人間 失格 小説

公開日: 05.02.2020

最終更新 年4月22日 水 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. ウィキポータル 文学. おすすめ小説一覧 おすすめ一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事.

この書き出しから始まる。「自分」は人とはまったく違う感覚を持っており、それに対して混乱し発狂しそうになる。それゆえにまともに人と会話が出来ない「自分」は、 人間 に対する最後の求愛として道化を演じる。だが、その言い争いも自己弁解もできない「自分」の本性は、女中や下男に犯されるという大人たちの残酷な 犯罪 を語らず、力なく笑っている人間であった。結果的に「自分」は欺きあいながら、「清く明るく朗らかに」あるいは生きうる自信を持つ人間たちに対する難解さの果てに誰にも訴えない 孤独 を選んでいた。. 高等学校を退学になり、ヒラメの家に居候をしていた葉蔵。生活をどうしていくのか詰問された彼は、逃げ出してしまいます。 ここでも女性に頼り、シヅ子の家に転がり込むのです。彼女は娘と2人暮らしでしたが、彼を含めて3人で暮らしていくことに。雑誌記者である彼女のつてで漫画家として働きますが、徐々に酒や煙草に溺れていくようになります。 母娘の幸せを邪魔してはいけないと感じた彼は、アパートを出てスタンド・バアを営むマダムのところへ転がり込みます。そこで出会った人々は優しく、これまで出会った者たちのように彼を脅かすこともありません。彼は、世間は自分が思っていたようなものではないと感じるようになりました。 1年が過ぎ、バアの向かいにある煙草屋の娘・ヨシ子と親しくなり、結婚を決めます。内縁の妻として彼女と一緒に暮らし始めた彼でしたが、そんななかで彼女に大きな悲しみが訪れます。 人を疑うことを知らなかった彼女は、家に訪れた商人の男に犯されてしまうのです。それ以来彼女は、信頼の天才とも呼ばれていた純真無垢な心が失われ、彼の行動に逐一怯えてしまうのでした。そのショックから、彼はまたも酒に溺れていきます。 ある日、彼女が購入した大量の睡眠薬を見つけた彼は、その場で薬を飲み干し自殺を試みます。しかし、三昼夜寝た後、死に切れず目を覚ましました。その後麻薬に溺れた彼は、堀木とヒラメによって病院へ連れて行かれます。 サナトリウム(療養所)に連れて行かれるとばかり思っていた彼は、行先が脳病院(精神に異常をきたした人が入る施設)であることに愕然とします。他人からそうしてみられてしまうということは、自分は狂人であり、人間として失格なのだ、と悟るのでした。.

この作品は、第三者目線で語られる「はしがき」「あとがき」と、第1の手記、第2の手記、第3の手記からなる。 主人公の葉蔵は、人間の営みが理解できない。 そのため、生活の中で人と関わることが恐怖でしかなかった。 そこで思いついたのが、本当の自分の気持ちを押し殺して「道化」を演じることであった。 道化を演じているうちは、他者と問題なく接することができ、葉蔵自身も周囲から面白い子どもとして受け入れられた。 だがしかし、中学に上がった頃から、周囲の人間は自分の道化に気付いているのではないかという疑惑に陥り、戦々恐々と日々を過ごすようになる。 その恐怖から抜け出すために、葉蔵は酒と煙草と女と薬に溺れ始める。 精神状態は混乱を極め、ついには心中未遂や自殺未遂を幾度となく図る。 一度は幸せな結婚をし、幸福を手に入れた葉蔵であったが、その女が出入りしていた商人に犯されたことをきっかけに再び葉蔵は不安定になり、最後は迎えに来た引受人によって精神病院に収監される。 そこで葉蔵は、「人間、失格」だと感じさせられるのであった。.

名前空間 ページ ノート. 葉蔵は小さい頃から、他人が何をどう感じているのかが理解できない子どもでした。空腹であるとか、他人の幸福という観念が、自分が感じる幸福というものとまるで違うと感じていました。みんな何を考えて生きているのだろう?自分とはまったく違うのだろうか。そう考えていくとわからなくなり、不安と恐怖に襲われるばかりでした。 そこで、子どもの頃から自分を「道化」として偽ることにしたのです。肉親たちに口答えもせず、常に笑って他人の目を気にしておどけた道化を演じることで、その不安を隠そうとしました。ひょうきんなことを言い、結果、皆にはお茶目な子だと認めさせることに成功します。 しかし全てが演技で、それがばれては怒られると思い込んでいた彼は、下男や女中に性的な暴力を受けても黙って受け流していました。 「なぜみんな、実は欺きあっているのに表面上は傷ついてないよう、明るく朗らかに振舞っているのだろうか?他人が理解できず、自分が感じていることは異端なのではないか。」 そう考えてしまう彼は、ますます自分の孤独を感じながら、やがて中学校へ上がります。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. ポータル 映画 プロジェクト 映画.

2740. 613 .

「人間失格」の作品情報

二、だが、 罪 の 対義語 について堀木と対話するなかで、 フョードル・ドストエフスキー の『 罪と罰 』が頭をよぎった直後、彼女は出入りの商人に犯される。「怒りでも無く、嫌悪でも無く、また、悲しみでも無く、物凄く、それも墓地の 幽霊 などに対する恐怖でもなく、神社の杉木立で 白衣 の 御神体 に逢った時に感ずるかも知れないような、古代の荒々しい恐怖感」と表現される凄惨な恐怖に襲われ、あまりの絶望に、 アルコール飲料 を浴びるように呑むようになり、ついにある晩、たまたま見つけた彼女が密かに用意していた 睡眠薬 を用いて、発作的にふたたび自殺未遂を起こす。. 中学校時代、「自分」は道化という自らの技術が見抜かれそうになり、恐怖する。その後、 旧制高等学校 において人間への恐怖を紛らわすために、悪友・堀木により紹介された 酒 と 煙草 と 淫売婦 と 左翼 思想とに浸った。これらはすべて、「自分」にとって醜悪に見える人間の営みから、ひとときの解放をもたらすものだった。.

人間失格のエピソードを、現代版にして描いた本作。 ストーリーは、ある男が葉蔵の日記をネットの掲示板で見つけるところから始まります。原作は昭和という時代背景もあり読みにくいところもあるかもしれませんが、こちらの作品は現代に合わせて描かれているので、とても入り込みやすいです。 台詞やキャラ設定も現代風なのですが、葉蔵の語りはどことなく原作を思わせる文章。客観的な描写が続きながらも、要所要所で葉蔵の独白や原作の本文が入っていきます。 原作を少し読みづらいと感じたら、こちらを読んでみるとわかりやすいかもしれません。. しかし、急激に環境が変わることにつれてさまざまなしがらみから逃れがたくなり、結果として人妻との暖かな一夜ののちに、彼女と 心中 未遂事件を起こす。しかし、「自分」一人が生き残り、 自殺幇助罪 に問われる。結局、 起訴猶予 となり父親と取引のある男を引受人として釈放されるが、混乱した精神状態は続く。.

この作品は、第三者目線で語られる「はしがき」「あとがき」と、第1の手記、第2の手記、第3の手記からなる。 主人公の葉蔵は、人間の営みが理解できない。 そのため、生活の中で人と関わることが恐怖でしかなかった。 そこで思いついたのが、本当の自分の気持ちを押し殺して「道化」を演じることであった。 道化を演じているうちは、他者と問題なく接することができ、葉蔵自身も周囲から面白い子どもとして受け入れられた。 だがしかし、中学に上がった頃から、周囲の人間は自分の道化に気付いているのではないかという疑惑に陥り、戦々恐々と日々を過ごすようになる。 その恐怖から抜け出すために、葉蔵は酒と煙草と女と薬に溺れ始める。 精神状態は混乱を極め、ついには心中未遂や自殺未遂を幾度となく図る。 一度は幸せな結婚をし、幸福を手に入れた葉蔵であったが、その女が出入りしていた商人に犯されたことをきっかけに再び葉蔵は不安定になり、最後は迎えに来た引受人によって精神病院に収監される。 そこで葉蔵は、「人間、失格」だと感じさせられるのであった。.

葉蔵は小さい頃から、他人が何をどう感じているのかが理解できない子どもでした。空腹であるとか、他人の幸福という観念が、自分が感じる幸福というものとまるで違うと感じていました。みんな何を考えて生きているのだろう?自分とはまったく違うのだろうか。そう考えていくとわからなくなり、不安と恐怖に襲われるばかりでした。 そこで、子どもの頃から自分を「道化」として偽ることにしたのです。肉親たちに口答えもせず、常に笑って他人の目を気にしておどけた道化を演じることで、その不安を隠そうとしました。ひょうきんなことを言い、結果、皆にはお茶目な子だと認めさせることに成功します。 しかし全てが演技で、それがばれては怒られると思い込んでいた彼は、下男や女中に性的な暴力を受けても黙って受け流していました。 「なぜみんな、実は欺きあっているのに表面上は傷ついてないよう、明るく朗らかに振舞っているのだろうか?他人が理解できず、自分が感じていることは異端なのではないか。」 そう考えてしまう彼は、ますます自分の孤独を感じながら、やがて中学校へ上がります。.

2740. honcierge.

人気小説を無料で読む方法|U-NEXTで話題作が無料で読める?

中学校時代、「自分」は道化という自らの技術が見抜かれそうになり、恐怖する。その後、 旧制高等学校 において人間への恐怖を紛らわすために、悪友・堀木により紹介された 酒 と 煙草 と 淫売婦 と 左翼 思想とに浸った。これらはすべて、「自分」にとって醜悪に見える人間の営みから、ひとときの解放をもたらすものだった。. 上にも記したとおり、葉蔵は他人が何を感じているのか理解できない子どもでした。そして自分の感じていることと、他人が感じていることが違うと気づいたために、自分自身に道化の仮面をかぶらせることにしたのです。おかげで、どの人たちからもよい子でひょうきん、人を笑わせることが好きな子どもというイメージを持たれることに成功します。 ここでは、他人が理解できない彼の恐怖が描かれています。誰しも多感な時期を過ごすにあたって「他人の考えてることがわからない」「人と自分が感じてることが違うのでは?」と恐怖したこともあるのではないでしょうか。そういった感情は決して彼だけが感じるものだけではないはずです。 しかし彼は大人や周りの人間に近づくため、そして自分が恐怖していることを悟られないために、道化となります。他人の目を気にすること、誰かの期待したとおりの自分になるということは、読者にとって共感できるところではないでしょうか。 「恥の多い人生を送ってきました」という始まりで入る彼の人生語りですが、もしかしたら幼少期のそれらは、みんな多かれ少なかれ感じてきた感情なのではないかと感じられます。 こちらの作品は、読まずに聞けるオーディオブックで楽しむことができます。今なら30日間無料! 「ながら聞き」ができるので、「最近、本を読む時間が取れない」方や「もっと手軽に楽しみたい」方におすすめです。.

生田斗真 伊勢谷友介 寺島しのぶ 石原さとみ 小池栄子 坂井真紀 室井滋 石橋蓮司 森田剛 大楠道代 三田佳子.

422 UTC - Cookie. 523 B5 7 .

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

上にも記したとおり、葉蔵は他人が何を感じているのか理解できない子どもでした。そして自分の感じていることと、他人が感じていることが違うと気づいたために、自分自身に道化の仮面をかぶらせることにしたのです。おかげで、どの人たちからもよい子でひょうきん、人を笑わせることが好きな子どもというイメージを持たれることに成功します。 ここでは、他人が理解できない彼の恐怖が描かれています。誰しも多感な時期を過ごすにあたって「他人の考えてることがわからない」「人と自分が感じてることが違うのでは?」と恐怖したこともあるのではないでしょうか。そういった感情は決して彼だけが感じるものだけではないはずです。 しかし彼は大人や周りの人間に近づくため、そして自分が恐怖していることを悟られないために、道化となります。他人の目を気にすること、誰かの期待したとおりの自分になるということは、読者にとって共感できるところではないでしょうか。 「恥の多い人生を送ってきました」という始まりで入る彼の人生語りですが、もしかしたら幼少期のそれらは、みんな多かれ少なかれ感じてきた感情なのではないかと感じられます。 こちらの作品は、読まずに聞けるオーディオブックで楽しむことができます。今なら30日間無料! 「ながら聞き」ができるので、「最近、本を読む時間が取れない」方や「もっと手軽に楽しみたい」方におすすめです。.

ホラー漫画家である伊藤潤二の、漫画版『人間失格』は、かなりおどろおどろしいタッチで描かれています。原作にホラー要素を加えたものです。 漫画として仕上げながらも、要所要所で原文を差込み、うまく作者の表現と原作が融合している本作。人間への絶望や悲しみ、恐ろしさがきちんと表現されています。葉蔵の心情や心の闇が可視化され、より恐ろしく感じるかもしれません。 原作にはない竹一の自殺や下宿先の姉妹の殺害など、追加のエピソードも多く掲載。伊藤先生の独自の話は、葉蔵の人間不信をいっそう深く見せます。. あとがきにおいて、バアのマダムが葉蔵について語ります。葉蔵は道化を演じ、酒や左翼運動、麻薬にのめりこんだ自分の人生を「恥の多い人生」と語り、自分自身に「人間失格」の烙印を押します。しかし、マダムが彼を語るとき、けっしてそのようなことは言いません。 自分から見た評価が、そのまま他人からの評価であると信じて疑わなかった彼ですが、マダムが語った彼はどうも違うように思えます。 彼が抱えていた悩みや苦しみも、誰しもが他人には見せずにいる心の悩みと同じようなものだったのではないでしょうか。道化となった彼も、女や博打にはまった彼も、実は客観的に見れば皆と同じです。 たとえ自らのことを人間失格と言ったところで、他人からはそうでもなく見える。 自分と他人の目の違い、彼の弱さ、そして信じるということの大切さと脆さ。読み手の心情によって彼は本当に人間として失格だったのか?それを考えさせられる物語です。.

123 .

小説『人間失格』第1の手記あらすじ

なんとか助かったものの、その後は体が衰弱してさらに酒を呑むようになり、東京で大雪の降った晩ついに 喀血 する。薬屋で処方された モルヒネ の注射液を使うと急激に調子が回復したため、それに味を占めて幾度となく使うようになり、ついに モルヒネ 中毒にかかる。モルヒネ欲しさのあまり、何度も薬屋からツケ払いで薬を買ううちにのっぴきならない額となり、ついに薬屋の奥さんと関係を結ぶに至る。その自分の罪の重さに耐えきれなくなり、「自分」は実家に状況を説明して金の無心の手紙を送る。.

やがて、家族の連絡を受けたらしい引受人の男と堀木がやってきて、病院に行こうと言われる。行き先は サナトリウム だと思っていたら、 脳病院 へ入院させられる。そして、「断じて自分は狂ってなどいなかった」と主張しつつも、他者より狂人としての レッテル を貼られたことを自覚し、「自分」はもはや人間を失格したのだ、と確信するに至る。.

人間失格のエピソードを、現代版にして描いた本作。 ストーリーは、ある男が葉蔵の日記をネットの掲示板で見つけるところから始まります。原作は昭和という時代背景もあり読みにくいところもあるかもしれませんが、こちらの作品は現代に合わせて描かれているので、とても入り込みやすいです。 台詞やキャラ設定も現代風なのですが、葉蔵の語りはどことなく原作を思わせる文章。客観的な描写が続きながらも、要所要所で葉蔵の独白や原作の本文が入っていきます。 原作を少し読みづらいと感じたら、こちらを読んでみるとわかりやすいかもしれません。.

大葉葉蔵(おおばようぞう) 主人公。幼いときから人間の営みが分からず、「道化」で人を欺いて生きて来た。 竹一(たけいち) 葉蔵の同級生。葉蔵の道化を見破る。 堀木(ほりき) 葉蔵の悪友。葉蔵が酒や煙草や女にのめりこむきっかけを作る。 ヨシ子(よしこ) 煙草屋の娘。葉蔵の内縁の妻となる。.

613 .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |