日本語 動詞 活用

公開日: 01.02.2020

日本語の 動詞 、 形容詞 、 形容動詞 、 助動詞 は 活用 する。ここでは、 学校文法 にもとづいて、現代日本語( 口語 )と古典日本語( 文語 )の活用について解説する。 目次. たり 、 けり. なお(他の言語同様に) 不規則動詞 もあり、(やはり)不規則動詞は頻用する基本的な動詞に多い。.

印欧語は、動詞が、時制や 主語 の人称によって変化する。 [3]. 上二段活用 は、活用語尾の先頭に五十音図のイ段とウ段が現れる活用形。. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 四段活用 ナ行変格活用 ラ行変格活用 下一段活用. このうち(1)は辞書に載っているいわばinfinitiveにあたる形、(3)は否定形、(2)(4)は使用頻度のとても高い形です。この4つの形をここでは基本4形と呼ぶことにします。(初めに習う「飲みます・飲みました・飲みません・飲みませんでした」が基本4形なのではありません。これらはみな上の(2)の系列です。ほかに(1)(3)(4)の3系列を加えて、基本4形ということになります。) この4形をきちんと身につけてしまえば、これ以外の形に広げていくことは、それほど困難なことではありません。一方、この4形がしっかり身についていないと、その先の上達は、まず期待できません。基本4形(特にいちばん厄介な(4)のテ形)をしっかり身につけることが、最初級段階の最も大切な学習課題だといってよいでしょう。冒頭で、「動詞の変化の初歩を勉強する時期が、いちばん大事な時期」だと言いましたが、それは、この「基本4形を勉強する時期」ということです。この時期が、日本語学習の成否を分ける最初の勝負の時期なのです。 しかし、心配することはありません。この4つの形の作り方(活用の仕方)にはちゃんとルールがあるので(それについては教室で勉強してください)、それをおさえながら慣れていけば、問題なく習得することができます。ルールをきちんと勉強しなかったり甘く見たりすると失敗する、というだけのことです(もっとも、そういう学生が時々いるので、この文章を書いているわけですが)。.

というルールです。たとえば「okiru(起きる)」〈get up,wake up〉や「neru(寝る)」〈go to bed, sleep〉はタイプII、「hanasu(話す)」〈speak〉や「kiku(聞く)」〈listen,hear〉はタイプIです。こうして識別した上で、それぞれのタイプのルールに応じて変化させればいいわけです。.

okiruget upwake upnerugo to bed, sleepIIhanasuspeakkikulistenhearI.

ナ行変格活用は、動詞「 いぬ 」「 しぬ 」およびそれらの複合動詞のみである。.
  • この節は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年6月 ).
  • 変格活用 は、上記の五段活用、上一段活用、下一段活用に該当しない変則的な活用形の総称。現代日本語ではサ行とカ行のみがある。. 古典日本語の形容動詞の活用は、 ナリ活用 、 タリ活用 の2種類で分類される。タリ活用となる形容動詞は、漢語のみを語幹とする。.

ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 古典日本語の 変格活用 は、サ行、カ行、ナ行、ラ行がある。動詞「 す 」「 おはす 」およびその複合動詞のみが、サ行変格活用を行う。. 上一段活用 上二段活用.

上述の印欧語の諸言語の活用表を見た後で、英語の活用表を見ることになった人はほぼ誰でも気付くことになるわけだが、英語の活用表というのは、印欧語の他の諸言語と比較して、突出して「単純」で、「暗記しやすい」ものとなっている。これも「(諸言語の中でも突出して)英語は外国語として学ぶのに容易な言語」と言われる理由のひとつとなっている [6] 。. 四段活用 は、活用語尾の先頭に五十音図の四つの段の音が現れる活用形。現代日本語と異なり、音便形はない。. 言語全般の活用について俯瞰するには、下の 概説 の節から読むと良いが、もしインド・ヨーロッパ諸語における活用についてのみ知りたい場合は「 印欧語における活用 」の節に直行し、もし日本語における活用についてのみ知りたい場合は「 日本語における活用 」の節に直行せよ。. 林圀雄 によって下一段という名が造られ、また動詞に変格活用があることを説いたのは本居春庭の『詞八衢』が最初で、その後修正が加えられた。.

外国人はどうやって「五段活用」などのグループ判別をしているか

名前空間 ページ ノート. 出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』. カテゴリ : 語法 日本語の付録. 世界の言語を俯瞰すると、コンジュゲーションの一般的な方式は、形態の決まった語尾を持たず語形そのものを変化させる方式である。これは 屈折語 に特徴的で、 印欧語 族に属する膨大な数の言語群など、多くの言語がこの方式である。一方、特殊な方式としては、変化しない 語幹 に 接辞 や活用 語尾 を接続することによって語形を変化させるもの方式がある。日本語はこの特殊な例の後者に当たり、人称や数、性などによる活用はなく、時制、法、態、相などの違いを区別する活用形をもっている。.

[2] .

ラ行変格活用は、動詞「 あり 」「 をり 」「 はべり 」「 いまそかり 」およびそれらの複合動詞のみである。. 日本語の 動詞 、 形容詞 、 形容動詞 、 助動詞 は 活用 する。ここでは、 学校文法 にもとづいて、現代日本語( 口語 )と古典日本語( 文語 )の活用について解説する。. 本記事では日本中心の記事にならないように、まず世界で比較的、一般的とも言える印欧諸語の活用について解説する。学問上、印欧語は、 ロマンス諸語 (=ローマ帝国の言語である ラテン語 の方言が変化した言語群)のグループと、 ゲルマン語派 のグループは、ある程度区別して整理・整列しつつ解説するのが妥当なのでそうする。そして最後に、世界的に見てかなり特殊な言語である 日本語や韓国語の活用について解説する [2] 。.

  • 日本語における 活用 とは、その語で文が切れるか後に他の語が続くかによって、続く場合はどのような語が続くかによって、語尾が変化することをいう。活用する品詞は、 動詞 、 形容詞 、 形容動詞 、 助動詞 の4つである。.
  • 古典日本語の動詞の活用は、 四段活用 、 上一段活用 、 上二段活用 、 下一段活用 、 下二段活用 、 サ行変格活用 、 カ行変格活用 、 ナ行変格活用 、 ラ行変格活用 の9種類で分類される。.
  • 現代日本語と同じく、活用語尾の先頭に五十音図のエ段が現れる活用形。動詞「 ける 」およびその複合動詞のみが、下一段活用を行う。.
  • 本記事では日本中心の記事にならないように、まず世界で比較的、一般的とも言える印欧諸語の活用について解説する。学問上、印欧語は、 ロマンス諸語 (=ローマ帝国の言語である ラテン語 の方言が変化した言語群)のグループと、 ゲルマン語派 のグループは、ある程度区別して整理・整列しつつ解説するのが妥当なのでそうする。そして最後に、世界的に見てかなり特殊な言語である 日本語や韓国語の活用について解説する [2] 。.

11 : conjugated form ? conjugaison conjugation voice mood tense numberperson [1]. maymustlet'sdrink…… 22if I drinkbecause I drink…… because I couldn't drink .

日本語の 動詞 、 形容詞 、 形容動詞 、 助動詞 は 活用 する。ここでは、 学校文法 にもとづいて、現代日本語( 口語 )と古典日本語( 文語 )の活用について解説する。 目次. カテゴリ : 語法 日本語の付録. 上二段活用 は、活用語尾の先頭に五十音図のイ段とウ段が現れる活用形。. 活用 (かつよう、 羅 : Conjugatio , 仏 : conjugaison , 英 : conjugation )は、 言語学 一般においては、ある 言語 において 述語 に立つ 品詞 (典型的には 動詞 )に属する 語 の 語形変化 のことである。一方、 日本語 だけを扱う 日本語学 ( 国語学 )においては、「活用」というのは日本語の 用言 (つまり 動詞 、 形容詞 、 形容動詞 )と 助動詞 がもつ語形変化の体系のことを指す。.

: Wikipedia. [7] [8]. [4] .

知っておきたい:

コメント

  1. なる 、 する.
  2. このページの最終更新日時は 年4月5日 日 です。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス のもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー Wiktionaryについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. というルールです。たとえば「okiru(起きる)」〈get up,wake up〉や「neru(寝る)」〈go to bed, sleep〉はタイプII、「hanasu(話す)」〈speak〉や「kiku(聞く)」〈listen,hear〉はタイプIです。こうして識別した上で、それぞれのタイプのルールに応じて変化させればいいわけです。.
  3. 現代日本語と同じく、活用語尾の先頭に五十音図のエ段が現れる活用形。動詞「 ける 」およびその複合動詞のみが、下一段活用を行う。. 変格活用 は、上記の五段活用、上一段活用、下一段活用に該当しない変則的な活用形の総称。現代日本語ではサ行とカ行のみがある。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |