気 出し 方 武術

公開日: 24.09.2020

わが流が指導している 「自律神経調整法」 は、毎日根気よくこの調整法を続けることにより、異常二区つった自律神経を調整して、まともな状態に戻してくれる修行法を行っている。  したがって、高血圧の血圧一つ下げるにしても、心臓の機能を正常に働かせること一つにしても、血圧降下剤 ( 【註】 この薬は還元力が働かない酸化力一方通行の薬なので、長年の常習者は更年期に入ってボケる。この薬剤を服用している人は、高齢期に至って必ずボケる人が多いようだ。また、著名な武道家が、晩年ボケて惨めな死に方をするのは、血圧降下剤に合わせて、食肉や乳製品などの酸化力一方通行の食品を摂取しているからである。アルツハイマー型痴呆症に罹 (かか) って死んでいく武道家は、こうした愚を犯しているからである。「気合」や「息を止めて力む競技武道や格闘技」にはこうした人が多い) などの苦するは一切使わないのである。. 武術では、二言目には「呼吸、呼吸」というが、その肝心な呼吸は、この場合、単に吸うたり吐いたりする呼吸のことばかりではない。呼吸の吐納 (とのう) は、心の裡 (うち) にも顕れるのである。したがって、武術や武道では、ただ体力や体格に恵まれ、肉体力が強いというだけでは真剣勝負に勝てないのである。真剣勝負は、平面盤上で行う二次元の戦闘ステージと違うからである。.

精気は静寂の中に存在し、騒音の中には存在しない。大気の神聖なる 「精気」 を取り込む為には、静寂が第一である。この静寂の中にわが身を置いて、静かに、ゆっくりと吐納を繰り返す。吐納が、ある一定間隔によって規則正しく行われるようになれば、これに上肢の動きをつけて、「ひねり」や「指関節捕り」などを行いながら、丹田の位置を動かさないようにして、併せて関節の極限屈曲運動を行う。こうした呼吸法と対独を加えた方法を 「躰動呼吸法」 という。.

S先生は謙虚な方で、武道の実力を誇張して話したり、組手をやってもいないのに「たくさんやった」と吹くような人ではない。 おそらく筆者が読んだ本の散打云々のくだりは、本の売上を嵩上げするためにライターか編集部がでっち上げたものだろう。 男らしさを売り物にする世界では、ホラや誇張がつきものである。武道の世界も、暴走族などツッパリたちの世界もそうだし、小説家でもそういう人はいる。 武道雑誌の編集やライターにとっては、取り上げた対象の武勇伝を創造して神格化するのはいつものことなのかもしれない。だが本人もホラ吹きならともかく、真面目なS先生にとっては迷惑なことだったろう。. 例えば、呼吸とともに、敵の心を読み、脊柱 (せきちゅう) の一箇所を指で刺激すると、動けなくなるばかりか、呼吸までが出来なくなるもので、術者の抑えられた敵は、これにより 「息が止まって死ぬかと思うほどの苦痛」 を感じるのである。何れも、自律神経に何らかの影響を与え、制する方法である。自律神経中、呼吸を停止状態に追い込むのは脊柱中の胸椎 (きょうつい) であり、このある箇所を抑えられると、呼吸が出来なくなり、死ぬかと思うほどの苦痛を感じるのである。.

呼吸法を通じて、 「内観の秘法」 を会得すると、身体の機能を調整している自律神経に働きかけ、これまで狂っていたアンバランスを正常なものにと引き戻す役割がある。  自律神経は、興奮したり緊張したりしてストレス状態になると、交感神経が働き、それを緩める働きをするのが副交感神経であり、それぞれには二つの作用がある。. 筆者は当時、慢性の腰痛に悩まされており、気功を習う目的の一つも腰痛の解消だったのだが、気功を習うことで腰痛が治るといったことは残念ながらなかった。 しかし気の感覚がつかめてくるとそれがおもしろくて、自宅で毎日、習った型を復習するなどして、あきっぽい人間の割には熱心に学んでいた。.

また、心臓障害の一つに心臓弁膜症という病気があるが、これは心臓が肥大して、血流調整を行う心臓の「弁」が正しく噛 (か) み合わないことから起る疾患である。血圧の高い人は、往々にしてこの病気に罹 (かか) り易い。. 空手はもともと福建省など中国南部で行われていた「南拳」の技と体系が、戦国時代から江戸時代にかけて「唐手」の名で沖縄に伝わり、明治に入ってから日本武道の再興を志した嘉納治五郎の助力で船越義珍など沖縄の指導者が本土に招かれて、本州に伝えられたとされる(以上、敬称略)。 「唐手」が「空手」と名を変えたのもその頃のことだ。 スタンス(両足の間隔)を広くとり一撃の威力を重視すること、ヌンチャク、トンファなどの武器を使うこと、中国では硬気功と呼ばれる、素手で板や石を割るような技が含まれていることなどは、南拳の特色を引き継ぐものだという。 一方で太極拳など、スタンスが狭く連続技を重視する流派は、中国北部を中心に行われていた拳法で、「北拳」と総称されているという。.

心臓障害には、心臓弁膜症を初めとして、心臓内膜炎、心筋炎、心嚢炎、心臓肥大、狭心症、心筋梗塞、脂肪心臓症、心臓神経症などがあり、これらの症状としては、息切れや動悸 (どうき) 、更には貌 (かお) がむくみ、眼の下の筋肉が垂れ、胸部などが時折痛むという症状が顕れる。これまで喫煙の経験のある人は、今は禁煙をしていても、過去の痕跡は消すことが出来ず、貌がドス黒い。また、血圧が高騰 (こうとう) する症状も、心臓障害に絡み、高血圧症や動脈硬化症などを併発している場合が少なくない。  そして驚愕すべきは、免疫力が失われてガンを発症し易いことだ。.

次の太極拳の講習の時、S先生から生徒全員に、 「この前のセミナーの後、何か変わったことはありませんでしたか?」 と質問があったので、 「太極拳の型をしていたら、体が勝手に動き出しました」 と報告した。 筆者以外の生徒では、そうした現象が起こった人はいなかったようだ。 S先生は、 「ああ。それは『気が入った』のです」 と説明した。 「気が入った」とはどういうことなのか、筆者には今もよくわからないのだが、どうやら舞台上の気功師の先生からは周囲に向かって導引功の気が発せられていて、波長の合う人間がそれを吸収したということらしい。. 神経系は東洋医学で謂 (い) う、経絡説と非常に似通った医学上の学説を持ち、ある部位の特定の刺激は打撃を加えると、その経絡上の部位が損傷する 「殺法的な働き」 を持っているのである。つまり、急所を圧せられ、行動不能になるなどが、これである。.

武術的な気と私たちの気の違い

こうした状態に至っても、まだ、心の深層部に鬱積 (うっせき) したゴミは浮上してくる。現世という、現象界では、ゴミは決して消えることはない。ゴミが溜まるのが現象界であり、また人間界なのだ。  三次元顕界では、この「ゴミが溜まる」という現象は、幾ら払っても払いきれるものではない。したがって、ゴミは、溜まる、浮かぶ、それを見詰める、やがて消えるという、この繰り返しが続くのである。.

また、心臓障害の一つに心臓弁膜症という病気があるが、これは心臓が肥大して、血流調整を行う心臓の「弁」が正しく噛 (か) み合わないことから起る疾患である。血圧の高い人は、往々にしてこの病気に罹 (かか) り易い。. 心臓障害には、心臓弁膜症を初めとして、心臓内膜炎、心筋炎、心嚢炎、心臓肥大、狭心症、心筋梗塞、脂肪心臓症、心臓神経症などがあり、これらの症状としては、息切れや動悸 (どうき) 、更には貌 (かお) がむくみ、眼の下の筋肉が垂れ、胸部などが時折痛むという症状が顕れる。これまで喫煙の経験のある人は、今は禁煙をしていても、過去の痕跡は消すことが出来ず、貌がドス黒い。また、血圧が高騰 (こうとう) する症状も、心臓障害に絡み、高血圧症や動脈硬化症などを併発している場合が少なくない。  そして驚愕すべきは、免疫力が失われてガンを発症し易いことだ。.

例を挙げると、人間の一丸弱い急所は、 「四タマ」 と 「六穴」 である。  「四タマ」とは、アタマ (頭) 、咽喉タマ (咽喉仏) 、目玉 (眼球) 、キンタマ (睾丸) の四箇所であり、 「六穴」とは耳の穴の2箇所、鼻の穴の2箇所、口の1箇所、肛門の1箇所である。これらは単に表層の働きを持つ急所というより、内臓や内部に関与した内在的弱点といえる。そして、この内在的弱点は、神経系に繋 (つな) がり、特に自律神経と深い関係を持っている。.

武術では、二言目には「呼吸、呼吸」というが、その肝心な呼吸は、この場合、単に吸うたり吐いたりする呼吸のことばかりではない。呼吸の吐納 (とのう) は、心の裡 (うち) にも顕れるのである。したがって、武術や武道では、ただ体力や体格に恵まれ、肉体力が強いというだけでは真剣勝負に勝てないのである。真剣勝負は、平面盤上で行う二次元の戦闘ステージと違うからである。. 世の中がこうした状況下にあって、天下の人々は、それぞれに私智を働かせ、我を露 (あらわ) にして争うようになった。この争いの中には、どちらが強いか、どちがら優れているかの弱肉強食論や、力は正義なりの傲慢 (ごうまん) が起こり、その論理に従って物事を考えるようになった。.

.

質問した人からのコメント

図らずも 良知 を知れば、これに基づいて平安が訪れ、天下が太平なる正安定が自己の裡 (うち) に確信できるのである。また、心に余裕が出来、 「おおらかさ」 が養えるのである。嫌なことは忘れれば済むことである。これをいつまでも根に持ったり、くよくよすることはないのである。  こうした心境に至って、自律神経は安定してくるのである。次第に調整されて、正常を取り戻すのである。.

良知の心境を得れば、自律神経は緊張やイライラから解放されて、自由自在を得るのである。また、この心境に至れば、これまで吾 (わ) が身を悩まし続けた病魔は、自然と消滅するのである。. 講座も折り返しを過ぎた頃、講座を主催する日本気功協会の招きで、本場中国の気功の先生が来日し、数百人ほど入る映画館のような会場で気功の一日セミナーが開かれた。 筆者は「チケットを買ったが、所要で行けなくなった」という同じ講座の男性から券をいただき、会場の隅でそれを見学することになった。 招待された先生が専門とするのは「導引功」という、外気功と内気功の中間的なものである。 講演の後、会場でその実演があった。.

HOME ?

2010年09月18日

講座も折り返しを過ぎた頃、講座を主催する日本気功協会の招きで、本場中国の気功の先生が来日し、数百人ほど入る映画館のような会場で気功の一日セミナーが開かれた。 筆者は「チケットを買ったが、所要で行けなくなった」という同じ講座の男性から券をいただき、会場の隅でそれを見学することになった。 招待された先生が専門とするのは「導引功」という、外気功と内気功の中間的なものである。 講演の後、会場でその実演があった。. S先生は謙虚な方で、武道の実力を誇張して話したり、組手をやってもいないのに「たくさんやった」と吹くような人ではない。 おそらく筆者が読んだ本の散打云々のくだりは、本の売上を嵩上げするためにライターか編集部がでっち上げたものだろう。 男らしさを売り物にする世界では、ホラや誇張がつきものである。武道の世界も、暴走族などツッパリたちの世界もそうだし、小説家でもそういう人はいる。 武道雑誌の編集やライターにとっては、取り上げた対象の武勇伝を創造して神格化するのはいつものことなのかもしれない。だが本人もホラ吹きならともかく、真面目なS先生にとっては迷惑なことだったろう。.

武術で謂 (い) う、「敵を制する」とは、自律神経の作用を利用することであり、神経が平衡感覚や「倒し」や「崩し」の技術において、大きく関与しているのである。同時に、丹田に繋 (つな) がっているのであり、人間の神経系は電線に似ていて、例えば、腹から脳へと通じているのである。丹田の感覚を狂わされれば、たちどころに動けなくなり、あるいは制せられて、宙吊り状態になるのである。また、神経系における「倒し」や「崩し」は当身などによっても、打撃を与えることが出来、急所を打たれれば、顛倒 (てんとう) したり動きを制せられて動けなくなる。.

気功の効果を、100%確かめる方法。

また前頭葉未発達の人は、高血圧症や動脈硬化に罹 (かか) り易く、前頭葉の発達速度を示す知性に問題がると思われる。そして、こうした血流に障害を起す人は、大脳の構造からいうと、爬虫類 (はちゅうるい) 脳のR領域が活発に作動し、この意識が突出している為に、時として自律神経失調症絡みの高血圧に陥るのである。. そのようなわけで気功体験は刺激的だったが、筆者としてはもともと武道の役に立たないかという興味から始まったことなので、健康によいというだけでは少し物足りない。 そろそろ講習も終わりという頃、S先生に、 「自分は空手をやっているのですが、先生は若い頃、だいぶ実戦的な練習をされたと聞いています。気功は武道に役に立ちますか?」 と訊ねてみた。 先生は、 「気功と武道とは別なものです。武術を習いたいのなら、拳法の先生につくとよいでしょう」 と答えた。 でも本で読んだところでは、S先生は武術の達人という話だったが……と思っていると、先生は説明の必要を感じたのか、 「じゃあ、ちょっとやってみましょうか」 ということになった。 これはラッキーだ。 達人に直接、技を教えてもらえるとは、願ってもない機会である。 他の生徒も見ているし、温厚な先生だから、ケガをさせられるようなこともないだろう。 「ぜひお願いします」 筆者は両手を合わせて頭を下げ、先生と立ち会うことになった。.

普通、この「わだかまり」は、実に見たくないものであり、怕 (こわ) いものなのである。しかし、ゴミのように沈殿した、本当の自分を覆い隠す「わだかまり」は、払っても払いきれない柵 (しがらみ) となって、心の奥底に付着しているのである。そして、あることを切っ掛けとして、次から次へと限りなく浮上して、自分自身を悩ませることになるのである。これが 「トラウマ」 である。.

OTHERS PC !    ? cm   .

知っておきたい:

コメント

  1. 全身の動脈硬化があり、心臓を流れる動脈も硬化しているので、毛細血管の尖端が細くなり、したがって、送り出す血液に負担が懸かり、血圧の最高血圧 (収縮期血圧) が135mmHg以上になる。  高血圧は血圧が高いだけが病因でなく、本来は自律神経と密接な関係にある。体質が悪い為に起る病気である。その多くは、喫煙者やアルコール依存患者らであり、一旦こうしたものが必要摂取量をオーバーすると、血圧最高値は中々下がらなない。  ちなみに日本高血圧学会の定める高血圧治療のガイドラインによれば、「最高血圧 (収縮期血圧) 135mmHg以上、最低血圧 (拡張期血圧) 85mmHg以上を 高血圧症 と定義している。そしてその根源には、心臓障害が隠れている。.
  2. 南北の違いはあれ、武道としての遠いルーツは中国にあるので、空手の型や呼吸法の中にも太極拳などと同様、気功的な要素が含まれている。 筆者も気功を習い、気の感覚がある程度つかめるようになってからは、それまでは突き蹴りの準備運動としか思っていなかった空手の稽古の中の動作が、実は気の流れを増したり整えたりすることを目的としていたのだということが、わかるようになってきた。.
  3. 動蛋白摂取過剰で、血液が汚染されている。浄化されないドロドロの血液は、心臓に環流する血液循環がスムーズに行われない。血液のよい状態は、生理的中性であり、弱アルカリ性状態を言う。  血液が酸毒化している人は、血圧の最高血圧が200mmHg以上と非常に高く、同時に心臓から送り出された血液が毛細血管を通るに血管路が細くなっている為、心臓に戻ってくる最低血圧 (拡張期血圧) 85mmHg程度で収まっていて、最低血圧値は問題ないように見えるが、実は毛細血管が細くなり、かつ目詰まりをしているから最低血圧値が問題ないようにみえるが、これこそ高血圧症の典型である。問題は、血液が汚染され、ドロドロ状態にあり、こうした人の体形は、肥満体よりも痩身体躯で、一見健康そうに見えるが、血液が汚染されているので、顔色が悪く、またドス黒い。喫煙とアルコールに絡んだ病気である。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |