アーロン・ キーナー再び

公開日: 18.02.2020

ゴーストリコン ごーすとりこん. 第一波としてニューヨークに派遣された元ディビジョンエージェントの男性。 現在はディビジョンから離反し、LMBと手を組んでいる。本編中で回収できる彼のデータによると何事にも高いレベルで対応できるが、本当の挫折を知らないとされている。 実際、彼の独白を記録したテープでは冒頭でひどく動揺しておりディビジョンエージェントとしての無力さを嘆いている。その後エージェントとして動くことに限界を感じたキーナーは自分と同調した他の第一波エージェント達と共にLMBへ寝返る事になる。 離反した後はウイルス研究者のチェルネンコを拉致し、ドルインフルウイルスの管理と兵器化を企み仲間のエージェントとのやりとりでこのウイルスを武器にする構想を話している。 LMB本部である国連会議場へ主人公が攻め込んできた事を知ると早々にブリスを見限り、自分はいずこかへとヘリで飛び去っていった。 ゴードンの隠れ家でドルインフル作成キットを入手時にエコーで主人公へのメッセージを残している。 テープや道中のECHOで彼の姿と肉声を数多く確認できるが、本編では最後まで主人公と直接会う事は無かった。一方でアーロンは主人公を認識して以降は観察しており、とあるエコーにはメッセージと共に監視下にある状況とない状況での行動の差という二面性を指摘した分析を残している。.

嵐が強まる冬のニューヨーク。 街や拠点は全て封鎖され、皆屋外に避難していた。 そんな中、ダークゾーン内にウイルスサンプルがあることが分かり、エージェントはサンプルの回収に向かう。 防護服を着こみ、吹雪の中をヘリで進んでいたが、強風により飛ばされた看板がヘリを直撃、マンハッタン郊外に墜落してしまう。 通信も遮断され、装備も無くし、更には自身も墜落のケガにより破傷風を負ってしまう。 残されたタイムリミットまでわずか。 エージェントはサンプル回収と、帰還の為にダークゾーンを目指す。.

ディビジョンのエージェントはスキル、タレント、PERKという3種類のアビリティ(特殊能力)を持つ。 エージェントは戦闘などで役立つ「スキル」や、セットするだけで効果を発揮する「タレント」などのアビリティを身に付けることができる。 「スキル」はシールドを展開したり、自動で射撃を行うタレットを設置できたり、投げて貼りついたものを爆破できる粘着爆弾が使えたりと状況やプレイスタイルに応じてセットすることで様々な戦い方が可能である。 さらにスキルには「MOD」を追加して特殊効果を付与することが可能である。例えば、粘着爆弾にフラッシュバンを追加すれば爆発によって周囲の敵の視界を奪う効果を付与することができる。 「PERK」は直接戦闘には関わらないが、ショップが増える、定期的に消耗品や素材が入手可能となる、アイテムをランダムで手に入れることが出来る、消耗品の所持数が増える、マップ上に回収品の位置が表示される等の恩恵を受けることが出来る。 スキルとPeakは各ミッションのクリアで手に入る資源を元に作戦本部をアップグレードしていくことで取得となり、プレイスタイルに合わせた順で入手していくこととなる。.

命じられた次の任務は、ハドソン難民キャンプでの血液サンプル回収であった。 カンデルはワクチン開発や今後の感染拡大を防ぐべく、早急に血液サンプルを要していた。 同時に、難民キャンプを占拠したクリーナーズの打倒も並行して行われることとなる。 クリーナーズの一団を突破し、かつての鉄道上に作られた難民キャンプに辿り着きサンプルを回収。 その後、指揮官マルチネスと多数のクリーナーズ集団を倒す。 吊り下げられていた大量の燃料を積んだトレーラー用タンクを落とし爆発、クリーナーズが必要とする燃料を処分した。.

ライカーズの根城、レキシントン・イベントセンターには捕らわれて拷問されているJTF隊員が残されていた。 エージェントはJTFの人質を救出しながら、組織壊滅のために、施設内部に突入する。 内部には拷問で死亡した複数の人間の遺体が弄ばれるかのように吊るされ、血文字による挑発があちこちに描かれていた。 これ以上ライカーズの好き勝手にさせるわけにはいかない。 エージェントは施設内部に蔓延るライカーズ一味を根絶やしにしていく。. コメントを残す コメントをキャンセル コメント 名前. アサシンクリード ウォッチドッグス. Wasteland 2. 第二弾となる有料DLC。アンロックされるゲームモード「サバイバル」は文字通り生き残る事を最重要視したゲームモードとなる。 プレイヤーはダークゾーンにて確認されたドルインフル用のワクチンを回収すべくヘリで嵐が迫る中で移動するも、事故によりヘリは大破、隊員の多くはヘリ外へと放り出されてしまう。プレイヤー達はヘリ外に放り出されるも運良く無事であったものの、防護スーツと 防毒マスク が損傷してしまった事でプレイヤー自身もドルインフルに感染してしまう。 装備も武器も拠点に置いてきてしまった事でプレイヤーの装備はほぼレベル1同然であり、残り僅かな時間の中で敵を倒したり拠点や道端のアイテムを利用する事で生きてダークゾーンからワクチンを回収し脱出するのが最終的な目的となる。 スタート地点はマンハッタン外周という共通点はあるもののランダムの上に全体的な難易度は高めであり、予めアイテムの場所やクラフトする物の優先度を知っておかなければ生存してクリアする事は厳しい。とにかくプレイしてゆく内に慣れるしか無い。 サバイバルは複数人のプレイヤーが同時参加するゲームモードでもあり、アイテムやクラフト素材も当然早い者勝ち。すなわち奪い合いとなる。更に「PvE」か「PvP」のどちらかを事前に選択する事で若干だが難易度を変えられる。 サバイバルでのプレイ中では「空腹」「温度」「乾き」「感染の進行度」といった概念があり、これらは火に当たる、服や装備をクラフトする、食事や飲料水などを摂取することで一時的に改善出来る。特に「感染の進行度」はプレイヤーの余命に直結するステータスであり、ゲーム中に入手できる薬剤を投与する事で進行を一時的に止める事が出来るが時間稼ぎでしかない。.

Stone :? 7Division2 ? JTF LMB 1. LMB. E3 Fallout Shelter. NPCNPC 2NPC.

Toggle navigation MENU. 地上の上がると、既にチェルネンコはヘリで連れ去られ、その場にはLMBと一波エージェントが待ち構えていた。 第一波の激しい攻撃を潜り抜け、指揮官ホーネットを倒すことに成功。 ホーネットからの情報により、チェルネンコの有していたウイルスデータなどが手に入った。 ジェシカはもはやチェルネンコは必要ないという冷たい言葉を投げ、データの回収を喜ぶのだった。 その一方で、その背後にいるLMBとローグの存在に、ラウとエージェントは未だ油断出来ない状況にあった。.

新しく追加される装備を一部ご紹介

エージェントはヘリの機銃掃射をかいくぐり、タレットなどを駆使してヘリの撃墜に成功する。 指揮官を失ったLMBは大幅に弱体化し、マンハッタンを支配下に置く計画は失敗に終わった。 しかし、ローグエージェントは未だ敗走し、野望を抱いたままどこかに潜んでいる。 エージェントの戦いはまだまだ終わることを知らない。. ストーリーは筆者がプレイ内容と合わせて要約しております。 また、ストーリーの進行は全てゲーム内のミッション順に合わせてあります。 ゲーム中で再生される各ムービーなどのデータも含まれますが、ストーリーとしてわかりやすくまとめる為にかなりの量を省略しています。 よって、ストーリーをより深く理解したい方は、実際にプレイしてみることをお勧めします。.

この間、ウイルステロの首謀者であるゴードン・アマーストがLMBと繋がりがあることが判明。 また、ウイルス学者の権威として知られ、ジェシカ・カンデルの知人であるロシア人の ヴィタリー・チェルネンコ がLMBに捕らわれていることがわかった。 首謀者の逮捕と、チェルネンコ救出のために、捕らわれ先であるロシア領事館に突入する。. 暴徒の親玉を排除する為、屋上のヘリポートを目指し暴徒の親玉ハッチを倒す。 マディソン野戦病院から暴徒が完全にいなくなったことで、機能を回復。 ジェシカ・カンデルはウィルス学に精通した知人を持っており、今回の事件の首謀者を知っているであろうという重要参考人として本部に移る。 感染拡大を防ぐべく、カンデルはディビジョンに協力することとなった。 また同時に、民間人を治療する為の受け入れ態勢が整いつつあった。.

第三弾となる有料DLCであり、拡張要素が比較的大きいのが特徴。 ラスト・スタンドを購入する事で8vs8のゲームモード「ラスト・スタンド」、侵入ミッションの「ストーレンシグナル」がアンロックされる。 プレイヤーはダークゾーン内に放置されているSHDテックから情報を回収するべく行動するが、ローグエージェントからの攻撃を受けた。プレイヤーを始めとするディビジョンエージェントらはこれらSHDテックを敵から防衛しつつ、データを全て送信するまで守りきる事になる。 「ラストスタンド」とは具体的には前述したとおりのPvP方式の陣取りゲームである。各陣営は各ポイントに配置されたSHDテックを制圧し、それらを敵から守りつつ先にデータ送信を完了した陣営が勝利する。 ポイントは「アルファ」「ブラボー」「チャーリー」の3つがあり、それぞれのポイントに3つSHDテックがある。1つのポイントにあるSHDテックを全て制圧することで制圧したポイントは拠点となり、初めてデータ送信が開始される。 拠点では敵を迎撃する自動タレットや敵位置を示すパルスの効果を常に付与してくれるパルスレーダーがある。だが、これらのシステムを動かすには専用のポイントが必要であり、これは道中の敵NPCなどを倒す事で補充できる。 難易度は比較的低めであり、ダークゾーンと違いマイナス要素の無い純粋なPvPという事もありプレイヤーからの評判も上々である。 何よりも魅力はプレイ後の報酬であり、真面目にプレイすれば1ゲーム毎にキャッシュが3つ4つほど貰えるはザラである。勿論好成績である程報酬も上乗せされるので奮戦して損は無い。.

事態を重く見た大統領は、秩序を回復し再びアメリカを復興すべく、 「Directive 51 第51号大統領令 」 を発令。 これは、「致命的な緊急事態」が起きた場合、大統領・軍・警察に治安維持の為にあらゆる権限が委託されるというものである。 これにより、ニューヨークの治安を回復するべく独自行動及び交戦許可を与えられた特殊部隊が活動を開始する。 彼らの名はストラテジック・ホームランド・ディビジョン SHD …。 所謂 「ディビジョン」 だった。. 嵐が強まる冬のニューヨーク。 街や拠点は全て封鎖され、皆屋外に避難していた。 そんな中、ダークゾーン内にウイルスサンプルがあることが分かり、エージェントはサンプルの回収に向かう。 防護服を着こみ、吹雪の中をヘリで進んでいたが、強風により飛ばされた看板がヘリを直撃、マンハッタン郊外に墜落してしまう。 通信も遮断され、装備も無くし、更には自身も墜落のケガにより破傷風を負ってしまう。 残されたタイムリミットまでわずか。 エージェントはサンプル回収と、帰還の為にダークゾーンを目指す。.

Fallout Shelter. Catastrophic Emergency Response Agency. LMB LMB LMB LMB. 2 JTF .

新スペシャリゼーション「ファイアウォール」

ランドマークとは別に「 地下汚染 」というイベントが存在する。これはダークゾーン地下で死体焼却を行うクリーナーズを排除する戦闘イベントであるのだが、イベント中の地下空間は汚染レベルが猛烈に上昇してしまうため プレイヤー側は常にダメージを受けるハンデを背負う事になる。その上蘇生作業ができなくなってしまっており戦闘不能になってしまうと一撃で死亡してしまう。 敵は同時にネームドNPCが二人登場してくる為アイテム収集には好都合だが難易度は高い。. コメントを残す コメントをキャンセル コメント 名前. 元米国陸軍将校であり、傭兵部隊「ラストマンバタリオン」全軍の総司令官を務めている男性。軍在籍時代の階級から部下や他からは「中佐」と呼ばれている。 パンデミック前はニューヨークの投資家や資産家などの資産警備などを行っていたが、パンデミック後は「ニューヨークを統治する」という名目の下、その軍事力を背景にしたニューヨーク制圧作戦を開始する。 LMBは傭兵部隊という性質上、ある意味ディビジョンよりも軍事色の強い組織でありゲーム本編でも最後の敵対勢力の司令として立ちはだかる。 元第一波のディビジョンエージェントであるアーロン・キーナーや、アーロン以外の離反したディビジョンエージェントを多数抱え込んでおり、互いに利用しあう関係であったとされる。 自身の演説を収録した映像ではLMB全軍へ向けた自分達の正当性を謳う演説をしていたが、収録後には「茶番」と吐き捨てており明らかなプロパガンダ映像としている。 LMB最後の牙城である国連会議場での戦闘では戦闘ヘリに乗り込み、ミサイルや機銃をばらまき主人公らを追い詰めた。しかし抵抗も虚しく最期はヘリもろとも撃墜され死亡した。 前述の二人のように彼の装備品であるホルスターは「ブリス中佐のホルスター」として装備ができ、装備するとサイドアームの性能が向上する。.

JTF …. JTF JTF. PERK3 MOD PERK Peak.

4人のローグ・エージェント

Ubisoft ゆーびーあいそふと. ディビジョンのエージェントはスキル、タレント、PERKという3種類のアビリティ(特殊能力)を持つ。 エージェントは戦闘などで役立つ「スキル」や、セットするだけで効果を発揮する「タレント」などのアビリティを身に付けることができる。 「スキル」はシールドを展開したり、自動で射撃を行うタレットを設置できたり、投げて貼りついたものを爆破できる粘着爆弾が使えたりと状況やプレイスタイルに応じてセットすることで様々な戦い方が可能である。 さらにスキルには「MOD」を追加して特殊効果を付与することが可能である。例えば、粘着爆弾にフラッシュバンを追加すれば爆発によって周囲の敵の視界を奪う効果を付与することができる。 「PERK」は直接戦闘には関わらないが、ショップが増える、定期的に消耗品や素材が入手可能となる、アイテムをランダムで手に入れることが出来る、消耗品の所持数が増える、マップ上に回収品の位置が表示される等の恩恵を受けることが出来る。 スキルとPeakは各ミッションのクリアで手に入る資源を元に作戦本部をアップグレードしていくことで取得となり、プレイスタイルに合わせた順で入手していくこととなる。.

医療棟、防衛棟の復旧に取り掛かり始めたころ、本部にはまだまだ足りないものがあった。 それは電気やインフラ、通信設備といった今後の救助活動に必要な技術類であった。 エージェントはベニテス隊長同様にクリーナーズに捕らわれたJTFの ポール・ローズ という技術士官を救出に向かうべく、死体安置所を目指す。. 生物兵器テロの首謀者と推測される人物。 人の欲望とテクノロジーの進化が地球を殺すと考える危険思想の持ち主で、ドルインフルを作成してブラックフライデーのエイベルズ百貨店でウイルスを仕込んだ紙幣で買い物をすることでパンデミックを引き起こし、自身も感染し隠れ家にて死亡した。しかしドルインフルの殺戮を生きるに値するかどうかを母なる自然が決める「淘汰」と称する彼にとっては皮肉でもなんでも無く彼自身が感染死したことは自分が生きるに値しない命であっただけに過ぎず(カットシーンにおいて生前そう語っている)他に彼の語るところによれば「地獄で会おう」と彼の言う他の生きるに値しない命達とともにこの世を去った。.

主人公と同行していたディビジョンの女性エージェント。生まれも育ちもニューヨークのアジア系アメリカ人。ゲーム開始時点で既に両親とは死別しており、ニューヨークに妹がいる。 もともとは主人公と共にニューヨークの復興任務に就く筈であったが、ゲーム序盤でヘリの爆発に巻き込まれ重傷を負ってしまう。命に別状は無かったがとても任務を遂行できる状態では無いため、主人公のサポートや情報支援に回る。 本作から7ヶ月後を描いた続編「Division2」にてイベントムービーにて登場し、 容態も回復し無事ディビジョンエージェントとして活動している姿が描かれた。 外見はさほど変化は無いが、負傷した目には眼帯が付けられておりクリーナーズのタンクを撃破しているシーンが登場している。.

ECHO LMB LMB. LMB LMB. LMB LMBLMB LMB LMB. CCTV .

ディビジョンのストーリーまとめ

この間、ウイルステロの首謀者であるゴードン・アマーストがLMBと繋がりがあることが判明。 また、ウイルス学者の権威として知られ、ジェシカ・カンデルの知人であるロシア人の ヴィタリー・チェルネンコ がLMBに捕らわれていることがわかった。 首謀者の逮捕と、チェルネンコ救出のために、捕らわれ先であるロシア領事館に突入する。. 第三弾となる有料DLCであり、拡張要素が比較的大きいのが特徴。 ラスト・スタンドを購入する事で8vs8のゲームモード「ラスト・スタンド」、侵入ミッションの「ストーレンシグナル」がアンロックされる。 プレイヤーはダークゾーン内に放置されているSHDテックから情報を回収するべく行動するが、ローグエージェントからの攻撃を受けた。プレイヤーを始めとするディビジョンエージェントらはこれらSHDテックを敵から防衛しつつ、データを全て送信するまで守りきる事になる。 「ラストスタンド」とは具体的には前述したとおりのPvP方式の陣取りゲームである。各陣営は各ポイントに配置されたSHDテックを制圧し、それらを敵から守りつつ先にデータ送信を完了した陣営が勝利する。 ポイントは「アルファ」「ブラボー」「チャーリー」の3つがあり、それぞれのポイントに3つSHDテックがある。1つのポイントにあるSHDテックを全て制圧することで制圧したポイントは拠点となり、初めてデータ送信が開始される。 拠点では敵を迎撃する自動タレットや敵位置を示すパルスの効果を常に付与してくれるパルスレーダーがある。だが、これらのシステムを動かすには専用のポイントが必要であり、これは道中の敵NPCなどを倒す事で補充できる。 難易度は比較的低めであり、ダークゾーンと違いマイナス要素の無い純粋なPvPという事もありプレイヤーからの評判も上々である。 何よりも魅力はプレイ後の報酬であり、真面目にプレイすれば1ゲーム毎にキャッシュが3つ4つほど貰えるはザラである。勿論好成績である程報酬も上乗せされるので奮戦して損は無い。.

The Elder Scrolls V: Skyrim.

TPS RPG. JTF. LMBJTFLMB LMB 22LMB.

知っておきたい:

コメント

  1. 保護隔離センターに爆発物が仕掛けられたとの情報が入り、エージェントが急行する。 しかし、辿り着くや否や、施設は爆破され、中にいた80名以上の市民が犠牲となる。 中からはかつて殲滅したライカーズが現れた。 ライカーズを始末したエージェントは、再び勢力を増しつつあるライカーズを殲滅することを決める。 調査によってライカーズはニューヨークの地下鉄内で新たな戦力を整えつつあるとのことだった。 地下を移動し、街のあちこちを攻撃されれば、再び市民に犠牲が出る。 エージェントはまだ見ぬニューヨークの地下鉄内部に突入する。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |