に、ウルティアの母親のウルを死なせることになったグレイを憎んでおり、 殲滅最優先順位1位 としていた。 遭遇したエルザと ジュビア と交戦し、試験で魔力を消耗していたとはいえ2人を相手に対等に立ち回る。.

アニメ版では復活後、「妖精の尻尾」の救護キャンプを襲撃し、リサーナ、カナ、レビィと交戦。 ノーロさんを駆使したトリッキーな戦法で3人を翻弄するが、フリードが戦闘前に仕掛けていた〝魔法使用不可の術式〟に引っかかり、そこに3人の力を合わせた合体攻撃を食らい 焼き団子となり 飛んでいった。 マスター・ハデスの敗北後、戦艦で撤退途中に突如現れたゼレフにより目の前でハデスが殺されるのをラスティ共々目撃し、それ以降消息を絶つ。.

: :. IT Web. 1 1 2.

出典 fairytale-netabare. 妖精の心臓 フェアリーハート お互いを求め合ったゼレフとメイビス… その時、呪いはメイビスの命を奪ってしまう.

ハデスの強さと人物像考察、悪魔の心臓(グリモアハート)を統べる者!

サングラスをかけタキシードに似た服を着た山羊男。 大体の予想通り 磨羯宮の 星霊 カプリコーンであり、後述の理由により17年間も人間界で活動している。 人間隷属魔法 ヒューマレイズ という魔法により、人間の魔力・身体能力を弱体化させたり、 自身の隷属化に置き自由に召喚する、小型のカプセルに入れて持ち運びする ことができる。 グレイ や ロキ 、カナや ルーシィ 4人相手に優位に立っていたが、星霊としての姿に戻ったロキにはこの魔法が通じず、対等での戦いを強いられる形で残りの3人を逃がされてしまう。 その後は肉弾戦と捕らえた人間での召喚攻撃で戦いを繰り広げ、途中ルーシィがかつての主のレイラの娘だと知り追手を差し向けるも全てロキにより倒されてしまう。.

X年にはメルディと脱獄させたジェラールの3人で、己の過去の罪を背負い全ての闇を絶つ為、「魔女の罪」を結成し「妖精の尻尾」を影ながら支えていく。 大魔闘演舞に感じるゼレフの魔力に似た謎の魔力の調査を「妖精の尻尾」に依頼、報酬代わりに 進化した時のアーク で一部メンバーの 第二魔法源 セカンドオリジン を開花させる。. 実はゼレフを覚醒させる鍵とは 大昔にゼレフを妄信する一部の者たちが作り上げた幻想の設定の一つ 、つまりは 同人設定も同然のデタラメ であり、ゼレフ本人は眠っておらずそのままに目覚めている状態である。 その事実をなお受け入れられずゼレフを求めようとするが、 「アクノロギアを呼び寄せた罪」と「自分に命の重さを忘れさせた罪」 を断罪される形で殺されるあっけない最後となった。 後にその遺体はゼレフを追ってきた「 冥府の門 タルタロス 」のフランマルスに発見され魂を吸収され、結果として「冥府の門編」にてナツ達と対峙することになる。フランマルスが倒されたことにより他の魂共々解放され、助言を残し成仏する。 さらにアルバレス帝国編ではスプリガン12のナインハルトの魔法により召喚され、負傷中のラクサスと交戦した。 このように死後になっても、厄介な敵として登場することになり、依然として(相対的な意味で)戦闘能力が低くないことを見せつけることとなる。.

残り少ない命などと言っている割にはアルバレス帝国編(X年)では生存している。ただし、本体が老人であることに変わりはないが… 天空シスターズ(ウェンディとシェリア)がスプリガン12、ディマリア・イエスタと交戦しているとき、敵の「時間を止める能力」(おそらく接収・ゴッドソウルで接収した時の神「クロノス」の力を使ったものと思われる)で若かった時の姿で思念体と同じような存在として登場。ディマリアの能力下でも天空シスターズが戦えるようにしたり、シェリアに第三魔法源(サードオリジン)の力を引き出すなど、ディマリア撃破に大きく貢献した(ただし第三魔法源はシェリアに大きな代償を払わせている。もっとも、本人の希望が希望したことだが)。. 出典 pbs.

タグ一覧 登録が多い順. マギルティ=センス という感覚をリンクさせ共有する魔法を使い ただし強い思いを持つ対象でないと繋げない 、 戦闘では主に派生技としての 多数の魔力剣 やエネルギー弾での攻撃を多用する。 感覚に直接攻撃する性質のため、物理攻撃を無効化する能力でも防ぐことはできずジュビアを一方的に打ちのめしていくが、グレイの命を狙っていることを知って、怒りで真の力を引き出したジュビアによって逆に不利な状況へと陥る。 マギルティ=センス本来の能力でジュビアとグレイの感覚をリンクさせ2人を同時に痛めつけて絶望させようとする・・・・・が、グレイに痛みを与えたことにより逆に火に油を注ぐことになったため、最後の手段として自分自身とも感覚を共有させる。 この魔法は 感覚以外で唯一、死が共有される ため、自らの命を絶ち2人を道連れにしようとするが、自身の命を助けようとするジュビアと 感覚を超え感情まで共有し 〝愛〟と〝生きる〟ことを説得され戦意を喪失する。.

  • X年にはアルバレス帝国との戦争に「魔女の罪」で参戦し、ジェラールと共に南部のハルジオン解放の援軍として駆けつけジュビアの窮地を救う。 ナインハルトの魔法で再現されたザンクロウと戦うが、ジュビアとマギルティ=センスで連結し互いに力を高め合わせ、合体攻撃・マギルティ=ウォーターにて勝利する。. ウルティアからゼレフを預かり、エクソシストよろしく文字通り這いつくばって追うジュビアと 戦闘の余韻をぶち壊す 逃走劇を繰り広げる中、復帰したザンクロウにより裏切り者として攻撃されてゼレフを奪われ、 それだけでなく彼の口から 自分の村を襲って滅ぼしたのがウルティア達だった と聞かされ 絶望 する。 「悪魔の心臓」の敗北後、ウルティアと2人で天狼島を脱出する際にその事を問いただし怒りを露わにするも、死んで罪を償おうとしたウルティアを助け、マギルティ=センスで全ての感覚と感情を知った事により泣きながら許して和解した。.
  • アニヲタWiki 仮.

… …  … … ……  … ……. FAIRY TAIL 0123 view. fairytail-sokuhou. hcheckin .

ベストアンサーに選ばれた回答

カプリコの部下でヨマズ共々本屋にとっては厄介そうな名前のニワトリ姿の獣人。 ヨマズと共に先遣隊として潜入しガジルとレビィの2人と戦う。 口から無限に卵を出す魔法を使い、そのまま相手に攻撃する、卵が割れて白身と黄身で殴り掛かるといった戦い方をする。どう見ても雄鶏だろうけど卵を出していることは気にしてはいけない。ちなみに普通の卵同様に 目玉焼きにすることが可能でありちゃんと食べることもできる。 ヨマズと共にガジルとレビィを追い詰めるものの、底力を見せたガジルの一撃によりあっさり倒される。 アニメ版では上述通り、復活後「妖精の尻尾」の救護キャンプを襲撃するが、ヨマズ共々敗れる。. マスター・ハデス直々に育て上げた 煉獄の七眷属 という「 失われた魔法 ロストマジック 」の使い手達と副司令のブルーノートを幹部とし、多数の部下達によって構成されている。 また、戦艦自体にも武装として魔導収束砲・ジュピターが施されている。 ただし巨大化したマカロフにはさほどダメージは与えられなかった. このウィキに参加 ログイン.

メイビスの肉体は ギルドに返されて、 肉体は魔水晶に封印され 蘇生させる研究の中で 永久魔法「妖精の心臓」が誕生.

vignette2.

2015年09月09日

煉獄の七眷属のリーダーの美女。グレイの師匠のウルの娘だが、自分を捨てた女としてウルを憎んでいる。 作品の初期から登場しており、当初は評議院検証魔導士としてジークレインの配下として行動していた。 余談だが 作品で一番最初に登場したキャラ である。 ジークレインがジェラールとしての正体を現した「楽園の塔事件」の際に評議会を壊滅させ行方知れずになる。 しかし実際は 8年前にゼレフの亡霊のふりをしてジェラールを洗脳した張本人 で、「悪魔の心臓」の活動から目を逸らすための囮として楽園の塔事件を起こさせた黒幕。 崩壊する評議会からも脱出しており、「悪魔の心臓」へと帰還する。 その他にもガルナ島でデリオラの復活を企むリオンに対して、デリオラの力を横取りすべくザルディという男に変身して手を貸していたが、独断でのS級クエストで島に来ていたナツ達により失敗に終わり、特にナツからは手痛い一撃を受けてしまう。 ちなみにこの時の一件で、ナツからは終始 「女装趣味の男」「女装ジジイ」 と勘違いされている。 「次会ったら殺されるわよ あんたたち…」.

生まれながらに魔力が高すぎたせいで体を圧迫され死にかけていた彼女を治療すべくウルは魔法開発局へとウルティアを預けた。 しかしその魔力の高さに目をつけた開発局側はウルティアを実験台として利用すべく、 ウルティアに 「母親に捨てられた」 、ウルには 「治療の甲斐なく娘は死んだ」 と それぞれ嘘を吹き込んで母子を騙し引き裂いた のだった。 しばらくして、施設での過酷な実験に耐えかねて一度は脱け出しウルの元へ帰ろうとしたウルティアだったが、 弟子となったグレイとリオンと共に過ごすウルの姿を見たことで更なる勘違いを引き起こし、母親への憎しみを持つことになる。 ウル自身は娘は既に死んだと思っており、ウルティアもその事を知る由が無かったので仕方ないと言えば仕方ないが. X年にはメルディと脱獄させたジェラールの3人で、己の過去の罪を背負い全ての闇を絶つ為、「魔女の罪」を結成し「妖精の尻尾」を影ながら支えていく。 大魔闘演舞に感じるゼレフの魔力に似た謎の魔力の調査を「妖精の尻尾」に依頼、報酬代わりに 進化した時のアーク で一部メンバーの 第二魔法源 セカンドオリジン を開花させる。.

出典 cdn-obs. X年7月に始まった第二次通商戦争でX年2月にギルドで介入し軍師の才を認められたが、人が命を落とす戦争が続き冒険に出られないことを嘆いていた。戦争が終結したX年から6年後、偶然ゼレフと再会する。しかし喜びも束の間、自身の体はゼレフと同じ「アンクセラムの黒魔術」の呪いで不老不死になっていることを知り、彼から「真の意味で命の尊さを知らない」と指摘された挙句、ユーリの妻であるリタがマカロフを産んで自身がその名付け親になった直後に呪いで命を落としたことに絶望し、ギルドを離れて当てもなく彷徨っていた。1年後、死にたくても死ねず疲弊しきっていた所で再びゼレフと出会い、自分の思考すら矛盾していき世界に拒まれ続ける彼に唯一理解を示し、共に呪いを解く方法を探そうと呼びかけゼレフに愛を抱くが、その直後に彼の呪いに命を奪われてしまった。体はプレヒトによって蘇生用の魔水晶に封じられ、それが最終的に「妖精の心臓」として完成することになった。 X年にプレヒトの判断で表向きは死亡したことにされて天狼島に墓が建てられる。しかし、思念体(幽霊)としてこの世に留まっており、ギルドの紋章を刻む者のみがその存在を認識できる。また、トイレに行きたがったり、プールで水着姿になって遊んだりと幽霊とは思えないような行為もできる模様。「悪魔の心臓」の襲撃の際、墓前で仲間を守る力を欲するカナに「妖精の輝き」を貸し与え、その後アクノロギアの危機にさらされたナツ達を守るためにギルド全員の想いを魔力に変えて「妖精の球」を発動し皆を守った。.

  • メイビスの肉体は ギルドに返されて、 肉体は魔水晶に封印され 蘇生させる研究の中で 永久魔法「妖精の心臓」が誕生.
  • 後に謎の魔力の正体が未来から来たローグによってもたらされたエクリプスの扉によるものと判明。 彼の企み通りに扉からドラゴンが現れドラゴンと魔導士達の乱戦が混迷を極めた際に、今の時間のローグを殺してタイムパラドックスを起こし全てを元どおりにしようとするが、ナツの反論もあってか思い留まり、自分の本性は何も変わっていなかったと失望してしまう。 この少し前にジェラールとエルザ、ミリアーナ、物陰にいたカグラに自身が楽園の塔の一件の全ての元凶で黒幕だと暴露した時にも悟っていた模様 自分には生きる資格などないと感じ、術者の命を犠牲にして世界の時間を戻す時魔法〝 ラストエイジス 〟を発動させ扉が開かれる前にまで時間を戻そうとするが、無慈悲にも戻った時間はたった 1分 だけであった。 しかしこの1分がグレイをはじめ多くの魔導士達の命や危機を救い、事態も好転していくきっかけとなった。 全てが終わった後、一命は取り留めたがラストエイジスの影響で命は僅かになり 老婆となった ため、ジェラールとメルディに後を託し「魔女の罪」を事実上脱退することになった。 2人には手紙を預かったと他人を装って接していたため、彼らは気づいていない。しかしすれ違ったグレイには気づかれたようである。.
  • PRまとめ まじで効いた…!「大人ニキビ」対策コスメ4連発 年11月06日 view.
  • 妖精の心臓 フェアリーハート お互いを求め合ったゼレフとメイビス… その時、呪いはメイビスの命を奪ってしまう.

… …  … … ……  … ……. XX…. : :. cached. IT Web. 1 1 2. …… .

「フェアリーテイル プレヒト」の検索結果

前述の妖精の心臓の件は、情報が外に漏れており、その原因がこいつであるとメイビスは推測している。人選ミスと考えたのはこのためである。 しかし、妖精の尻尾のギルドマスター時代の彼は職務を問題なくこなしており、妖精の心臓も「不幸な偶然」が重なった結果として発見・開発となってしまい、これでメイビスやプレヒトを責めるのはさすがに無理がある。 仮に妖精の心臓の情報源がこいつとして、のちにとんでもない事態に発展してはいるもの、問題なのはせいぜい守秘義務違反程度であり、メイビスが責任を感じるほどの人選ミスとは到底言えない。 強いて言うなら、引退後も何らかの形で交流を取っていればよかったことぐらいだろう。. アルバレス帝国編ではアクエリアスの見せた過去の映像で登場。 この時は、曲がりなりにもルーシィの母レイラ・ハートフィリアを敬愛していたようであるが、それが仇となり、同じ使用人だった人物を「不在だったせいでレイラが病弱になった」として殺してしまった。 皮肉にもこれが娘たちの世代で確執を起こすこととなった(そこまで大きくないし、状況と立場があまりにも悪すぎたため結局仲良くなれなかったが).

FAIRY TAILのキャラクター紹介 青い天馬(ブルーペガサス) 年01月19日 view.

cdn-obs. 17 43 .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |