吉良 上野 介

公開日: 11.02.2020

吉良 義央 (きら よしひさ/よしなか(名前の読みについては 後述 を参照))は、 江戸時代 前期の 高家 旗本 ( 高家肝煎 )。 赤穂事件 で 浅野長矩 により刃傷を受け、隠居後は 赤穂浪士 により邸内にいた 小林央通 、 鳥居正次 、 清水義久 らと共に討たれた。同事件に題材をとった創作作品『 忠臣蔵 』では敵役として描かれる場合が多い。幼名は三郎、 通称 は左近。 従四位上 ・ 左近衛権少将 、 上野介 (こうずけのすけ)。一般的には 吉良上野介 と呼ばれる。. 吉良を治療した金瘡外科の栗崎道有は『栗崎道有記録』で「我慢できない事でもあったのか、内匠頭は普段から短気な人間だったというが、上野介を見つけて小さ刀で抜き打ちに眉間を切りつけた」と述べ [] 、さらに内匠頭と上野介の人間関係はかねてからよくなかったと記している [] 。. 一方、同じ赤穂藩でも江戸に詰めている家臣には強硬派( 江戸急進派 )がおり [9] 、吉良を討ち取る事に強くこだわっていた。彼らは吉良邸に討ち入ろうと試みたものの [9] 、吉良邸の警戒が厳しく、彼らだけでは吉良を打ち取るのは難しかった [9] 。そこで彼らは赤穂へ行き大石内蔵助に籠城を説いたが、大石はこれに賛同せず、赤穂城は予定通り幕府に明け渡された。.

この事件を知っていた赤穂浪士(内蔵助で当時14歳)は同様の寛大な処置を期待していた可能性もある [] 。. 年齢 吉良上野介(60歳)>浅野内匠頭(35歳) 2. さらに言えば、前述のように寺坂は泉岳寺引き上げの早い段階で姿を消していると考えられ、大石が播磨にいくよう説得する暇がなかったと思われる [] 。. LINEトラベルjpで国内航空券を比較! 出発地 出発地を選択 東京/羽田 東京/成田 東京/羽田・成田 大阪/伊丹 大阪/関空 大阪/伊丹・関空・神戸 札幌/新千歳 名古屋/中部・小牧 福岡 沖縄/那覇 仙台 広島 札幌/新千歳 札幌/丘珠 稚内 利尻 女満別 オホーツク紋別 根室中標津 釧路 旭川 帯広 函館 奥尻 青森 大館能代 花巻 三沢 秋田 庄内 山形 仙台 福島 東京/羽田 東京/成田 茨城 大島 八丈島 三宅島 新潟 松本 小松 富山 能登 名古屋/中部 名古屋/小牧 富士山静岡 大阪/伊丹 大阪/関空 神戸 但馬 南紀白浜 鳥取 米子 出雲 隠岐 石見 岡山 広島 広島西 山口宇部 岩国 高松 徳島 松山 高知 福岡 北九州 長崎 壱岐 対馬 五島福江 熊本 佐賀 大分 宮崎 鹿児島 種子島 屋久島 奄美大島 喜界島 沖永良部 与論 徳之島 沖縄/那覇 粟国 久米島 慶良間 北大東 南大東 宮古 多良間 石垣 波照間 与那国.

ただ、この『閑田次筆』は、浅野が殿中刃傷を起こした元禄14年(年 からおよそ年後の文化3年()に刊行されたものであること。そして、本文中に「ある人曰く」とあるように、領民が大喜びしたという話の出どころが誰が言ったのか、まったく不明であるなど、史料的に信憑性に欠ける要素が複数見られるため、『閑田次筆』に見られるこれらの話は、俗説の域を出ないものとされている。. 浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ場所は通説では江戸城の 松之大廊下 であるが、本当の刃傷の場所は中庭を隔てて反対側の柳之間の前の廊下ではないかという説がある [] 。. 一方、江戸急進派の目標は吉良を討つ事にあった [48] 。彼らにとって主君は浅野内匠頭ただ一人であり、その名誉を回復するには吉良を討つしかない [49] 、主君の兄弟である浅野大学によるお家再興が成し遂げられたとしても主君の名誉は回復されないとの考えがあったためである [49] 。.

311 []. []. LINEjp LINE. 326 UTC - Cookie .

江戸詰めの藩士達はそのまま江戸に留まる者が多かったが、もう藩邸には住めないので借宅して暮らす必要があった [56] 。. 事件は、この大事な接待の最後の日である 3月14日 に起こった [13] 。.
  • 大石達と堀部達の対立点であったお家再興の道が閉ざされたので、彼らは 7月28日 [10] に京都の円山にある 安養寺 の塔頭「重阿弥」で会議を開き( 円山会議 )、大石は10月に江戸に下り吉良邸に討ち入る事を正式に表明した [10] 。.
  • 山本博文は、武林唯七が即死に追い込んだ吉良の首を間十次郎が取ったのだろうとしている [] 。.

“江戸城松之廊下”事件の概要?

そして台所の裏の物置のような部屋を探したところ、中から吉良の家来が二人切りかかってきたのでこれを返り討ちにし、中にいた白小袖の老人を間十次郎が槍で突き殺した [91] 。この老人が吉良であると思われたので、浅野内匠頭が背中につけた傷跡を確認し [91] 、吉良方の足軽にこの死骸が吉良である事を確認させた [91] 。無事吉良を討ち取ったのである。. 堀部達は討ち入りの日の期限を決断するよう大石に迫り [57] 、大石は浅野内匠頭の一周忌には結論を出したいと約束した [57] 。. 元禄16年 2月4日 旧暦 (年3月20日)、幕府の命により、赤穂浪士達はお預かりの大名屋敷で切腹した [6] 。 切腹の場所は庭先であったが、切腹の場所には最高の格式である畳三枚 細川家 もしくは二枚 他の3家 が敷かれた [7] 。. 高田郡兵衛 (たかだぐんべえ)は討ち入りに参加した 堀部 、 奥田 と同じ堀内道場の同門であった [] ためか、江戸急進派の一人としてこの二人とともに行動し、吉良を討つよう大石に迫っていたにもかかわらず、脱盟した。.

吉良を討ち取った47人( 四十七士 )の行為を賞賛する立場からは、四十七士のことを 赤穂義士 (あるいは単に義士)と呼ぶ。それ以外の立場に立つ場合は、四十七士を含めた赤穂藩の浪人を 赤穂浪士 と呼ぶことが多いが、この名称は事件のあった元禄時代には一般的な言葉ではなく、作家の大佛次郎がそれまでの義士としての四十七士像を浪人としての四十七士に大転換する意図を持って書いた小説『赤穂浪士』で一般的になったものである [3] 。(ただし先行作にも使用例あり [4] )。.

赤穂浪士討ち入りの際、左兵衛は薙刀を持って相手を傷つけたが、自身も額と腰から背中にかけて傷を負い、気絶した [] 。その後気付いて父・上野介を探しに寝室に向かったが、上野介が見つからず、落胆してまた気絶している [] 。.

[57]. 9310 [59]. []. [90] [] .

公式アカウントで最新情報ゲット!

浅野内匠頭の刃傷後、大石内蔵助に許されて帰参し、討ち入りに参加 [] 。吉良邸討ち入りでは裏門を屋外で固める役であったが、じっとしてられず中に侵入し、二人を斬り倒し、吉良左兵衛に斬りかかった。左兵衛は逃げてしまったものの、別の一人と斬りあいをして倒す [] 。斬り合いのしすぎで刀がささらのようになり刃が無くなるほどだったという [] 。享年34 [] 。. 万治 2年( 年 )から父とともに出仕する。部屋住みの身分ながら、家禄とは別に庇蔭料1,俵が支給された。.

吉良が斬りつけられた際に抜刀しなかったため [7] この事件は「喧嘩」として扱われず [7] 、吉良には咎めがなかったのである。. すぐさま、浅野はその場に居合わせた 梶川与惣兵衛 が刀の鍔を押し留めた。其処へ駆けつけた方々に取り押さえられ、柳之間 [7] の方へと運ばれた。その際浅野はこう繰り返したという:.

2 12 []. [58] ! [] []. 314 421 3 [35] 19 5 [35] [35]. [] [] .

吉良上野介とは何者か

その根拠は、松之大廊下は将軍や御三家、勅使などの特別に地位の高い人が通る場所で高家の吉良が通れる場所ではない事と、赤穂浪士切腹直後に書かれた『易水連袂録』に「浅野と吉良が柳之間で言い争いをした後に吉良が廊下を逃げていき御医師之間の前で浅野が刃傷に及んだ」という趣旨の事が書かれている事である [] 。. にもかかわらず『易水連袂録』に柳之間から御医師之間へ続く廊下で刃傷が起こったと書いてあるのは、柳之間と御医師之間がそれぞれ浅野を目付に引き渡した場所と吉良が他の高家に引き取られた場所なので、それが混同されたものであろう [] 。そもそも吉良と浅野は『易水連袂録』の記述とは異なり口論をせずに急に斬りかかっている [] 。おそらく、「口論の上刃傷に及んだ」という分かりやすいシナリオが俗説として流布した結果、大名や勅使が控える故に口論しにくそうな松之大廊下よりもより自然な場所として柳之間の前の廊下で刃傷に及んだというシナリオが流布されたのであろう [] 。.

おすすめ歴史・時代小説 本棚ストーリー. この屋敷替えに合わせるように、8月21日、 大目付 の 庄田安利 、高家肝煎の 大友義孝 、書院番士の 東条冬重 など、義央に近いと見られた人物が「勤めがよくない」として罷免されて小普請編入となっている。.

[] [] [] []. 2 [] [] [].   4. 23m.

「忠臣蔵」で敵役として描かれる、吉良上野介とは

朝日は当時名古屋にいたため、全国的に広まった噂だったとみられる [] 。. 本事件を 元禄赤穂事件 (げんろくあこうじけん)と呼ぶ本もあるが [1] 、専門家の書いた本では全て「赤穂事件」で統一されている [2] ので、本稿では「赤穂事件」と表記する。. 裏門隊は吉良邸に入るとすぐに「火事だ!」と騒ぎ、吉良の家臣たちを混乱させた [89] 。また吉良の家臣達が吉良邸そばの長屋に住んでいたのだが、その長屋の戸口を鎹(かすがい)で打ちつけて閉鎖し、家臣たちが出られないようにした [89] 。 吉良邸には人ほど家来がいたが、実際に戦ったのは40人もいなかったと思われる [89] 。.

[]. [] [] []. 16 [] [] [] [] [] [] []. [] [] .

知っておきたい:

コメント

  1. このとき大石は次席家老の大野九郎兵衛と相談し、広島の浅野本家に不足分の金の借用を頼むことにしたが、広島藩は藩主が不在であることを理由にしてこれを断っている [39] 。この件に限らず広島藩は、自藩に累が及ぶのを恐れ、赤穂藩に一貫して冷ややかな態度をとり続けている [39] 。.
  2. 吉良上野介が上杉家を乗っ取るために 上杉綱勝 を毒殺し、吉良の息子の三之助に上杉家を継がせたという俗説がある。. 細川綱利 は切腹跡についた血を清掃しようとする藩士に対して清掃する必要なしと指示している [] [] 。さらに綱利は「彼らは細川家の守り神である」として17士の遺髪を分けて頂き供養塔や墓を建て [] 、切腹場所を屋敷の名所として残すように命じている。 しかし、綱利の血筋が絶えたこと、江戸城中で細川宗孝が遺恨 [] により斬殺され加害者の遺臣が健在だったこと、浅野氏と不仲の伊達家が御家断絶の危機を救う恩人になったこと、など様々な事情が重なり綱利の遺言は守られなかった [] 。明治に入ってからも細川邸跡はそのまま放置された状態だったが、第二次大戦後は徐々に整備され、現在は「大石良雄等自刃ノ跡」が 道路 脇にあり、公営住宅の 門 に「大石良雄外十六人忠烈の跡」 顕彰碑 が設置されている [] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |