この 世界 は なん な のか

公開日: 25.01.2020

さて この形而上学的なものはさて置き これらの物理学者や哲学者は 事実 非常に昔のアイデア -プラトーまで 立ち戻っています それは充足や繁殖力の原則 あるいは 現実が出来る限り満たさている 大いなる存在の連鎖です それは虚無から 出来る限り遠くに移されます. パルメニデスの弟子でエレア派の哲学者の一人である メリッソス ( 紀元前5世紀 の生まれ)はより分かりやすい形で次のような文を残している。.

この解答が持つ問題点として、ライプニッツ自身が一番深く悩んだのは「 悪の問題(Problem of evil) 」というものである [8] 。次のような問題である [9] 。. どんな種類の現実に我々は住みたいのか? 我々は特殊な現実に住みたいのか? もし我々が最もエレガントな 可能現実に住んでいるとしたら? エレガントであろうと その期待に応えようとする 我々の実存のプレッシャーを 想像してみてください あるいは もし我々が最も充実した 可能現実に住んでいるとしたら? すると 我々の存在は保証されるでしょう 何故ならすべての可能なことは 現実に存在しているのです しかし 我々の選択は意味をなさないでしょう もし私が本当に道徳的に苦しみもがき 正しい行いをしようと決めたら どんな違いが あるというのでしょうか そこには無限の私のバージョンが存在し そして正しい行いをし また 無限の数の私が 悪いことを行っているのです ですから私の選択は無意味で 我々はそんな特殊な現実に住みたくありません 無の特殊な現実については もうお話しすることはないでしょう ですから この平凡でありきたりの 現実に住むということは 良いことも嫌なこともありますが 我々は良いことはもっと多く そして嫌なことはもっと少なくすることで 人生の目的のようなものを得るのです 宇宙は滑稽ですが 我々はまだ目的を掲げることができ それはとても良いモノで 全体的な現実の平凡さのようなものは 我々の存在のコアで感じるような平凡さと きちんと共鳴しているのです 皆さんも感じておられるはずです 皆さんは全員特別なのですが ある種 密かに平凡なのです そうですよね? (笑)(拍手).

Details About the talk. なくしてたと思ったものが、思わぬところから出てくる。 その現象だけ切り取れば、それはたしかによくある失敗談であり、人騒がせな間抜けの症例でしかない。そう思われても仕方がない。 しかし、そうではない。 この記事のタイトルにもう一度戻ろう。. 多世界論 (英文:Many worlds theory)を用いて解答する立場がある。多世界論という結論に至るまでのステップは少し長いが次のようになる。まずこの問いが「無を特別扱いしている」点についての考察がある。つまりこの問いは基本的に 二分法 の構造を持っており、無と有を対比させた上で、無は自然で普通であり説明の必要のないもの、そして有であることは説明が必要な特異な事態である、こういう暗黙の前提が置かれた状況で問いが投げかけられている。しかし無が普通である、自然であるという直感には取り立てて具体的な根拠はない。この無を非平等的に扱っている点はしばしば指摘されるが、この「無の特別扱い」をやめた上で世界のあり方についての説明を模索し直した時に現れるのが多世界論である。世界について可能であったあり方に関して考えると、無は確かにあらゆる可能性の中で一番シンプルではある。しかし観測結果は無であることを否定する。つまり私たち自身の経験的な観測結果により世界が無であることは否定される。こうして世界が「無( nothing )」であることが棄却されたその後、残りの可能性の中で最もシンプルである世界のあり方を考えると、それは「すべて( everything )」、つまりあらゆるものが存在すること、となる [注釈 10] 。こうして「論理的に 矛盾 のない宇宙」すべてが存在するだろう、という結論が導かれる。私たちが今いるこの宇宙は、無限個に存在しているありとあらゆる宇宙の中の、一つである。哲学者のロバート・ノージックは「すべてが在る」という考え方を「豊饒性の原理(principle of fecundity)」と名づけ、そうした解答の可能性について分析を行った。 様相論理学 の分野で議論される 様相実在論 (modal realism:あらゆる 可能世界 は実際に存在するという主張)も、基本的に同等の内容を持っている。.

これは「 無からは何も生じない 」の原理と言われる。.

[15] .

ベルクソンは多くの人がこうした考え方、すなわち「存在を無の征服」として捉える考え方をするようになる原因を、人間の 生態学 的なあり方に求めた。.

この記事が入っているマガジン

詳細は「 充足理由律 」を参照. 詳細は「 無限後退 」を参照. 毒矢が刺さって医者の治療を必要としている人が次のように問い質す。誰が毒矢を打ったのか、どんな身分のものが打ったのか、どんな弓を使って打ったのか、と。しかし誰が毒矢を打ったのであれ、どんな弓を使って打ったのであれ、真っ先になすべきことは毒矢を抜いて医者による治療を受けることである。そうした事を知ってからといって毒が消えるわけではないし、また答えを知るまで毒矢を抜かないというのであれば、問いへの答えをすべて知る前にどうせこの者は死んでしまうだろう。同様に世界が永遠であるかないか、宇宙が無限に広大であるかないか、そうした問いの答えを知ったところで生の 苦 は変わらずあるし、また答えを知るまで何もしないと言ってみても、問いへの答えをすべて知る前にどうせあなたは死んでしまうだろう、と。.

初期仏教 (仏陀自身が語った内容を中心とする教義)の中には、宇宙論的・形而上学的な考察はほとんど出てこない。しかしこれはこうした問題を仏陀が知らなかったという事ではなく、問題があることを知ったうえで、なおそれを扱わなかった。. この問いは無と有を対比させた上で「無でもよかったはずなのに、なぜ有なのか?」と問う形になっている。しかしそもそも無は本当に可能なのか?という点ははっきりせず、この点はしばしば議論の的となる。ここで「無は可能である」と考える立場は 形而上学的ニヒリズム (Metaphysical Nihilism)と呼ばれるが、この形而上学的ニヒリズムの立場を否定する、つまり「そもそも無は不可能である」、「何も無いような状態など実現不可能である」と言うことで何かがあることの必然性を主張する方法がある。こうした主張をした人物として デイヴィッド・アームストロング 、 デイヴィッド・ルイス などがいる [59] 。.

そしてゴミ出しに行く私は恐妻家。 とにかく言葉は正確かつ慎重に扱わなくてはいけない。言葉によって世界は解釈され直し、いくらでも再構成されるのだから。 そういうわけで、私は断じてカギをなくして慌てふためく間抜けな男ではない。消失したカギを再構成した男なのである。 何故なら「世界は仮想現実だ」と証明されたのだから。それに基づいて考えれば、そういうことになる。いや、そうとしか考えられない。だって昨日もあんなに必死で探したのに出てこなかった。もちろんカバンの中だって何度も。それでも見つからなかった。そして今朝になって突然出現。これはやはり私自身が現実を書き換えたに違いない。そんなことが出来るというのは、つまり「この世界が仮想現実」だから。計らずして私はそれを証明してしまった。書いていて自分でも論理がループしているようにも感じるが、そうなのだから仕方ない。.

この問題を現在 議論されている形で初めて明確に定式化したのは、 17世紀 のドイツの哲学者 ゴットフリート・ライプニッツ ( 年 - 年 )である。ライプニッツは 年 の著作「事物の根本的起原」および 年 の著作「理性に基づく自然と恩寵の原理」で、存在の根拠を探る問題としてこの問いを定式化した。.

  • さて、もともと人間には虚構と現実を混同する性質がある。 だから物語や宗教、あるいは他者という存在全般に対しても臨場感を持ち、感情を移入することができる。それによって人類社会は発展してきた。そう考えると虚構と現実の区別なんてもとより曖昧だ。 宇宙だって虚構かもしれない。そこに存在している人間が虚構なのも当然で、その人間それぞれに宇宙がさらに内包されて、これはなんというフラクタル。手塚治虫の『火の鳥』的なコスモゾーン。あれだって虚構とは思えないほどにリアルな設定、そして説得力。そんな考えも止まらなくなる。.
  • この問いは無と有を対比させた上で「無でもよかったはずなのに、なぜ有なのか?」と問う形になっている。しかしそもそも無は本当に可能なのか?という点ははっきりせず、この点はしばしば議論の的となる。ここで「無は可能である」と考える立場は 形而上学的ニヒリズム (Metaphysical Nihilism)と呼ばれるが、この形而上学的ニヒリズムの立場を否定する、つまり「そもそも無は不可能である」、「何も無いような状態など実現不可能である」と言うことで何かがあることの必然性を主張する方法がある。こうした主張をした人物として デイヴィッド・アームストロング 、 デイヴィッド・ルイス などがいる [59] 。.

p. [72] [73]. Principle of Insufficient Reason Principle of indifference [62] 20 [63]. creatio ex nihilo creatio ex materia.

未来のある時点で、現実と仮想現実との区別はつかなくなる

とにもかくにも、そういうわけで 「世界は仮想現実である」 と証明された。 異論、反論あるかもしれない。しかし私はTHE文系クソ野郎であるから、ちゃんとした数式とか理論とかそういうことは大変によく分からない。だから細かく突っ込まれたり、理路整然と反論されても困るからしないで。.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. たとえば 年 に ヴァチカン で イエズス会 主催で開催された宇宙論会議である。当時の教皇 ヨハネ・パウロ二世 ( 年 - 年 )は、招かれた専門家らと会議の終わりに接見するなかで、次のように語ったと言われる。. 詳細は「 ナマの事実 」を参照.

20 4. 9 16 -.     .

この世界の真実に気づいた瞬間 4選

さて まさに我々が 取り掛かろうとしている 存在の謎や存在の難問について それから 何故皆さんが注意を払うべきか -そうして頂くことを望んでいますが それらについてお話しましょう 哲学者のアルトゥル・ショーペンハウアーは 己の存在 世界の存在の測り知れなさに 思いを巡らせない者は 低能だと言いました やや辛辣ですが 言い得て妙(笑) ですので これは最も崇高で 荘厳な謎- 人類が提起できる 最も深遠で壮大な 問いかけで 偉大な思想家を 悩ませ続けています 恐らく20世紀で最も偉大な哲学者 ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタインは 世界はまごうことなく あるべきことに驚嘆しました 彼は『論理哲学論考』の命題4. 初期仏教 (仏陀自身が語った内容を中心とする教義)の中には、宇宙論的・形而上学的な考察はほとんど出てこない。しかしこれはこうした問題を仏陀が知らなかったという事ではなく、問題があることを知ったうえで、なおそれを扱わなかった。.

ライプニッツの解答は神学的なものとなっている。現代の常識から考えれば、哲学的問題に解答するのに学者がこのように明け透けに神の概念を持ち出して答えることは考えられない。しかしライプニッツが生きていた時代はそうではなかった。たとえばライプニッツの同時代人で、ライプニッツと 微分法 の第一発見者の立場を巡って争った ニュートン も、 年 に出版した『 自然哲学の数学的諸原理 』という書を、神が作成した宇宙の仕組みを理解しその偉業を称えるため、といったある種の宗教的な側面を持って執筆していた(この書の内容は現在は ニュートン力学 と呼ばれ、物理学の課程で教えられるものとなっている)。ライプニッツが行ったような神学的な議論を行うことへの批判は、後にカントにより強く主張される。カントの批判は以降の哲学の歴史に大きい影響を与え、以降ライプニッツが行ったような形の議論は哲学の中から消えていく(神学の中で生き残る)。このカントによる批判についての解説は次の節に譲り、ここではライプニッツ自身が自分の解答に関して一番悩んだ問題点、「悪の問題」について解説する。.

  • こうして神は必然的に存在するとした。そしてその神様が世界を作ったとすることで「なぜ世界が存在するのか」という問いへの解答とした。そして後者の問い「なぜ世界はこうなっているのか」という問いには、同じく充足理由律を元に「あらゆる可能性の中からこの世界が選ばれたことには理由があるはずである」として「神があらゆる可能世界の中から最も良い世界を選んでこの世界を現実化した」という最善説を解答とした。これらの解答の中で出てきたアイデアのうち、ライプニッツのオリジナルに当たるアイデアは 最善説 のみである。.
  • これは「 無からは何も生じない 」の原理と言われる。.
  • 詳細は「 カテゴリーミステイク 」を参照.
  • 詳細は「 存在論的ニヒリズム 」を参照.

[69]. Analytic Metaphysics. Emanationism.

このクリエイターの人気記事

さあ、どうだろう。 君は「なんだよ」と一気に白けて、プラウザの戻るボタンなど押そうとしているかもしれない。それから誰か他の人気アカウントのライフハック記事だとかほっこり日常マンガ、リリカル私小説めいた日記などのお気に入りを巡回、あるいは休日の日中からエロサイトに飛んで行こうとしているかもしれない……ちょっと待った! 君はそのクリックあるいはタップをとどまり、このページをスクロールすべきだ。私は大変に重要なことを語ろうとしている。ほんとだよ。.

投稿するときのお願い: ・他人に読んでほしいなら、なおさら簡潔に書こう ・自分の宣伝は自分のサイトでやろう ・反対意見は歓迎ですが、挑発的な態度はやめよう ・ここにある疑問は、人類にとっての超難問です。「わからないことは誰かに聞けばいい」という態度では何も解決しません。書き込む前に、自分の頭でよく考えてみましょう。.

また有名な無神論者の一人であるアメリカの神経科学者サム・ハリス( Sam Harris 、 年 - )は次のような形の批判を行っている。.

ontological cost [66] .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |