ラスト・ シフト ネタバレ

公開日: 17.09.2020

プライス?巡査あんなにおっとり話してたと思って後ろ向いたら頭ぶち抜かれてて 予想してなかったからわろたwww もう次から次へとなんかしら起きるという点は面白かったかな! 特殊メイクの感じも好みで怖かったし、音もグチャグチャとエイリアンばりに素晴らしかったww もし自分がローレンだったら結構早い段階で発狂してるか意識失ってる。 と、思ったらしっかり発狂してたわけね!!!wって落ち。. ストーリーの流れとしては 概ね深く考えなくても楽しめる構成 になっており、『ウォーキング・デッド』(年~)のゾンビ・アポカリプスに近いパニック映画の様な混沌とした 後半も、単調で高くは評価出来ないものの悪くは無い 。ラストで明かされる驚愕の事実も、確かにパンチのある意外性に一瞬は怯むものの、 漠然と点在する様々な疑問を繋いでくれるアンサーでは無く、寧ろより多くの疑問を撒き散らします 。謎に包まれた予想だにしない真実に対する靄を、クライマックスで痛快に解消してくれる映画ではなく、 『アス』が描く悪夢に対してオーディエンスが個々の解釈や結末を当て嵌める必要がある作品なので好悪は分かれ易い映画 と言えます。.

このグリッピングな『アス』のオープニングで瞬く間に昂まった恐怖の鼓動は、 大人になったアデレードとその家族が旅行に向かう様子を追い始めてから若干失速 。ミラーハウスでの出来事は恐怖心に煽られた子供の妄想だったのか、幽霊の仕業だったのか、或いは説明のつかない事にアデレードのドッペルゲンガーがミラーハウスに棲んでいたのか。 『アス』は、その謎と真実を餌にオーディエンスを一家の旅行に引き込みます が、退屈な中流階級のアメリカンな家族の戯言に暫く付き合わざるを得ない点は少々残念。.

ピール監督としては『ゲット・アウト』よりも野心的でリスキーとも言える作品である事は間違い無く、 物語のセットアップからテザードの登場まで大きく変わってしまうアンバランスなトーン・シフト を考えると、監督自身も細部まで設計しきった作品では無い事が伝わります。しかし杜撰と形容するには程遠く、今世紀に溢れ返る陳腐なスラッシャーに近いスリラーの影は垣間見えるものの、 『アス』は汗が止まらない夏に毛穴を引き締めるには充分な恐怖を与えてくれる作品 です。. ジェイソンがテザードのプルートを操り、燃え盛る炎の中に追いやるシーンでは、 息子の分身とも言えるプルートが死に行く様子に絶望的な表情を見せた後、瞳の輝きが抜ける 様子には開いた顎が暫くそのままに。『アス』は『ゲット・アウト』の様に オスカーで話題になる様な映画ではないかも知れませんが、ルピタ・ニョンゴ自身に何らかの褒賞が無いと納得が行かない程 です。. とにかく主人公がひたすらに不憫に思う。 ちょと呪怨ぽいが直視はできる。 わりと呪怨は直視できないタイプです これ新人にやらせてこのラストって……パワハラじゃんて思う。 そしてホームレスはただただ巻き込まれ事故でこちらもこちらで不憫。 誰も幸せにならない、誰得な映画だった。 ただ、助っ人になりそうと思った人が振り返った瞬間、うおマジか!ってなった。.

プライス?巡査あんなにおっとり話してたと思って後ろ向いたら頭ぶち抜かれてて 予想してなかったからわろたwww もう次から次へとなんかしら起きるという点は面白かったかな! 特殊メイクの感じも好みで怖かったし、音もグチャグチャとエイリアンばりに素晴らしかったww もし自分がローレンだったら結構早い段階で発狂してるか意識失ってる。 と、思ったらしっかり発狂してたわけね!!!wって落ち。. プロローグで映し出されるチャリティー・イベントや、 聖書のエレミヤ書との関連を仄めかすシーンはミステリアス 。鋭いオーディエンスなら、背景に紛れたイースターエッグにも気付いたかも知れません。 (興味がある方向けに、解説と考察を記載した記事は コチラ ). ホラー映画は多様化し、 昨今では単にホーンテッド・ハウスを彷徨う幽霊が悍ましい効果音と共に襲って来るばかりとは限りません。. その点で『アス』が鏤めた衝撃と怪奇は、 素直にスリリングなホラーとして充分楽しめるポイント です。.

www ww w. com .

映画「ラスト・シフト」の評価

テザードがユニフォームの様に着ている 不吉な赤い作業着をデザインしたキム・バレット 、そして緊張感を煽る不協和音の様な音楽を手掛けたマイケル・アベルスも 『アス』のホラーを増幅させるシナジー 。ピール監督の手腕もさる事ながら、映画を創り上げた人々の力量が良く活かされた観どころが多い作品です。.

HOME ホラー 年イチオシのホラー映画『アス』をネタバレありで評価!絶妙にリアルで想像を掻き立てるホラーが夏を涼しくしてくれる!. とにかく主人公がひたすらに不憫に思う。 ちょと呪怨ぽいが直視はできる。 わりと呪怨は直視できないタイプです これ新人にやらせてこのラストって……パワハラじゃんて思う。 そしてホームレスはただただ巻き込まれ事故でこちらもこちらで不憫。 誰も幸せにならない、誰得な映画だった。 ただ、助っ人になりそうと思った人が振り返った瞬間、うおマジか!ってなった。. 監督 アンソニー・ディブラシ. プロローグで映し出されるチャリティー・イベントや、 聖書のエレミヤ書との関連を仄めかすシーンはミステリアス 。鋭いオーディエンスなら、背景に紛れたイースターエッグにも気付いたかも知れません。 (興味がある方向けに、解説と考察を記載した記事は コチラ ). 驚愕の真実が明らかになった後も、 副次的に疑問を生むパターンで、エンディングは『インセプション』(年)に近い印象を受けました 。ミステリアスな終幕を迎え、 映画館を後にしながら考えたり、何が起こるか推察する事が好きなら『アス』のエンディングはパーフェクト ですが全てに答えが無いと落ち着かないタイプなら、 判然としない不完全燃焼な感覚を抱える続ける 事になります。『アス』に関して言うならば、私はどちらかと言えば後者。.

J Sarah Sculco S. Filmarks. …… …… .

5段階レビュー評価 1★「時間損した」

しかし、レビューではそうしたピール監督の遊び心やオマージュの分析ではなく、 飽く迄も『アス』のストーリーを取り巻く謎に注目 したい(『アス』の解説記事は別途公開予定)。そのグリップ力は既に述べた通りで、アデレードが迷い込んだミラーハウスで何が起こったのかが強力なマグネットとなり、『アス』のストーリーが進む程、微かなヒントや情報をも見逃さない様に耳目を凝らして観入る。追い討ちをかける様に、 ウィルソン家のドッペルゲンガーが夜闇に紛れて不気味な姿を見せると興味は倍増。. 二重人格だと、人格によって顔が違って見えると言われますが ルピタ・ニョンゴの演技は人格を自由に切り替えられる能力を目の当たりにしている様 です。聞いた者の肝を冷やす 錆びた金属音が擦れ合う様な声 は、人間が演じて出せるとも思えません。恐怖に慄く母親を演じている時は眼に光が宿り、表情豊かですがテザードを演じる彼女の眼は大きく見開かれ、ウィルソン一家を脅かす何かを常に求める邪悪な闇を抱えています。. インターネットで人に「一緒に観よう!」って声かけて観たけどあまりにもあんまりな感じだったので「みんな!ごめん!!!」つってしまった。 所々のいい感じのシーンはあるけど所々普通に最悪で内容も微妙でオチまで見ても「楽しかったね〜」とはなれない感じだった Netflixのあの作品選んだ時に流れるちょいみせ映像が悪い…… もっとラストにでてくる化け物みたいなのがたくさん出るかと思ってたけどラスト20分までずーっとホラー映画の序盤に起きるようなことをちまちまやられるので完全に疲れてしまった…… 低予算なんだろうな〜とは思うけど話もよくわかんない作りになってて「そっか……」となかった。 久々に「何をみせられてるんだ……」という虚無感を味わった.

ジェイソンがテザードのプルートを操り、燃え盛る炎の中に追いやるシーンでは、 息子の分身とも言えるプルートが死に行く様子に絶望的な表情を見せた後、瞳の輝きが抜ける 様子には開いた顎が暫くそのままに。『アス』は『ゲット・アウト』の様に オスカーで話題になる様な映画ではないかも知れませんが、ルピタ・ニョンゴ自身に何らかの褒賞が無いと納得が行かない程 です。.

…… ……. Rakuten TV .

ラスト・シフト 最期の夜勤の映画あらすじネタバレ

称賛の嵐で迎えられた『ゲット・アウト』に続くピール監督の作品としてシビアに評価されがちな『アス』ですが、 本作の様に現実と空想の狭間を絶妙に描いたホラー映画は容易く手に取れるものでは無いので見逃すのは勿体無い。. 二重人格だと、人格によって顔が違って見えると言われますが ルピタ・ニョンゴの演技は人格を自由に切り替えられる能力を目の当たりにしている様 です。聞いた者の肝を冷やす 錆びた金属音が擦れ合う様な声 は、人間が演じて出せるとも思えません。恐怖に慄く母親を演じている時は眼に光が宿り、表情豊かですがテザードを演じる彼女の眼は大きく見開かれ、ウィルソン一家を脅かす何かを常に求める邪悪な闇を抱えています。.

亡き父を追い念願の警察に就職した娘。 初仕事は旧舎の夜勤。 何も起こらないはずなのに、不可解な現象が起こって起こって止まらない。 死んでいるはずの狂気に満ちた集団が彼女の真面目な正義感を鮮やかに嘲笑う。 狂気集団だけでなく味方も死後の姿で出て来てくれるのが救い。なんだけど敵があまりにも強すぎる。 悪戯のようなものからガチで殺しにかかってくるものまで、豊かな手段で脅かしてくる彼らに完敗。.

  • 無論、テザードを演じるのはニョンゴだけでなく、 夫のゲイブや子供たちも同様ですしパフォーマンスは十二分に良い。.
  • とにかく主人公がひたすらに不憫に思う。 ちょと呪怨ぽいが直視はできる。 わりと呪怨は直視できないタイプです これ新人にやらせてこのラストって……パワハラじゃんて思う。 そしてホームレスはただただ巻き込まれ事故でこちらもこちらで不憫。 誰も幸せにならない、誰得な映画だった。 ただ、助っ人になりそうと思った人が振り返った瞬間、うおマジか!ってなった。.
  • 一方でラストで明白になるテザードの秘密は突飛な失笑ストーリーではないものの、 『アス』の物語に痛快な満足感を齎してくれるものでもありません。.
  • 二重人格だと、人格によって顔が違って見えると言われますが ルピタ・ニョンゴの演技は人格を自由に切り替えられる能力を目の当たりにしている様 です。聞いた者の肝を冷やす 錆びた金属音が擦れ合う様な声 は、人間が演じて出せるとも思えません。恐怖に慄く母親を演じている時は眼に光が宿り、表情豊かですがテザードを演じる彼女の眼は大きく見開かれ、ウィルソン一家を脅かす何かを常に求める邪悪な闇を抱えています。.

Rakuten TV. www ww w. …… ?

日暮らし硯に向かひて書くとみせかけ、結構な頻度でサボります。

インターネットで人に「一緒に観よう!」って声かけて観たけどあまりにもあんまりな感じだったので「みんな!ごめん!!!」つってしまった。 所々のいい感じのシーンはあるけど所々普通に最悪で内容も微妙でオチまで見ても「楽しかったね〜」とはなれない感じだった Netflixのあの作品選んだ時に流れるちょいみせ映像が悪い…… もっとラストにでてくる化け物みたいなのがたくさん出るかと思ってたけどラスト20分までずーっとホラー映画の序盤に起きるようなことをちまちまやられるので完全に疲れてしまった…… 低予算なんだろうな〜とは思うけど話もよくわかんない作りになってて「そっか……」となかった。 久々に「何をみせられてるんだ……」という虚無感を味わった. 全く期待せず観てみた。 ホラーとしてはそこそこ良かったかな。 驚かし系も結構あったし。 ストーリーはイマイチだったが。 とにかく最初から最後まで主人公が不憫だなと。 あんな宿直嫌だわ。 電話が鳴るとき暴れてたのは笑えたw タイトル変えた方がいいんじゃないかな。 何となく。.

亡き父を追い念願の警察に就職した娘。 初仕事は旧舎の夜勤。 何も起こらないはずなのに、不可解な現象が起こって起こって止まらない。 死んでいるはずの狂気に満ちた集団が彼女の真面目な正義感を鮮やかに嘲笑う。 狂気集団だけでなく味方も死後の姿で出て来てくれるのが救い。なんだけど敵があまりにも強すぎる。 悪戯のようなものからガチで殺しにかかってくるものまで、豊かな手段で脅かしてくる彼らに完敗。.

知っておきたい:

コメント

  1. とにかく主人公がひたすらに不憫に思う。 ちょと呪怨ぽいが直視はできる。 わりと呪怨は直視できないタイプです これ新人にやらせてこのラストって……パワハラじゃんて思う。 そしてホームレスはただただ巻き込まれ事故でこちらもこちらで不憫。 誰も幸せにならない、誰得な映画だった。 ただ、助っ人になりそうと思った人が振り返った瞬間、うおマジか!ってなった。.
  2. その点で『アス』が鏤めた衝撃と怪奇は、 素直にスリリングなホラーとして充分楽しめるポイント です。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |