パスカル 神 存在 証明

公開日: 22.09.2020

Nature offers me nothing that is not a matter of doubt and disquiet. The Miracle of Theism , Oxford, pg.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. この賭けは、人が意識的に選択できることを前提としている。しかし信念を意識的に選択することはできないと主張する批判者らは、パスカルの賭けは神への信仰を意識的に装ったものに過ぎないという。さらに「全能の神がいるなら、そんなごまかしは通用しないだろう」と主張する [23] 。. 歴史的には、パスカルの賭けは 確率論 の新たな領域を描き出したという点で画期的であり、 無限 という概念を使った初期の1例であり、 決定理論 の形式的応用の最初の例であり、 プラグマティズム や 主意主義 といったその後の哲学の先取りでもあった [1] 。. Yes; but you must wager. 表示 閲覧 編集 履歴表示. Endeavour then to convince yourself, not by increase of proofs of God, but by the abatement of your passions.

出典 は列挙するだけでなく、 脚注 などを用いて どの記述の情報源であるかを明記 してください。 記事の 信頼性向上 にご協力をお願いいたします。 ( 年4月 ).

Nothing is so conformable to reason as to disavow reason. Certainly you will not have those poisonous pleasures, glory and luxury; but will you not have others. ed French!

  • That is, if they have a significant and trustworthy concern for doing right and avoiding wrong, it follows necessarily that they must have a significant and trustworthy concern for knowing right and wrong.
  • 表示 閲覧 編集 履歴表示. If you gain, you gain all; if you lose, you lose nothing.

バリ滞在6年を終え、日本での生活のあれこれ・旅・読書・映画・音楽・回顧・気になるニュース・育児・通信事業関連を

Your reason is no more shocked in choosing one rather than the other, since you must of necessity choose. They will also be less likely ever to discover and commit to true beliefs about right and wrong. But if there were three lives to gain, you would have to play since you are under the necessity of playing , and you would be imprudent, when you are forced to play, not to chance your life to gain three at a game where there is an equal risk of loss and gain.

歴史上、数多の宗教が存在し、それぞれの神に実在する可能性がある。したがって、パスカルの賭けでそれらを全て考慮する必要があると主張する人もいる。これを argument from inconsistent revelations (天啓の齟齬に基づく論証)と呼ぶ。それによると間違った神を信仰する可能性が非常に高いことになり、パスカルの行った計算は間違っていることになる。ヴォルテールの同時代人である ドゥニ・ディドロ はパスカルの賭けについて聞かれたときに「 イマーム も同じように推論できるだろう」と答え、このような見方を簡潔に表した [13] 。 J・L・マッキー は「救済を与えるとしているのは カトリック教会 だけではなく、 アナバプテスト や モルモン教 や スンナ派 や カーリー の信奉者や オーディン の信奉者など様々なものがある」と述べている [14] 。.

These are people who know the way which you would follow, and who are cured of an ill of which you would be cured.

  • しかしパスカルは、この賭けを受け入れること自体が十分な救済だとはしていない。賭けが書かれている節の中で、パスカルは自身の理解について、それが 信仰 の推進力にはなるが信仰そのものではないと説明している。. We understand nothing of the works of God unless we take it as a principle that He wishes to blind some and to enlighten others.
  • さらに、パスカルの賭けの エキュメニズム 的解釈では [16] 、無名の神や間違った名前の神を信じることは、それが同じ基本的性質を備えた神である限りにおいて許容できるとする。この方向性の信奉者は、歴史上の全ての神を突き詰めていくと少数の「本当の選択肢」になるとする者と [17] 、パスカルの賭けは「一般的な信仰」を人に信じさせるのが目的だとする者 [18] がいる。これに対して批判者は、パスカルの賭けはあらゆる神を考慮すべきで、それぞれの宗教の来歴は無関係だとしている [19] 。. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

Endeavour then to convince yourself, if you had only to gain two lives, but by the abatement of your passions? Since there is an equal risk of gain and of .

メインサイドバーウィジェットエリア

Which will you choose then? 例えば、 スピノザ は神とは「自然」であるとし、自然の存在は自明であり、そうとすれば神の存在も自明となると主張した。精神(思惟実体)と物質(延長実体)の二実体論を提示したデカルトの思想では、精神と物体が調和している根拠が不明であるにもかかわらず、現に精神と物体の調和性が存在することは、両者の仲介者としての「神の存在」の証明であると主張した。. Let us see.

For all パスカル 神 存在 証明 are untrustworthy, being cognitively or morally inferior, and who are cured of an ill of which you would be cured. These are people who know the way which you would follow, I would fix myself in denial.

If I saw no signs of a divinity.

パスカルの賭け・神様の存在証明も損得勘定でどうぞ (No.1983 14/06/04)

But there is here an infinity of an infinitely happy life to gain, a chance of gain against a finite number of chances of loss, and what you stake is finite. According to reason, you can do neither the one thing nor the other; according to reason, you can defend neither of the propositions.

If I saw everywhere the marks of a Creator, I would repose peacefully in faith.

: Wikipedia. 1 [1]. Nature offers me nothing that is not a matter of doubt and disquiet? パスカル 神 存在 証明 Age of Voltaire. They will also be less likely ever to discover and commit to true beliefs about right and wrong.

Your reason is no more shocked in choosing one rather than the other, since you must of necessity choose.

日々、思考の世界を追求して思うところを綴る小部屋

Certainly you will not have those poisonous pleasures, glory and luxury; but will you not have others? パスカルの賭け (パスカルのかけ、 フランス語 : Pari de Pascal , 英 : Pascal's Wager, Pascal's Gambit )は、 フランス の 哲学 者 ブレーズ・パスカル が提案したもので、 理性 によって 神の実在 を決定できないとしても、神が実在することに 賭け ても失うものは何もないし、むしろ 生きることの意味 が増す、という考え方である。『 パンセ 』の節にある。『パンセ』は、パスカルが晩年に キリスト教弁証学 についての書物を構想して書き綴った断片的ノートを死後にまとめたものである。. 前3者は、カントが『 純粋理性批判 』の第三章「純粋理性の理想」において中世以来の神の存在証明に対する反論のために独自にまとめたものである。. しかしパスカルは、この賭けを受け入れること自体が十分な救済だとはしていない。賭けが書かれている節の中で、パスカルは自身の理解について、それが 信仰 の推進力にはなるが信仰そのものではないと説明している。.

You are embarked.

知っておきたい:

コメント

  1. これに対して、このような仮説は宗教一般が持つ伝統を無視したものであって、考慮に値しないという主張もある( 衆人に訴える論証 を参照)。より正確にいえば、このような新たな 仮説 が真である確率はゼロ(またはごく小さい [ 疑問点 — ノート ] )であり、パスカルの期待値計算に影響しない、とする。すると、議論は確率の割り当て方の合理性の問題に及んでいく [15] 。. This is what I see, and what troubles me.
  2. 最終更新 年12月12日 木 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.
  3. Sin'ichi
    名前空間 ページ ノート. I will tell you that you will thereby gain in this life, and that, at each step you take on this road, you will see so great certainty of gain, so much nothingness in what you risk, that you will at last recognize that you have wagered for something certain and infinite, for which you have given nothing.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |