ライブ アライブ 幕末

公開日: 07.05.2020

孤児院 「ちびっこハウス」に住む 超能力 をもつ少年 田所 晃 (タドコロ アキラ )は 喧嘩 に明け暮れる日々を送っていた。街では突然人が行方不明になる事件が多発しており、事件の裏では 暴走族 クルセイダーズと 陸軍 がつながっていた。その巨大な軍事力に立ち向かうため主人公たちは巨大ロボット「ブリキ大王」を動かそうと画策する。全体的に熱血感のあふれる内容である。. ハヤテから授かる忍び道具。Yボタンを押している間は地形に溶け込み、敵に接触してもエンカウントしなくなる。ついでに敵にも認識されなくなる。 ただし使用中移動は不能。また、これを使わないと斬ることが出来ない相手も多数居る。 最終編では使用不能。. ルクレチア王国で開かれた武闘大会。多くの戦士が戦っては倒れていく中、決勝戦に残ったのは王国随一の剣士オルステッドと、その親友でありライバルである魔法使いストレイボウだった。 (以下反転) そして決勝戦が始まろうとしたとき、王から衝撃の言葉が。優勝者には、王女アリシアに求婚する権利を与えるというのだ。 それはつまり、王亡き後の新しい王の座と同じものであった。.

しかしオルステッドはその夜、玉座の間に佇む魔王を目撃。 戦いを挑み止めをさすが、それは魔王に姿を変えられていた王であった。 王殺しの汚名を着せられ投獄される二人。 しかしウラヌスが自身の命を犠牲にしてオルステッドを逃がし、オルステッドは一人魔王山へ登る。.

影に生きる忍びの集団・炎魔忍軍(えんまにんぐん)は、大名・尾手 院王(おで いおう)の居城の動きを探っていた。そこへ尾手忍軍が維新の要人を誘拐したとの一報をうけ、炎魔忍軍頭目のハヤテはその救出に向かわせる者に若き忍者 おぼろ丸 を抜擢する。密命を受けたおぼろ丸は無事潜入に成功したものの、尾手城は人妖相まった魔窟であった。. 本作はメニュー画面が開ける状況であれば、ダンジョン内部や敵の目前など、どこでも セーブ が可能となっている。セーブブロックは全部で4か所だが、ゲームの進行状況は1つのセーブブロックにクリアデータを積み重ねていく方式で、1つの編をクリアするとその編のスタッフロールが流れ、セーブ画面を経た後、そのまま別のシナリオを選んでそこへ上書きしていくことになる。. 攻略本未記載、 発売から11年目 にして某掲示板で条件が確定された隠しイベント。 0人斬り、からくり丸を連れた状態で、城壁の屋根を画面向かって左に進み、行き止まりの三角の窓を調べると発生。 電源を入れた後放置すると見れるOPデモでそこ目指して移動しているのだが、まず結びつくわけがないのが普通である。 ネズミが二匹いて、片方が「けっこんおめでとり~」と言うと、もう片方がくしゃみをする。 すると爆発音と共に画面がホワイトアウトし、ネズミが二匹ともいなくなるというなにがなんだかさっぱりなイベントである。.

ポゴとゴリの関係はアニメ『 はじめ人間ギャートルズ 』のゴンとドテチンのようなイメージとなっており、開発中のゴリのコードネームも「ドテチン」であった [4] 。. 炎魔忍軍の頭目でおぼろ丸の上司。 とらわれの男を救出しないで城を出ると抜け忍イベントが発生。おぼろ丸は抜け忍として炎魔忍軍から追われる身となる。 次から次へと襲い掛かる炎魔忍軍の追っ手を倒し続けると、最終的にハヤテ自らがおぼろ丸の粛清に乗り出してくる。 頭目だけあってその実力は非常に高く、影一文字や忍法火の鳥といった高度な忍術を使いこなす。 魔神竜之介や岩間さまには及ばないものの、ラスボスよりは十分に強い。一対一で戦うため彼を倒すには綿密なレベル上げが必要。 正直おぼろ丸なんぞを任務に行かせるよりも、ハヤテ一人を行かせれば余裕で任務達成できるだろと思えるほどの実力者である。 なおハヤテを倒しても、結局ハヤテはおぼろ丸を道連れにしてゲームオーバーとなる。忍びの掟に逆らう者の末路は死のみ・・・。.

ストーリーそのものは要人救出というだけのものだが、多くの やり込み 要素が含まれている。城内には総勢名の人間が居り(人間以外はこの他にもいる)、戦って倒しても良いほか、Yボタンで使用できる「隠れ蓑」でやり過ごすこともできる。斬った人間の数や、見逃したキャラでイベントが左右され、アイテムの入手や技の習得に影響が出る。シビアな操作タイミングを要求される場面も多く、アクション要素も多い。現代編とは少しシステムが違うが、技の「ラーニング」要素もある。.

LV. HPBREAK DOWN. FF6 2 .

また、当時の ゲーム雑誌 「 ゲーム・オン! 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

Њ»‘г•ТЃuЌЕ‹­Ѓv

主人公である 高原 日勝 (たかはら まさる)は、あらゆる 格闘技 の要素を取り入れようとすることで最強を目指す。しかし同じ最強を目指す格闘家同士、おいそれと他人に技を継がせるようなことはない。そこで高原は、実戦の中で直接相手の技を受け、そこから技を学び取ろうとする。. 本作はメニュー画面が開ける状況であれば、ダンジョン内部や敵の目前など、どこでも セーブ が可能となっている。セーブブロックは全部で4か所だが、ゲームの進行状況は1つのセーブブロックにクリアデータを積み重ねていく方式で、1つの編をクリアするとその編のスタッフロールが流れ、セーブ画面を経た後、そのまま別のシナリオを選んでそこへ上書きしていくことになる。. 本作の幕末編には「魔神竜之介」と「岩間さま」という2体の隠しボスが登場するが、この2体はFF5の 神竜 と オメガ をモデルにしたとの説がある。 以下に列挙したような要素が、FF5のそれらと酷似しているのが主な理由。.

対戦相手の特定の攻撃を受けると主人公はその技を習得できる。このシステムは『 ファイナルファンタジーV 』の 青魔法 (ラーニング)と類似している。なお習得した技は、その技を受けた直後から使用および反撃による発動が可能になる。また、ある選手との試合では隠し技を得ることができる。シナリオ内で覚えなくても、最終編でレベルアップによって習得できる。. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

[5] ATB. [4] [5] .

Ђј•”•ТЃu•ъ˜QЃv

SFC: 32万本 [1]. VC: CERO : B (12才以上対象). ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. なお、このゲームではイベント上の演出以外では 店 や お金 に当たる物が登場せず、全ての アイテム はイベントや宝箱、戦利品などで入手することになる。.

"A"LIVE A VI "LIVE" "EVIL" .

目次 - Contents

尾手が現世に呼び出した亡霊。強者との戦いを何よりも望んでいる。 かつてのライバルである 佐々木小次郎 の技であるツバメ返しを二刀使用したりする。その射程から逃れるのは難しい。 …実は影一文字で石化可能。また、火の技を喰らうと攻撃パターンが限定されるというマニアックな要素も存在する。. オルステッドを主人公にすると、他の主人公は異世界へ連れて行かれることはない。しかし…… (以下反転) なんと異世界に連れて行くどころか、負ける前のオディオを操作して各編の主人公達を倒していくという、プレイヤーが悪となって正義?を粉砕するという珍しい展開が始まる。. 魔王とそれを倒した勇者の伝説が残るルクレチア王国。主人公の剣士 オルステッド は御前試合で優勝し王女アリシアに求婚する権利を得る。アリシアと共に愛を誓うものの、その夜アリシアは蘇った魔王に連れ去られてしまう。オルステッドは、ライバルであり親友でもある魔法使いストレイボウや、今は老いた伝説の勇者ハッシュ、僧侶ウラヌスと共に魔王山へと向かう。.

  • グラシャラボラス というザコ敵が登場。FFとは違い、巨人ではなく鵺のような和風デザインのキメラモンスター。.
  • 数々の強敵を倒し、魔王山の隠し部屋を見つけ、山頂へ登るオルステッド。 そこに待っていたのは死んだはずのストレイボウであった。 彼はハッシュが死んだとき魔王山の隠し部屋に気付き、魔法で落盤を起こして自身が死んだように見せかけ、山頂に登っていたのだ。 以前からオルステッドに嫉妬心を抱いており、彼を激しく憎んでいたことを告白するストレイボウ。 魔王山の魔力で更なる力を得て狂い果てたストレイボウはオルステッドに襲い掛かってくる。.
  • ストーリーそのものは要人救出というだけのものだが、多くの やり込み 要素が含まれている。城内には総勢名の人間が居り(人間以外はこの他にもいる)、戦って倒しても良いほか、Yボタンで使用できる「隠れ蓑」でやり過ごすこともできる。斬った人間の数や、見逃したキャラでイベントが左右され、アイテムの入手や技の習得に影響が出る。シビアな操作タイミングを要求される場面も多く、アクション要素も多い。現代編とは少しシステムが違うが、技の「ラーニング」要素もある。.
  • FFレジェンズ のマトリクス側の 開発室 にて「 ありあり 」なる忍者が登場。 元ネタはライブアライブの幕末編に登場する「五忍者」。 さらには使用する技も幕末編主人公「おぼろ丸」の技である。 FFでライブアライブネタが出るのはもしかしてこれが初めて?.

SFC: 32 [1]. IV FFIV [4]. HP41 2. 628 UTC - Cookie .

ダンジョンマップ付き Live A Live ライブ ア ライブ 完全攻略サイト

炎魔忍軍の頭目でおぼろ丸の上司。 とらわれの男を救出しないで城を出ると抜け忍イベントが発生。おぼろ丸は抜け忍として炎魔忍軍から追われる身となる。 次から次へと襲い掛かる炎魔忍軍の追っ手を倒し続けると、最終的にハヤテ自らがおぼろ丸の粛清に乗り出してくる。 頭目だけあってその実力は非常に高く、影一文字や忍法火の鳥といった高度な忍術を使いこなす。 魔神竜之介や岩間さまには及ばないものの、ラスボスよりは十分に強い。一対一で戦うため彼を倒すには綿密なレベル上げが必要。 正直おぼろ丸なんぞを任務に行かせるよりも、ハヤテ一人を行かせれば余裕で任務達成できるだろと思えるほどの実力者である。 なおハヤテを倒しても、結局ハヤテはおぼろ丸を道連れにしてゲームオーバーとなる。忍びの掟に逆らう者の末路は死のみ・・・。.

あの世で詫び続けるRPG 概要 FFと関連する要素 各編共通のシステム・イベント 幕末編 功夫編 SF編 現代編 西部編 原始編 近未来編 中世編 付録・中世編あらすじ 最終編 最終編・オルステッド. 幕末編同様、異様に隠し要素が多く、初プレイではその半分ほどしか気付かないだろう。 FF9に先駆けて 合成システム が登場したが、やはり強いアイテムを手に入れるには前知識が必要になる。 「特定のイベントまで進んでから引き返し、何の変哲もない岩に回話しかけてから特定のアイテムを設置しに行く」なんてイベントも存在するが、こんなのとてもノーヒントでは分かりっこない。 「年代的に古い話から遊んでみよう」という初心者をどん底に叩き落としてくれる。.

Wiki .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |