オーバー フェンス 小説

公開日: 15.07.2020

All rights reserved. また、同じくバッターボックスでの「ここまで来てどうもこうもあるか」という主人公の心の中のせりふ、これが、自分の結婚の状況、函館にもどってきた 職業訓練 校での自分の人生全般の状況、 ソフトボール 大会の試合の状況、すべてにかかっているところあたりもうまい。. オダギリ: はい。蒼井さんがそこ(キャストが食事をしている場所)にたまに来ると「花」が咲くんですよ(笑)。男ばっかりですからね。.

引用するにはまずログインしてください ログイン 閉じる. また、同じくバッターボックスでの「ここまで来てどうもこうもあるか」という主人公の心の中のせりふ、これが、自分の結婚の状況、函館にもどってきた 職業訓練 校での自分の人生全般の状況、 ソフトボール 大会の試合の状況、すべてにかかっているところあたりもうまい。. 佐藤泰志 の短編集「黄金の服」(「オーバー・フェンス」を含む)のあらすじと感想です。 佐藤泰志 の小説を読んだのは初めてだったのですが、とてもよかったです。. 蒼井優(以下、蒼井): 私は両方とも見ています。ただ3部作と言われても、同じ監督ではないし、そもそも原作から台本になった段階で違うものだから、演じる側としてはあまり意識していません。見てくださるお客さんにとっては、佐藤泰志さんの世界が監督によってこれだけカラーが違うということが楽しみになるのだとも思いますが。.

引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる. オダギリ: 山下監督は学年がひとつ下ですが、僕と同年生まれ。僕が20代の頃、仕事を始めたときから山下監督の存在は気になっていました。今回の作品に取り組むに当たって、40歳の節目に同世代の監督と同世代を主人公にした物語をつくるということに、僕はとても意味を感じました。だから、白岩という役に対しても、僕と監督が表現したい役柄にしようと思いました。特に2人で話を深めたわけでもなかったですが、白岩という男がどこか物足りないと感じているこの状況を、僕は僕で深めてみたい、そう意識してやっていました。その結果として、山下監督や僕が感じることだったり、今だからできたことが素直に映し出されたのではないかと思っています。.

205 ? 41 .

オーバー・フェンス あらすじ。 妻に見限られ故郷に戻った男が、溌剌と生きることを諦めて親家族とも会わずに飲みにも出かけずにいるところへ、 職業訓練 校の近からず遠からずの距離感の仲間たちと ソフトボール 大会に出ることや、ある女性「さとし」との出会いがあり。 男は、溌剌と生きる希望を見出せるのか? 平凡といえば平凡なあらすじ。 それなのに、淡々としたなかに光がみえる文章と、文章の絶妙なテンポ、あとはその語りの途中途中に少しずつはさまってくる辛い過去のせつなさや諦めや絶望の心情の描き方(基本的には前の結婚がうまくいかなくなったことの追憶。離れて暮らす娘のベビー靴が本来は自分の玄関にあるはずなんだという文章。夫婦がうまくいかなくなったときの出来事の追憶などなど)が、もう、素晴らしい。 バッターボックスのシーンで急に入ってくる一文「もうはっきりしていることは、僕自身二度と娘の顔をみることはないということだった」。このあたりの大事な一文の入れ方、文章のテンポが、主人公の思考回路や感情の昂りを読み手にも感情移入させることに一役買っていると思う。 また、同じくバッターボックスでの「ここまで来てどうもこうもあるか」という主人公の心の中のせりふ、これが、自分の結婚の状況、函館にもどってきた 職業訓練 校での自分の人生全般の状況、 ソフトボール 大会の試合の状況、すべてにかかっているところあたりもうまい。 さとしに惹かれ変わっていった点も、説得力がある。さとしには最近中絶したという出来事があり傷を負っているということで、自分とのさとしの共通点がある。また、さとしが彼自身をあるがままに理解したり認めてくれたりしている様子をさりげないせりふなどで見せている。.

蒼井: 自分が気を遣えないばかりにきっとオダギリさんに気を遣わせてしまっただろうなと思っていて……。それ以降、お会いすることもなかったし、共演がないってことはもう二度とご一緒することはないんじゃないかなと思っていたんです。. Q: 故・佐藤泰志氏の原作による3部作の最終章と言われている本作ですが、出演されるに当たって、前2作を意識されましたか?.

佐藤泰志 の文章から洩れる「光」 映画「オーバー・フェンス」が素晴らしかったので、原作を読んでみたら、原作のほうがもっとすごかった、というお話です。 「黄金の服」というこの短編集には、表題作の「黄金の服」、映画化された「オーバー・フェンス」、そして「撃つ夏」の計3作品が収録されています。 中でも「オーバー・フェンス」と「黄金の服」は作者の独特な作風である、暗く地を這うようでありながらそこに澄んだ風や輝く光がみえるような、そんな美しさに溢れている作品でした。 (両作品とも 芥川賞 候補になりました) 個人的に、一番よかった小説は「オーバー・フェンス」です。 私自身は外国文学を好みがちで、日本人作家では 夏目漱石 と 村上春樹 だけが別格に好きです。その他の戦後の日本人作家もたくさん読みましたが、それほど好きになれる作家はいませんでした。 しかし、この 佐藤泰志 の作品には心を奪われました。 なんというか、 梶井基次郎 「 檸檬 」や サリンジャー の短編小説を読んだときの感覚に近い気がしました。それが一体なんなのか、正確に表現することが難しいのですが、小説や文章から木洩れ日のように見える「光」と、それからまさに「ひりつくような痛みや脆さ」の感覚だと思います。.

それなのに、淡々としたなかに光がみえる文章と、文章の絶妙なテンポ、あとはその語りの途中途中に少しずつはさまってくる辛い過去のせつなさや諦めや絶望の心情の描き方(基本的には前の結婚がうまくいかなくなったことの追憶。離れて暮らす娘のベビー靴が本来は自分の玄関にあるはずなんだという文章。夫婦がうまくいかなくなったときの出来事の追憶などなど)が、もう、素晴らしい。 バッターボックスのシーンで急に入ってくる一文「もうはっきりしていることは、僕自身二度と娘の顔をみることはないということだった」。このあたりの大事な一文の入れ方、文章のテンポが、主人公の思考回路や感情の昂りを読み手にも感情移入させることに一役買っていると思う。. 蒼井: 私はあそこのシーンがとても好きなんです。大量に白頭鷲の白い羽根が落ちてくる……。山下さんって、大きなファンタジーをつくるイメージがあったんですけど、そのシーンは実はスタッフ全員からアイデアを募ってつくったシーンで。プロデューサーが「今回の映画は全員野球だ」って言っていました。ちなみに、羽根のアイデアはメイクの方のアイデアでした。.

  • Q: 白岩が通う職業訓練校にはとても個性的なキャラクターが揃っていますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?. 蒼井優(以下、蒼井): 私は両方とも見ています。ただ3部作と言われても、同じ監督ではないし、そもそも原作から台本になった段階で違うものだから、演じる側としてはあまり意識していません。見てくださるお客さんにとっては、佐藤泰志さんの世界が監督によってこれだけカラーが違うということが楽しみになるのだとも思いますが。.
  • 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる.

2030. ……2010130. All rights reserved. 41 .

All rights reserved. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. オダギリジョー(以下、オダギリ): 僕は前の2本は見ていないんです。だから3作目という意識はなかったし、佐藤さんについても全く知らない。山下監督で作品を撮るという話と函館が舞台ということ。それだけで純粋に台本も読みました。.

美しいもの。本、映画、音楽、そしてそのほか雑文

Q: 白岩が通う職業訓練校にはとても個性的なキャラクターが揃っていますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?. Q: 愛に対してとても不器用な男女のラブストーリーですが、とてもリアルで生々しくも感じられます。どういうところを大切に演じようと思われたのでしょう。. 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. オダギリジョー(以下、オダギリ): 僕は前の2本は見ていないんです。だから3作目という意識はなかったし、佐藤さんについても全く知らない。山下監督で作品を撮るという話と函館が舞台ということ。それだけで純粋に台本も読みました。. オダギリ: 蒼井さんは20代で僕は30代、年も離れていたせいか、何を話せばいいかわからなくて、同じ控室にいてもほとんど話せませんでしたね(笑)。.

  • この小説は、あらすじはあってないようなものだと思う。 20代の男女入り混じりの5人のグループが、毎日泳いで、飲んでを繰り返す夏の日。恋愛事件や数日間の旅行のようなものもある。そんな中、主人公たちの「何者にもなれない焦り」や「生きていながら死んでいるも同然という諦念の客観視」などの心情が描かれていく。.
  • オーバー・フェンス あらすじ。 妻に見限られ故郷に戻った男が、溌剌と生きることを諦めて親家族とも会わずに飲みにも出かけずにいるところへ、 職業訓練 校の近からず遠からずの距離感の仲間たちと ソフトボール 大会に出ることや、ある女性「さとし」との出会いがあり。 男は、溌剌と生きる希望を見出せるのか? 平凡といえば平凡なあらすじ。 それなのに、淡々としたなかに光がみえる文章と、文章の絶妙なテンポ、あとはその語りの途中途中に少しずつはさまってくる辛い過去のせつなさや諦めや絶望の心情の描き方(基本的には前の結婚がうまくいかなくなったことの追憶。離れて暮らす娘のベビー靴が本来は自分の玄関にあるはずなんだという文章。夫婦がうまくいかなくなったときの出来事の追憶などなど)が、もう、素晴らしい。 バッターボックスのシーンで急に入ってくる一文「もうはっきりしていることは、僕自身二度と娘の顔をみることはないということだった」。このあたりの大事な一文の入れ方、文章のテンポが、主人公の思考回路や感情の昂りを読み手にも感情移入させることに一役買っていると思う。 また、同じくバッターボックスでの「ここまで来てどうもこうもあるか」という主人公の心の中のせりふ、これが、自分の結婚の状況、函館にもどってきた 職業訓練 校での自分の人生全般の状況、 ソフトボール 大会の試合の状況、すべてにかかっているところあたりもうまい。 さとしに惹かれ変わっていった点も、説得力がある。さとしには最近中絶したという出来事があり傷を負っているということで、自分とのさとしの共通点がある。また、さとしが彼自身をあるがままに理解したり認めてくれたりしている様子をさりげないせりふなどで見せている。.
  • All rights reserved.
  • オダギリ: はい。蒼井さんがそこ(キャストが食事をしている場所)にたまに来ると「花」が咲くんですよ(笑)。男ばっかりですからね。.

205. Q 32. 2030.

原作「オーバー・フェンス」(佐藤泰志)

蒼井: だから、今回オダギリさんとどういう距離感で、松田翔太くんとかとどんなチームになるのか、想像もできなかったんですけど。とにかく作品として、そこに呼ばれたということで、「ああ、この世界にいてよかった」と思いました(笑)。. 引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. それなのに、淡々としたなかに光がみえる文章と、文章の絶妙なテンポ、あとはその語りの途中途中に少しずつはさまってくる辛い過去のせつなさや諦めや絶望の心情の描き方(基本的には前の結婚がうまくいかなくなったことの追憶。離れて暮らす娘のベビー靴が本来は自分の玄関にあるはずなんだという文章。夫婦がうまくいかなくなったときの出来事の追憶などなど)が、もう、素晴らしい。 バッターボックスのシーンで急に入ってくる一文「もうはっきりしていることは、僕自身二度と娘の顔をみることはないということだった」。このあたりの大事な一文の入れ方、文章のテンポが、主人公の思考回路や感情の昂りを読み手にも感情移入させることに一役買っていると思う。.

……2010130.

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |