妖怪 ウォッチ ケータ 怪我

公開日: 04.09.2020

ケータ「オレ…オレ…」 ケータ「な…なにが」 ケータ「本当…」 ケータパパ「ケータ、渡しなさいっ」ガシ ケータ「あ…離して!とらないでよ!!みんなが!」 ケータママ「うっ…うぅっ…」 ケータ「嫌だ!皆が!!うわああああああああああああ!!!!!!」. ケータ「ヒキコウモリがいないなんてもう絶対おかしい!」 ケータ「妖怪ウォッチで見てみよう」 ウィィン…ウィィン… ケータ「…あれ?変だな。なにもいないじゃん」 ケータ「ねえウィスパー、これどういう…」 ケータ「…そっか、いないんだった」.

続きです 朝 ケータ「…朝か」 ケータ「…まだみんな帰ってないんだな…」 ケータ「まあどうせすぐに帰ってくるよね!遅刻しちゃうし、学校の準備しよう!」 …しかし、それから1日、1週間と経っても三人は帰ってこなかった それどころかケータは街中で妖怪の姿を見かけることがなくなった. ケータパパ「おお、きたかケータ」 ケータママ「さ、ケータ座りなさい」 ケータ「お父さん…今日は会社じゃなかったの?」 ケータパパ「なに言ってんだ?今日は日曜日だぞ?」 ケータママ「…最近学校を休みがちだったから分かってないんだわ。さ、ケータとにかく座って。大事な話なの」 ケータ「う…うん…」. 傀儡屋「手品屋。落ち着け。何。言ってる?」 手品屋「さっき言った通りだ。一度人間界に天罰を起こし、リフレッシュする。そうすれば皆、愛というものが良く分かるでしょう。」 土蜘蛛「だが、それだと愛を持った善良な者も巻き込まれてしまうのではないか?」 手品屋「平和のための、いたしかたない犠牲です。悔やんではいられません。」 冗談じゃない。そんなことして根本的に解決させられるとでも思っているのだろうか? ウバウネ「少し落ち着いたらどうです?もっと他に良ーー」 手品屋「気楽なものですね。そんなこと言い続けてもう回目になったんですよ!?今こそ立ち上がらなければいけないんです!」 あやとり「……手品屋君…………」 会議室内は一瞬で修羅場と化した。 そんな中でイカカモネ議長は体の震えが止まらない。 決して寒いワケではない。怒っているのだ。 普段は平静な彼が、憤りを隠しきれない。 それほどまでに、室内の惨状は酷い。 そして、それはもはや限界に差し掛かっていた。 バーン!!! イカカモネ「 い い 加 減 に し な イ カ ッ ! ! ! 」 一同「ッ!?」 普段の彼からは考えられない程の大きな声が響き、デスクが揺れた。.

ケータ このままだと本当に妖怪ウォッチが取られちゃう ケータ 本当のことを話すしかない! ケータ「…実は、この時計、妖怪を見ることができるんだ」 ケータパパ「妖怪…?」 ケータパパ「…ケータ…何をいっているんだ…?」 ケータ「っ本当だよ!嘘じゃなくて本当なんだ!」 ケータ「それでオレ…妖怪たちと友達になって…!」 ケータママ「やめてちょうだい、もうたくさんだわ。どうしてそんなことを言うの!」 ケータ「違う、本当なんだよ! 今までずっと隠してたけど、本当にオレ、今まで…!」 ケータ「…そうだ、妖怪メダルだ」.

ケータママ 最近あの子変だわ… ケータママ 部屋からすごく独り言が聞こえてくるし ケータママ まるで誰かと話してるみたい ケータパパ「ただいまー」 ケータママ「あら、おかえりなさい」 ケータママ「…あの、ケータのことなんだけど」 ケータパパ「どうしたんだ?」 ケータママ「最近あの子、変じゃない?」 ケータパパ「え?そうか?」 ケータママ「だってそうよ、それにあの子が変になってから、あたしたちも可笑しくなってる気がするわ」 ケータパパ「…まあ確かに、いつかおでんのときも何か色々喋ったり…」 ケータパパ「突然会社を休もう!ってなったり、オレも変だなあとは思ってたよ」 ケータママ「ねえ、あの子なにかにとりつかれてるんじゃないかしら」.

… …. … … ……. …………. …… …………………… …. … … … … ……….

破片が増えた。 ?「……クソがぁっ!!」ドスッ! デスクに蹴りを入れる。 ?「クソックソッ…クソヤロー!」 ドサーン! 最後の一撃でデスクが倒れた。 ?「どうしてこうなっちまったんだよおおおおっ!?」 頭を抱え込むと、かつての記憶が甦る。 続きは…また今度で。 修正・削除. ケータパパ「おお、きたかケータ」 ケータママ「さ、ケータ座りなさい」 ケータ「お父さん…今日は会社じゃなかったの?」 ケータパパ「なに言ってんだ?今日は日曜日だぞ?」 ケータママ「…最近学校を休みがちだったから分かってないんだわ。さ、ケータとにかく座って。大事な話なの」 ケータ「う…うん…」.

この作品の前後に投稿された作品

ケータ「そうだ!今から妖怪メダルでともだち妖怪を呼び出すから、それをみたら信じてよ!ね!」 ケータ「今からホノボーノっていう妖怪を呼び出すから、なんか楽しい気持ちになったら信じてよ!ね!」 ケータパパ「…やってみなさい」 ケータ「!うん!」 ケータ「…オ、オレのともだち!出てこいホノボーノ!」 ケータ「妖怪メダル、セットオン!」 シーン… ケータ「…」 ケータ「…そんな…どうして…」. ケータパパ「まあ、とにかくそんな説明のできないような時計は処分するしかないな」 ケータ「!?」 ケータ しょ…処分!? ケータ「な…なんで」 ケータママ「ケータが身に付けている理由が説明できないのなら、そんな危険なものをつけさせとくわけにはいかないわ」 ケータママ「さあ、外して渡しなさい」 ケータ な…なんでこんなことに…!? ケータ だって…これは、これは ケータ オレと妖怪…友達をつなぐ唯一の方法なのに.

フフフ…これだけは言っときます「脇役」です。 あの日一目見て気付いたこと。 あの日話して分かったこと。 あの日笑いあって伝わったこと。 念願が叶い安心し、励ましあったこと。 そして、あの日砂浜の上で交わした約束… …………… なンDaっケ? こいつキャラどんな感じなんだ? ?の正体は多分もうじき分かりますよ~. ケータ「せっかくチョコボー買ってきたのにな」 ケータ「まあいいや、すぐ帰ってくるだろうし」 ケータ「ウィスパージバニャン知らない?」 ケータ「…あれ?ウィスパーもいないのかな…」 ケータ「まあいいや、ゲームでもしとこ」. 最近、文花の行動がおかしいわね……? 部屋の中をうろうろしたり、長い時間出掛けていたり、帰って来るといつも服は泥だらけ。…いままでこんなこと無かったのに……。まさか晩御飯を食べた後も出掛けるんじゃ………。 「文花。」 「ん?なぁに?」 「貴女、最近悩み事でもあるの?」 真剣に話す私の声に文花は微かだが、肩を動かした。 この反応、必ず何かある。 「ううん。なにもないよ!大丈夫!」 ごちそうさま!というと文花は皿をかたずけ、すぐに家を飛び出していった。 本当に…何があったのかしら……。.

  • 続きです 朝 ケータ「…朝か」 ケータ「…まだみんな帰ってないんだな…」 ケータ「まあどうせすぐに帰ってくるよね!遅刻しちゃうし、学校の準備しよう!」 …しかし、それから1日、1週間と経っても三人は帰ってこなかった それどころかケータは街中で妖怪の姿を見かけることがなくなった. 誰かがデスクを叩く音がした。 その場にいた者が全員デスクの音がした方を向く。 デスクを叩いたのは…………手品屋だった。 手品屋「皆さん、このまま議論を続けていたところで人間界の処遇なんて決まりませんっ!私に良い考えがあります!」 イカカモネ(良い考え?どういうことかワケが分からないんじゃなイカ?) 手品屋は自信満々に胸を張り、次のように言った。 手品屋「人間界をリフレッシュするんです!一度、ゼロに戻すんです!」 修正・削除.
  • き、来ましたー かつて破れた一夏の約束 ガチャッ、ガチャカタ・・・ガタパリーン!

… …. …………. … … ……… …… … …. … … … … … …… …. 京 料理 箔 … … …. … … …… …. …… … … .

Pixivへようこそ

ケータパパ「おお、きたかケータ」 ケータママ「さ、ケータ座りなさい」 ケータ「お父さん…今日は会社じゃなかったの?」 ケータパパ「なに言ってんだ?今日は日曜日だぞ?」 ケータママ「…最近学校を休みがちだったから分かってないんだわ。さ、ケータとにかく座って。大事な話なの」 ケータ「う…うん…」. イカカモネ「彼のエンマ大王がどうして人間界の処遇について決めることが出来ずに生涯を終えたのか…?それが分からなイカッ…!?」 葬儀屋「……どういうことでしょうか?」 イカカモネ「人間界の処遇なんて妖怪が激論を交わしたところで分かるワケがない!エンマ大王も気付いてたハズじゃなイカ!?」 だったら何故、実行に移さなかったのか?イカカモネには理由が分かっていた。 ただ単純な理由。自分達の「妖怪」という立場を考えれば当たり前なのだ。 エンマ大王が亡くなった後に人間界に逃がされ、半身半霊となったエンマ大王の息子、マオ。 産み落とした主な理由はかつてのイカカモネによる侵略に対抗するためであるが、イカカモネ自身は、理由はそれだけではないと確信している。 もう一つの理由、それが人間界を代表し、現状を説明してくれる強い人間を探すことなのだ。 そして先日、妖魔界に訪れたマオから報告があった。 その人間は、かつてイカカモネも世話になった人物である。 現在遅刻している最後の会議出席者。それがその人間だ。.

最近、文花の行動がおかしいわね……? 部屋の中をうろうろしたり、長い時間出掛けていたり、帰って来るといつも服は泥だらけ。…いままでこんなこと無かったのに……。まさか晩御飯を食べた後も出掛けるんじゃ………。 「文花。」 「ん?なぁに?」 「貴女、最近悩み事でもあるの?」 真剣に話す私の声に文花は微かだが、肩を動かした。 この反応、必ず何かある。 「ううん。なにもないよ!大丈夫!」 ごちそうさま!というと文花は皿をかたずけ、すぐに家を飛び出していった。 本当に…何があったのかしら……。.

議長は頭を抱えて考える。 イカカモネ(……折角ムゲン地獄管理部の方々に土下座してまで委員長になったというのに…………) 議長、イカカモネは、人間界で悪事を働いていたとされ、つい先日までムゲン地獄で自分の持っていた力の殆どを封印されていたのだ。 改心した議長は、ムゲン地獄を管理する部署の署長に、力を全てヤミかがみに封印させることと、人間界に出ないことを条件に、人間界評議委員長を勤ませてもらうように頼んだのである。 なんとか委員長になれたものの、会議がまさかここまで進展がないとは… イカカモネ(……エンマ様はさぞ大変だっただろうに……) 前委員長、エンマ大王のことを考える議長。 自分はなんて情けない存在なのだろう、そう思いつつ、休憩を宣言しようと議長が口を開いたその時…! ?「このままでは埒があきません!」バンッ!

… … ? … … … … … …… …. …… … … … ……. … … … …… …. SS… S      S      S      S      SS.

妖怪ウォッチのケータを紹介!結婚相手はフミちゃん?

あ、そうか…この人だったか… ……………愛する妻よ……… 「あの…どうかなされましたか?」? ケータママ「…ケータ、それはどうしたの」 ケータ「えっと…だから」 ケータママ「誰かに貰ったの?」 ケータ「い…いや」 ケータ どうしよう…どうしよう… ケータパパ「ケータ、説明しなさい」 ケータ「う…あの」. ケータママ 最近あの子変だわ… ケータママ 部屋からすごく独り言が聞こえてくるし ケータママ まるで誰かと話してるみたい ケータパパ「ただいまー」 ケータママ「あら、おかえりなさい」 ケータママ「…あの、ケータのことなんだけど」 ケータパパ「どうしたんだ?」 ケータママ「最近あの子、変じゃない?」 ケータパパ「え?そうか?」 ケータママ「だってそうよ、それにあの子が変になってから、あたしたちも可笑しくなってる気がするわ」 ケータパパ「…まあ確かに、いつかおでんのときも何か色々喋ったり…」 ケータパパ「突然会社を休もう!ってなったり、オレも変だなあとは思ってたよ」 ケータママ「ねえ、あの子なにかにとりつかれてるんじゃないかしら」.

… … …. …… …………………… …. ………… ! …… … … … ……. … … …………… Da. … …. …… … ….

目次みたいな所に自分のSSのあらすじがあって感動… 自作妖怪書きます。 【名前】葬儀屋 【ランク】S 【説明】 ムゲン地獄四天王の一人。 右手に持つ鎌で魂を断ち切り、 瓶に詰めて商品に してしまうのだ。 【必殺】黄泉斬リ完結 【特徴】礼儀正しい。     タキシード。 【名前】傀儡屋 【ランク】S 【説明】 ムゲン地獄四天王の一人。 空っぽになった肉体に糸を通し 自分のコレクションにして ショーウィンドウの中に入れるのだ。 【必殺】開演・手のひらダンサーズ 【特徴】紙袋を被ってて穴から両目が出てる。(ファウスト?知らんなぁ)     日本語片言。 【名前】賭博屋 【ランク】S 【説明】 ムゲン地獄四天王の一人。 ギャンブルが大好きで、 お得意様とは寿命を 全て賭けた賭博をする。 【必殺】一生休み! 【特徴】片手にトランプ片手にサイコロ。     四天王の紅一点。 【名前】手品屋 【ランク】S 【説明】 ムゲン地獄四天王の一人。 お客を自分の手品に夢中に させた後、精神の欠片を おひねりとして貰う。 【必殺】タネもシカケもありゃあせん! 【特徴】シルクハットを二つ被ってる。     杖を持っているが、肩に担いだりして殆ど使ってない。 こいつらは自分のSSにも出したいなぁ。.

Re: 妖怪・オリジナル妖怪達の対談 No. ケータパパ「まあ、とにかくそんな説明のできないような時計は処分するしかないな」 ケータ「!?」 ケータ しょ…処分!? ケータ「な…なんで」 ケータママ「ケータが身に付けている理由が説明できないのなら、そんな危険なものをつけさせとくわけにはいかないわ」 ケータママ「さあ、外して渡しなさい」 ケータ な…なんでこんなことに…!? ケータ だって…これは、これは ケータ オレと妖怪…友達をつなぐ唯一の方法なのに.

… ……… … ……. … … …… ….

知っておきたい:

コメント

  1. ガラッ ケータ「ねえヒキコウモリ、ジバニャンとウィスパー知らな…って」 ケータ「ヒキコウモリもいない!?」 ケータ「こんなの可笑しい…絶対に妖怪の仕業だ!」. Re: 妖怪・オリジナル妖怪達の対談&小説 No.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |