ガンツ ぬらりひょん 女

公開日: 26.08.2020

カタストロフィ編で地球に侵略を開始してくる巨大な異星人。本来ガンツは、彼等と戦うべく製造されたものである。彼等は地球人と酷似した体形で四肢がそれぞれ二本ずつあり、二足歩行をする。だが眼球は地球人と同様に顔面の二つのほか左右こめかみに一つずつあり、合計四つ。指は手足に六本。生殖器も地球人とは異なり、何より地球人とは比較にならないほどの巨大な体躯を持つ [35] 。軍人であれば両手を組んでピストル状にかざすことにより電撃を発射することが出来る [36] 。地球人を超えるテクノロジーと戦力を持ち、アーマードスーツや戦闘ロボットなどを使用し、進撃してくる。巨大な宇宙船の中に『空間圧縮装置』によって更に巨大なコロニーを形成し、その中には様々な種族が繁栄しており、文化や社会生活などは地球の先進国における人々のそれと非常に酷似している。彼等は地球人を『小動物』や『虫』程度にしか認識しておらず、宇宙船ごと地球に着陸させると問答無用で戦闘と殺戮を開始し、同時に捕獲した地球人を宇宙船に持ち去り屠殺したり [37] 、巨人の軍人の中には屠殺場での処理された人体だけでなく、捕獲された地球人を生きたまま背中を切り裂き、指で内臓を抉り出してから酒に漬けて生のまま食べる者さえいる。また彼等は娯楽のため、地球人を動物園のような施設に監禁して見せ物にしたり、狩場に放って銛を打ち込み、引きずった挙句に捕らえ、生きたまま首をもぎ取るという残虐行為を家族連れで楽しんだり [38] 、宇宙船内に連れ込まれた地球人達が生物兵器と戦い、虐殺されていく光景に爆笑しながら鑑賞もする [39] 。彼等は地球に侵攻してくる以前に移住先に定めた惑星があり、侵略を試みるも撃退されてしまい、再び宇宙難民となっていた。最終的にはイヴァ・グーンドが玄野との決戦にて討ち倒され、生き残りの上級兵がスペースコロニーを自爆させた為に巨人族は絶滅した。.

マネキン人形の様な不気味な姿。非常に髪の長い全裸の女性の姿で、身長は普通の人間程。 自ら腹を裂いたり、傷口から頭が生えて増殖したりと、全形態中最もグロい。 風 と格闘戦を行った。増殖して風を追い詰めていくが、他のメンバーの援護射撃の甲斐もあって、最終的に全滅させられた。.

最終更新 年3月22日 日 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. このウィキに参加 ログイン. 声優 はアニメ版GANTZのもの。アニメは「ねぎ星人編」から「あばれんぼう星人・おこりんぼう星人編」、オリジナルの「玄野星人編」までの全26話で放送された。 俳優 は映画版GANTZのもの。 VOMIC は集英社ヴォイスコミックステーション版のGANTZのもの。 GANTZ:O はフル3DCGアニメーションGANTZ:Oのもの。. 名前空間 ページ ノート. カタストロフィ編で地球に侵略を開始してくる巨大な異星人。本来ガンツは、彼等と戦うべく製造されたものである。彼等は地球人と酷似した体形で四肢がそれぞれ二本ずつあり、二足歩行をする。だが眼球は地球人と同様に顔面の二つのほか左右こめかみに一つずつあり、合計四つ。指は手足に六本。生殖器も地球人とは異なり、何より地球人とは比較にならないほどの巨大な体躯を持つ [35] 。軍人であれば両手を組んでピストル状にかざすことにより電撃を発射することが出来る [36] 。地球人を超えるテクノロジーと戦力を持ち、アーマードスーツや戦闘ロボットなどを使用し、進撃してくる。巨大な宇宙船の中に『空間圧縮装置』によって更に巨大なコロニーを形成し、その中には様々な種族が繁栄しており、文化や社会生活などは地球の先進国における人々のそれと非常に酷似している。彼等は地球人を『小動物』や『虫』程度にしか認識しておらず、宇宙船ごと地球に着陸させると問答無用で戦闘と殺戮を開始し、同時に捕獲した地球人を宇宙船に持ち去り屠殺したり [37] 、巨人の軍人の中には屠殺場での処理された人体だけでなく、捕獲された地球人を生きたまま背中を切り裂き、指で内臓を抉り出してから酒に漬けて生のまま食べる者さえいる。また彼等は娯楽のため、地球人を動物園のような施設に監禁して見せ物にしたり、狩場に放って銛を打ち込み、引きずった挙句に捕らえ、生きたまま首をもぎ取るという残虐行為を家族連れで楽しんだり [38] 、宇宙船内に連れ込まれた地球人達が生物兵器と戦い、虐殺されていく光景に爆笑しながら鑑賞もする [39] 。彼等は地球に侵攻してくる以前に移住先に定めた惑星があり、侵略を試みるも撃退されてしまい、再び宇宙難民となっていた。最終的にはイヴァ・グーンドが玄野との決戦にて討ち倒され、生き残りの上級兵がスペースコロニーを自爆させた為に巨人族は絶滅した。.

大量の女体が増殖し寄り集まって巨大な女体を形成した様な姿。全形態中最もエロい…というかある意味芸術的な形態。 対象を捕らえ、内部へ引きずり込んで圧殺するという攻撃を仕掛けてくる。 掴みかかった島木を逆に「巨人」の内部に取り込んで殺害。桑原も取り込まれるが、自力で脱出(なんとこの際、スーツを着ておらず全裸の状態である)。 その後桑原は「巨人」の口にあたる部分までよじ登り…。 最終的にステルス状態で潜んでいた 西 のZガンでの攻撃によって大部分を潰された。.

巨人族の宇宙船内で転送された先の『真理の部屋』にて登場する。彼等は巨人族が地球の前に移民先に定めた星の住人で、巨人族の侵略を受けるも、これを撃退した。その後、地球に向け巨人族に対抗するための軍事技術の情報を発信する。 真理の部屋には裸の巨大な彫像のようなものが二体背中合わせに立っており、その姿形はいっけん地球人類に似ているが、顔面と上半身の前部を深くえぐり取った中に老若男女様々な人種に犬や猫などの動物、禍々しい生物などの頭部があり、この異形の彫像を介して彼等との接触が可能 [44] 。会話中にそれら頭部が入れ代わり立ち代わり現れ、その中には歴史上の人物や著名人、真理の部屋に居合わせた者の知人の顔もあり [注釈 1] [45] 、言語の壁なく会話が出来 [46] 、全てを知り、全てに答える。巨人族をもはるかに超える科学力を持ち、地球人類に与えたガンツなどの軍事技術でさえ、彼等にとっては巨人族を撃退しうる最低限のものでしかない。人間や生物を自在に物質的復元・分解する技術も持つ [47] 。 彼等には地球人特有の感情は無いらしく、そして巨人族以上に地球人類を昆虫やそれ以下でしか認めておらず、地球人を『ただの物質』、その命は『チリやゴミ』、そしてその感情さえも『微弱電気の流れによる現象』『電化製品となんら変わらず、違いはより複雑かどうかだけ』とまで断言した。軍事技術の提供も地球人への同情や救済のためではなく、『地球そのものの、ある程度の秩序のため』であった [48] 。 最期はガンツメンバー達に『魂』とその行き先についてを教えた後、この先、地球人に干渉することはないだろうと言い残し、真理の部屋と共に消え去っていった。.

8 [27] [28] [29] [30]. [3]. : :. : GANTZ SF.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 巨人族の宇宙船内で転送された先の『真理の部屋』にて登場する。彼等は巨人族が地球の前に移民先に定めた星の住人で、巨人族の侵略を受けるも、これを撃退した。その後、地球に向け巨人族に対抗するための軍事技術の情報を発信する。 真理の部屋には裸の巨大な彫像のようなものが二体背中合わせに立っており、その姿形はいっけん地球人類に似ているが、顔面と上半身の前部を深くえぐり取った中に老若男女様々な人種に犬や猫などの動物、禍々しい生物などの頭部があり、この異形の彫像を介して彼等との接触が可能 [44] 。会話中にそれら頭部が入れ代わり立ち代わり現れ、その中には歴史上の人物や著名人、真理の部屋に居合わせた者の知人の顔もあり [注釈 1] [45] 、言語の壁なく会話が出来 [46] 、全てを知り、全てに答える。巨人族をもはるかに超える科学力を持ち、地球人類に与えたガンツなどの軍事技術でさえ、彼等にとっては巨人族を撃退しうる最低限のものでしかない。人間や生物を自在に物質的復元・分解する技術も持つ [47] 。 彼等には地球人特有の感情は無いらしく、そして巨人族以上に地球人類を昆虫やそれ以下でしか認めておらず、地球人を『ただの物質』、その命は『チリやゴミ』、そしてその感情さえも『微弱電気の流れによる現象』『電化製品となんら変わらず、違いはより複雑かどうかだけ』とまで断言した。軍事技術の提供も地球人への同情や救済のためではなく、『地球そのものの、ある程度の秩序のため』であった [48] 。 最期はガンツメンバー達に『魂』とその行き先についてを教えた後、この先、地球人に干渉することはないだろうと言い残し、真理の部屋と共に消え去っていった。.

名前: コメント:. 巨人族の宇宙船内で転送された先の『真理の部屋』にて登場する。彼等は巨人族が地球の前に移民先に定めた星の住人で、巨人族の侵略を受けるも、これを撃退した。その後、地球に向け巨人族に対抗するための軍事技術の情報を発信する。 真理の部屋には裸の巨大な彫像のようなものが二体背中合わせに立っており、その姿形はいっけん地球人類に似ているが、顔面と上半身の前部を深くえぐり取った中に老若男女様々な人種に犬や猫などの動物、禍々しい生物などの頭部があり、この異形の彫像を介して彼等との接触が可能 [44] 。会話中にそれら頭部が入れ代わり立ち代わり現れ、その中には歴史上の人物や著名人、真理の部屋に居合わせた者の知人の顔もあり [注釈 1] [45] 、言語の壁なく会話が出来 [46] 、全てを知り、全てに答える。巨人族をもはるかに超える科学力を持ち、地球人類に与えたガンツなどの軍事技術でさえ、彼等にとっては巨人族を撃退しうる最低限のものでしかない。人間や生物を自在に物質的復元・分解する技術も持つ [47] 。 彼等には地球人特有の感情は無いらしく、そして巨人族以上に地球人類を昆虫やそれ以下でしか認めておらず、地球人を『ただの物質』、その命は『チリやゴミ』、そしてその感情さえも『微弱電気の流れによる現象』『電化製品となんら変わらず、違いはより複雑かどうかだけ』とまで断言した。軍事技術の提供も地球人への同情や救済のためではなく、『地球そのものの、ある程度の秩序のため』であった [48] 。 最期はガンツメンバー達に『魂』とその行き先についてを教えた後、この先、地球人に干渉することはないだろうと言い残し、真理の部屋と共に消え去っていった。.

アニヲタWiki 仮. 前形態の残骸の中から出現。第三形態程の等身の体に、第一形態の顔が乗った様な姿。 攻撃を受ける内に岡のハードスーツの特徴をコピーし(体型や肘の刃など)、岡を追い詰めていった。 ハードスーツから脱出した岡によって背後から刺され、真っ二つにされた。 その後も体内から無数の球体を放出して東京チームを攻撃した。. ガンツを支配する最高組織。彼等こそ、ガンツが死者達に強制してきた星人との理不尽な戦闘の 黒幕 である。マイエルバッハが異星人から得たガンツやガンツウェポンのテクノロジーを買い込み管理しており、かなり以前より来るべき巨人族との戦争のための準備を整えていた。日本の制御者は 財閥 チームの8人で、全員が男性 [27] 。彼等はガンツを自在に操作・設定するだけでなく [28] 、ガンツメンバーの行動全てを掌握し、生殺与奪の権利さえ有している。ガンツによって再生された玄野達とは違い、彼等に死亡歴は無い。彼等の目的は襲来してきた巨人族を絶滅させ、その功績と名誉によって異星人の計り知れない高度なテクノロジー及び莫大な富を独占し、地球の支配者となることであり、各国の制御者はこの目的成就を競い合っている [29] [30] 。.

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

GANTZ GANTZ. [44] [ 1] [45] [46] [47] [48] ? GANTZ. : :. [35] [36] [37] [38] [39] .

映画の割引を使って、いつでも1,300円で見る方法

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. カテゴリ : GANTZ 漫画の登場人物の一覧 アニメの登場人物の一覧 SF漫画の登場人物. ガンツに出ていた姿。 小柄で頭でっかちな体型で、着物を着た老人の姿をしている。一般的な妖怪ぬらりひょんのイメージに近い。 両脇に天狗と犬神を従え、道頓堀川付近に身構えていた。.

: :. [35] [36] [37] [38] [39]. The Man of Steel Vol. : GANTZ SF.

カタストロフィ編で地球に侵略を開始してくる巨大な異星人。本来ガンツは、彼等と戦うべく製造されたものである。彼等は地球人と酷似した体形で四肢がそれぞれ二本ずつあり、二足歩行をする。だが眼球は地球人と同様に顔面の二つのほか左右こめかみに一つずつあり、合計四つ。指は手足に六本。生殖器も地球人とは異なり、何より地球人とは比較にならないほどの巨大な体躯を持つ [35] 。軍人であれば両手を組んでピストル状にかざすことにより電撃を発射することが出来る [36] 。地球人を超えるテクノロジーと戦力を持ち、アーマードスーツや戦闘ロボットなどを使用し、進撃してくる。巨大な宇宙船の中に『空間圧縮装置』によって更に巨大なコロニーを形成し、その中には様々な種族が繁栄しており、文化や社会生活などは地球の先進国における人々のそれと非常に酷似している。彼等は地球人を『小動物』や『虫』程度にしか認識しておらず、宇宙船ごと地球に着陸させると問答無用で戦闘と殺戮を開始し、同時に捕獲した地球人を宇宙船に持ち去り屠殺したり [37] 、巨人の軍人の中には屠殺場での処理された人体だけでなく、捕獲された地球人を生きたまま背中を切り裂き、指で内臓を抉り出してから酒に漬けて生のまま食べる者さえいる。また彼等は娯楽のため、地球人を動物園のような施設に監禁して見せ物にしたり、狩場に放って銛を打ち込み、引きずった挙句に捕らえ、生きたまま首をもぎ取るという残虐行為を家族連れで楽しんだり [38] 、宇宙船内に連れ込まれた地球人達が生物兵器と戦い、虐殺されていく光景に爆笑しながら鑑賞もする [39] 。彼等は地球に侵攻してくる以前に移住先に定めた惑星があり、侵略を試みるも撃退されてしまい、再び宇宙難民となっていた。最終的にはイヴァ・グーンドが玄野との決戦にて討ち倒され、生き残りの上級兵がスペースコロニーを自爆させた為に巨人族は絶滅した。.

名前空間 ページ ノート. 狙撃された後に再生した時の姿。筋肉隆々で長身の男性の姿をしている。頭髪は無く、全裸である。 この形態での攻撃方法は、目から発する強力な光線による攻撃。花紀の攻撃によって首を飛ばされるが、光線を受けた花紀は一撃で死亡した。 更にこの光線は、首だけの状態であっても照射され続け、威力も落ちていない。大阪チームの眼鏡の高校生は、この首を武器にして大量の星人を葬った。 途中で首から足が生えて去っていったかと思えば、胴体によって拾い上げられ接合した。 再生した直後に、大阪チームの島木と桑原の剣での攻撃によって切断された。.

: :. : GANTZ SF! 322 UTC - Cookie .

その柔軟さと不死身さは、まるで『 DRAGON BALL 』の 魔人ブウ の様である。 GANTZ作中の強さ検証においても、最強の存在として真っ先に名前が挙げられる事が多い。. タグ一覧 登録が多い順. カタストロフィ編で地球に侵略を開始してくる巨大な異星人。本来ガンツは、彼等と戦うべく製造されたものである。彼等は地球人と酷似した体形で四肢がそれぞれ二本ずつあり、二足歩行をする。だが眼球は地球人と同様に顔面の二つのほか左右こめかみに一つずつあり、合計四つ。指は手足に六本。生殖器も地球人とは異なり、何より地球人とは比較にならないほどの巨大な体躯を持つ [35] 。軍人であれば両手を組んでピストル状にかざすことにより電撃を発射することが出来る [36] 。地球人を超えるテクノロジーと戦力を持ち、アーマードスーツや戦闘ロボットなどを使用し、進撃してくる。巨大な宇宙船の中に『空間圧縮装置』によって更に巨大なコロニーを形成し、その中には様々な種族が繁栄しており、文化や社会生活などは地球の先進国における人々のそれと非常に酷似している。彼等は地球人を『小動物』や『虫』程度にしか認識しておらず、宇宙船ごと地球に着陸させると問答無用で戦闘と殺戮を開始し、同時に捕獲した地球人を宇宙船に持ち去り屠殺したり [37] 、巨人の軍人の中には屠殺場での処理された人体だけでなく、捕獲された地球人を生きたまま背中を切り裂き、指で内臓を抉り出してから酒に漬けて生のまま食べる者さえいる。また彼等は娯楽のため、地球人を動物園のような施設に監禁して見せ物にしたり、狩場に放って銛を打ち込み、引きずった挙句に捕らえ、生きたまま首をもぎ取るという残虐行為を家族連れで楽しんだり [38] 、宇宙船内に連れ込まれた地球人達が生物兵器と戦い、虐殺されていく光景に爆笑しながら鑑賞もする [39] 。彼等は地球に侵攻してくる以前に移住先に定めた惑星があり、侵略を試みるも撃退されてしまい、再び宇宙難民となっていた。最終的にはイヴァ・グーンドが玄野との決戦にて討ち倒され、生き残りの上級兵がスペースコロニーを自爆させた為に巨人族は絶滅した。.

知っておきたい:

コメント

  1. 狙撃された後に再生した時の姿。筋肉隆々で長身の男性の姿をしている。頭髪は無く、全裸である。 この形態での攻撃方法は、目から発する強力な光線による攻撃。花紀の攻撃によって首を飛ばされるが、光線を受けた花紀は一撃で死亡した。 更にこの光線は、首だけの状態であっても照射され続け、威力も落ちていない。大阪チームの眼鏡の高校生は、この首を武器にして大量の星人を葬った。 途中で首から足が生えて去っていったかと思えば、胴体によって拾い上げられ接合した。 再生した直後に、大阪チームの島木と桑原の剣での攻撃によって切断された。. 最終更新 年3月22日 日 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |