マイクロ波 発生装置 自作

公開日: 13.02.2020

本開示の別の側面は、放射計150の使用である。放射計150は、例えば、組織等の材料からの放出を検出する。マイクロ波エネルギーの印加の前後に放射計150によって検出された放出は、 サンプリング され、 アナログ電圧 または デジタル信号 のいずれかに変換され、器具監視装置サブシステムコントローラ530に 転送 されることができる。 図1 は、本システムの別個の構成要素としての放射計150を 描写 する。しかしながら、この機能は、パススルー回路570上の信号を分析する、器具監視装置サブシステムコントローラ530において 直接実装 されることもできる。.

マイクロ波はマグネトロンを使って発生させます。マグネトロンを駆動するには 5kV 近い電圧が必要です。 電源を切った状態でも内部のコンデンサにこの高電圧が残っている場合があり、電流も大きいので死亡事故に繋がる恐れがあります。感電しないよう充分にご注意下さい。 配線は、接地が省かれていることにも留意して下さい。マグネトロンを取り出して使用する場合、接地線を接続することが必要になります。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

サイト内検索 製品情報 RF、ミリ波、THz GPS・GNSS ユニーク製品 取扱メーカー 会社案内 会社概要 アクセス 採用情報 お問い合わせ ENGLISH 閉じる. さらなる側面では、本開示は、電力を電力分配モジュールに供給するス テップ と、供給された電力を調整された電力に変換するステップと、調整された電力をマイクロ波信号発生器および1つまたはそれを上回る補助モジュールに供給するステップであって、1つまたはそれを上回るそれぞれの補助モジュールは、マイクロ波発生器コントローラに結合される、ステップと、 マイクロ波電力 発生器および1つまたはそれを上回る補助モジュールのそれぞれにおいて、調整された電力を分離された電力に変換するステップと、マイクロ波発生器コントローラによって、通信信号を1つまたはそれを上回るそれぞれの補助モジュールに伝送するステップであって、1つまたはそれを上回るそれぞれの補助モジュールは、1つまたはそれを上回る補助モジュールのそれぞれの少なくとも1つの設定を構成するようにマイクロ波発生器コントローラに結合される、ステップと、マイクロ波発生器コントローラおよび1つまたはそれを上回る補助モジュールにおいて局所的処理を実施するステップと、1つまたはそれを上回る補助モジュールのうちの少なくとも1つから受信された通信信号に基づいて、所望されるマイクロ波信号を生成するために、マイクロ波発生器コントローラによって、マイクロ波信号発生器を制御するステップとを含む、モジュール式マイクロ波発生器を制御する方法を特徴とする。.

導波管の E面とH面 にプランジャーを設け、これを出し入れすることによりチューニングをとります。 スリースタブチューナと比較するとマッチング範囲が広く、また 2つを個別に追い込んでいけるので、操作が極めて簡単です。スリースタブよりも最大電力が大きいことも特長の一つです。欠点はスリースタブより価格が高いこと、大きいことなどです。. また別の側面では、 信号発生器 、電力供給源、および1つまたはそれを上回る補助モジュールはそれぞれ、電力 分離回路 を含む。. マイクロ波アブレーション では、 電磁場 が、 腫瘍細胞 を加熱および 破壊 するために使用される。 処置 は、 癌性腫瘍 が 識別 された 組織 への アブレーションプローブ の挿入を伴い得る。いったんアブレーションプローブが適切に 位置付け られると、アブレーションプローブは、アブレーションプローブを囲繞する組織内に電磁場を 誘起 し、組織を加熱または 切除 する。 典型的には、マイクロ波アブレーション 手技 のためのシ ステム は、 マイクロ波発生器 と、 アンテナアセンブリ を有するアブレーションプローブ等の マイクロ波 器具 とを含む。マイクロ波発生器およびマイクロ波器具は、マイクロ波発生器からマイクロ波器具に マイクロ波信号 を 伝搬 するための 同軸ケーブル によって、相互に動作可能に結合される。マイクロ波発生器は、典型的には、マイクロ波信号を生成するための 回路 と、回路の動作を制御し、マイクロ波信号の 電力レベル を調節するためのボ タン 等のマイクロ波信号の特性を設定するための ユーザ制御装置 を含む、 ディスプレイ 等の ユーザインターフェース を制御するための コントローラ とを含む。 いくつかのマイクロ波発生器は、ユーザが アブレーション手技 を実施する際に 補助 するために、 温度測定デバイス またはマイクロ波信号 測定デバイス 等の付加 的特徴 を組み込み得る。しかしながら、ユーザは、 最新 の技術に対応する、またはユーザの変化する必要性を満たすために、それらの付加的特徴を 更新 または 再構成 することが可能ではない場合がある。いくつかの場合では、ユーザは、付加的特徴のいくつかまたは全てを必要としない場合さえある。他の場合では、マイクロ波発生器は、ユーザによって必要とされる新しいもしくは更新された特徴を含まない、またはそれと 適合 しない場合がある。.

AV RF en:Electrolytic detector resettable en:Wollaston wire.

筆者が企業に入社( 年)して開発に携わったマイクロ波無線回路は、ちょうど真空管デバイスから全固体 半導体デバイス 化への転換期で、真空管をシリコントランジスターとダイオードに置き換えるものであった。. マグネトロンは、基本的に発振管本体は丈夫かつ堅牢であり、高出力で安定したマイクロ波を発振することが出来るが、発振 周波数 を可変することは一般的に困難であり、 クライストロン や 進行波管 ( TWT )の様に単体で、 振幅変調 や 周波数変調 を行うことも困難である。よって、通信の「変調した情報」を伝送する用途の 無線 装置には向かない。.

小型・軽量・低価格を実現

図4 は、本開示のある実施形態による、 図2 のマイクロ波発生器の マイクロ波モジュール の回路ブロック図である。. 図11 は、一実施形態による、ユーザ入力に応答してマイクロ波信号を生成するための方法を例証する、フローチャートである。初めに、医師またはオペレータは、どの可撤性モジュールが実施されるべき外科手術手技のために必要とされるかを判定する。オペレータが、ユーザインターフェースが必要とされると判定する場合、オペレータは、ユーザインターフェースモジュール290をマイクロ波発生器110に結合する。ユーザインターフェースモジュール290は、例えば、ユーザインターフェースモジュール290をマイクロ波発生器110内のポートまたは端子にプラグ接続することによって、マイクロ波発生器110に接続され得、マイクロ波発生器110内のポートは、器具監視モジュール250のピンを受容し、摩擦嵌合を生成するように構成される孔を含む。マイクロ波発生器110は、コンセント、バッテリ、またはマイクロ波外科手術手技を完了するために好適な持続的電力の任意の他の好適なもの等の電源に接続される。.

課題 モジュール式 マイクロ波発生器 およびモジュール式マイクロ波発生器を動作させる方法を提供する。. 図5 は、本開示のある実施形態による、マイクロ波発生器110の器具監視モジュール250の回路ブロック図である。器具監視モジュール250は、デジタルバスアイソレータ510と、電力アイソレータ590と、器具 監視サブシステム コントローラ530と、器具 温度監視装置 550と、 パススルー回路 570と、デバイス IDリーダ 580とを含む。電力アイソレータ590は、電力アイソレータ310と類似し、1つもしくはそれを上回る変圧器、1つもしくはそれを上回るオプトカプラ、またはマイクロ波アブレーションシステム100の他のモジュールおよび回路からユーザインターフェースモジュール290を電気的に分離するための他の好適な回路を含む。電力アイソレータ680は、電力を 器具監視装置 サブシステムコントローラ530に提供する。.

FPGA1420は、SPIバス1332を監視し、他のモジュール、例えば、電力分配モジュール1315の値、設定、および/またはパラメータが安全または所望される範囲もしくは限界内であることを確実にする。例えば、FPGA1420は、範囲内 パラメータ値 および適切な通信のために、SPIバス1332上の パケット を監視する。パラメータ値が範囲外である、または通信速度が通常ではない場合、FPGA1420は、SPIバス1332を プルダウン することができ、これは、 周辺モジュール内 に フェイルセーフ条件 を トリ ガする。.

  • 図18 は、本開示の別の実施形態による、 図13 のマイクロ波発生器1300のユーザインターフェースモジュールの回路ブロック図である。RTPモジュールは、ユーザインターフェースモジュール1340に組み込まれる温度センサ1830によって提供される温度、電力調整回路またはブロック1810によって生成される電力を監視するためのFPGA1820を含み、ディスプレイならびに時間および電力ノブからデータを伝送および/または受信する。ユーザからの電気分離は、ディスプレイおよびノブ1840上のオーバーレイの 物理 的 プラスチック を介して提供される。FPGA1820は、オーディオ信号をスピーカ/ ドライバ回路 1815に提供するように構成され、これは、マイクロ波発生器1300のシャーシに組み込まれるスピーカに 駆動信号 を提供するドライバを含む。. 図19 は、本開示のある実施形態による、 図13 のマイクロ波発生器1300の電力分配モジュール1315の回路ブロック図である。電力分配モジュール1315は、DC/ DCコンバータ 1910と、FPGA1920と、温度センサ1930とを含む。FPGA1920は、温度センサ1930およびDC/DCコンバータ1910によって提供される温度を監視する ファームウェア を起動する。実施形態では、DC/DCコンバータ1910は、電圧を、例えば、36VDCから12VDCに降圧する。.
  • さらに、エネルギーの印加中に放射測定読取値の変化を検出し続けることによって、器具監視装置サブシステムコントローラ530は、腫瘍性組織の処置の中止または 充足 に関する判定を行うことができる。検出されたものは、器具180から受信された フィードバック に基づいて、器具監視装置サブシステムコントローラ530がマイクロ波発生器110の動作を調節することを可能にする。放射測定検出は、 組織温度 を示す、組織によって放出された周波数および 信号強度 の 電磁 波を検出することによって、組織の加熱の検出を可能にする。好ましくは、放射計150は、 マイクロ波範囲 内の周波数において動作する。. サイト内検索 製品情報 RF、ミリ波、THz GPS・GNSS ユニーク製品 取扱メーカー 会社案内 会社概要 アクセス 採用情報 お問い合わせ ENGLISH 閉じる.

RFTHz RF RF : 1.

集団ストーカー被害を受けています。見知らぬ人たちの嫌がらせ行為によるダメージを和らげるためのアイデアを紹介します。

所望されるマイクロ波信号が判定された後、外科手術手技は、開始できる状態となる。医師またはオペレータは、例えば、フットペダルを押下することにより、ユーザ入力を入力することによって、マイクロ波信号生成を起動し得る。 開始信号 が受信されると、発生器コントローラ220は、ステップ1014において、マイクロ波モジュール230を制御し、所望されるマイクロ波信号を生成し、これを器具180に伝送する。いくつかの実施形態では、発生器コントローラ220は、マイクロ波信号を生成するために 制御機能 の小部分を実施する一方、マイクロ波モジュール230は、制御機能の大部分を実施する。. サイト内検索 製品情報 RF、ミリ波、THz GPS・GNSS ユニーク製品 取扱メーカー 会社案内 会社概要 アクセス 採用情報 お問い合わせ ENGLISH 閉じる. 図18 は、本開示の別の実施形態による、 図13 のマイクロ波発生器のユーザインターフェースモジュールの回路ブロック図である。.

RFアナログエンジニア ブログ.

digital .

トップページ 資料館 マイクロ波. 実施形態では、適切に 定寸 された シャーシ を有するマイクロ波発生器1300は、AC/DC電力供給源1310および電力分配モジュール1315によって給電される複数のマイクロ波モジュール1325および複数のそれぞれの器具監視モジュール1330を組み込み、 マルチチャネル マイクロ波発生器システムを形成し、複数の マイクロ波出力 を駆動してもよい。マイクロ波発生器1300はまた、複数のそれぞれのRT Pポート 1750を有する複数のRTP監視モジュール1335を組み込んでもよい。. 図8 は、一実施形態による、マイクロ波信号を生成し、マイクロ波信号を印加する器具を監視するための方法を例証する、フローチャートである。電力は、例えば、 バッテリ または 壁コンセント を通して発生器に印加される。受電された電力は、ステップ802において、12V DC供給 等の 使用可 能な電力供給源に変換される。ステップ804において、使用可能な電力は、マイクロ波モジュール230に提供される。ステップ806において、使用可能な電力は、発生器コントローラ220において変圧器を含む電力アイソレータ310を通過し、発生器コントローラ220の コントローラ基板 において使用されるべき分離された電力を提供する。ステップ808において、発生器コントローラマイクロプロセッサ330は、分離された電力を受電し、他の構成要素またはモジュールに提供されるべき調整された電力を生成する。.

40. al "Microwave Scanning Antennas" Academic Press .

冷陰極管 en:Crossatron 計数放電管 en:Ignitron en:Krytron 水銀整流器 ネオン管 ニキシー管 サイラトロン en:Trigatron en:Voltage-regulator tube. また、発生するマイクロ波は、強力で波長が短いことにより直進性も高いので、反射波が戻ってくるまでの時間とその方向を測定することにより、離れた地点にある物体の距離と方向の探知を行うことが可能であり、この原理を用いた装置をレーダー(電波探信儀、 英語 : radar )という。.

再生受信回路は、真空管、トランジスター、電池が高価な時代、少数の増幅素子数個でスーパーヘテロダイン受信機並みの高感度を得る面白い回路である。超再生受信機の歴史は古く、軍用携帯真空管無線機の消費電力低減と電池、部材軽量化で開発された。我が国の 放送 ラジオ受信機の時代では、低コスト化の超再生に似た真空管再生受信機が実用していた。要は信号を負帰還でなく、正帰還させて利得をあげる特殊な回路である。筆者が子供のころの我が家にあった再生 AM ラジオ受信器は、感度を上げるためバリコンで帰還量を調整し、発振の手前で止めて放送を聞いていたことを覚えている。庶民が安価な放送ラジオ受信器を求める時代に実用した。ただスーパーヘテロダイン受信機に比べ欠点が多くやがて衰退した。超再生は、可聴周波数以上の低周波で発振させ、高周波正帰還再生増幅検波回路を発振状態と非発振状態にスイッチングするクエンチング quenching 動作させる回路。.

PN FM N GaAs InP 50 PN WG .

知っておきたい:

コメント

  1. RFアナログエンジニア ブログ.
  2. さらなる側面では、1つまたはそれを上回る補助モジュールは、 ユーザ入力 を受信するように構成される ユーザインターフェースモジュール を含む。.
  3. ステップ1218において、発生器コントローラマイクロプロセッサ330は、外部プログラミングデバイスが、通信バスを通して、マイクロ波モジュール230、器具監視モジュール250、遠隔温度プローブ監視モジュール270、およびユーザインターフェースモジュール290等の選択されたモジュールに アクセス することを可能にする。モジュールのうちの1つとの通信中、外部プログラミングデバイスは、選択されたモジュールのサブシステムコントローラ上にコードをロードする。ロードされたコードは、プロセッサのための ファームウェアコード を設定または更新し得、 外部デバイス がモジュールをプログラムすることを可能にする。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |