帰ればまた、 来られるから

公開日: 20.04.2020

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 水雷艇長・掃海艇長を3度、駆逐艦長を5度、駆逐隊司令を3度務めており、いわゆる「水雷屋」のコースそのものを歩んでいる [2] 。しかし、「水雷屋」の要件である 水雷学校 高等科学生の履歴がなく、海軍士官としての専門を持たない「ノーマーク士官」であった [2] 。. 海軍省 や 軍令部 での経験が無い艦隊勤務一筋の実戦派提督であり、勇猛果敢な上に豪放磊落な性格の人柄で知られ、部下をむやみやたらに叱ることもなく、常に沈着冷静な態度であったので将兵からの信頼は厚かったと言われる。.

あだ名は名前を音読みにした「ショーフク」。トレードマークは、顔面からはみ出した カイゼル髭 。大変な酒豪で若い頃から家に帰れば酒ばかり飲んでいたというが、一方で 謡曲 や 茶道 の心得もあったという。. 木村は、旧制静岡師範学校附属小学校、静岡県立静岡中学校(現・ 静岡県立静岡高等学校 )を経て 海軍兵学校 第41期 入校。席次は入校時名中84番、卒業時人中番。同期に 草鹿龍之介 、 大田実 、 市丸利之助 、 田中頼三 らがいる。. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 隠しカテゴリ: 参照方法 LCCN識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事 ISBNマジックリンクを使用しているページ.

26. 40 5015 [3]. 111 .

海軍が解体される直前の11月1日、帝国海軍最後となる中将に昇進。これは海軍大臣 米内光政 の推薦であったとされる(「 ポツダム進級 」項目参照)。戦後は 山口県 防府市 の海軍兵学校防府分校跡地に於いて、彼を慕う旧部下と共に製塩業を営んだ。資金調達や販売先の確保などに自ら奔走し事業は成功した。トレードマークであったカイゼル髭を剃り落し、穏やかな日々を送ったと言われる。. この撤退の二週間後、 米軍 は艦船 隻、兵員 00名を投入して、置き去りにされた 犬 3匹と「 ペス ト患者施設」のニセ看 板 が置かれた 無 人の キスカ島 を占領することとなる。( 米 戦史 家 モリ ソン 曰 く『最も実戦的な上陸 演習 』と皮 肉 られた。). 典拠管理 WorldCat Identities LCCN : n NDL : VIAF :
  • 現場叩き上げの指揮官として 太平洋戦争 の海上戦闘で数々の武勲を立てたが、特に「奇跡の作戦」といわれた『 キスカ島撤退作戦 』を指揮し、5千名あまりの日本将兵の無血撤退を成功させた事績で名高い。.
  • 最終更新 年11月19日 火 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー.

海軍が解体される直前の11月1日、帝国海軍最後となる中将に昇進。これは海軍大臣 米内光政 の推薦であったとされる(「 ポツダム進級 」項目参照)。戦後は 山口県 防府市 の海軍兵学校防府分校跡地に於いて、彼を慕う旧部下と共に製塩業を営んだ。資金調達や販売先の確保などに自ら奔走し事業は成功した。トレードマークであったカイゼル髭を剃り落し、穏やかな日々を送ったと言われる。. 出典 は列挙するだけでなく、 脚注 などを用いて どの記述の情報源であるかを明記 してください。 記事の 信頼性向上 にご協力をお願いいたします。 ( 年1月 ).

これにより 海 軍は 作戦 変更。高速の 水 雷 戦隊 で隙を突いて一気に接近、守備隊を収容して脱出するという 作戦 に切り替えられる。 その 指揮官 となったのが、 第一水雷戦隊 ( 一水戦 )の 司 令 官に着任したばかりの 木村 少将 だった。. そして、1週間後、再び 濃霧 発生の予報を受けて、 木村 は再度出撃する。ただ、このとき上 司 にあたる第5艦隊 司 令 部も 軽巡 「 多摩 」で督戦のため(要するに「 てめえ 逃げ るなよ、見 張 ってるからな」)付いてきた。余談だが、本当は 司 令 部は 重巡 「 那智 」で来るつもりだったが、燃料不足のために「 那智 」が動かせず、「 多摩 」になったという オチ がある。. また、帝国海軍の水上作戦で最後の勝利となった「 礼号作戦 」(ミンドロ島沖海戦)に司令官として参加。この際、「 大淀 」、「 足柄 」の巡洋艦2隻と駆逐艦6隻の布陣であったが、木村は敢えて旗艦に巡洋艦を選ばず、駆逐艦「 霞 」を選んでいる。.

この作戦では「 清霜 」を失うものの、作戦目的の敵上陸地点の砲撃と敵輸送船団への攻撃は大成功に終わり各艦避退に移る中、「旗艦は清霜の乗員を救出する、各艦は合同して避退せよ」との命令を出し、自ら殿軍となって敵魚雷艇の襲撃及び敵空襲の危険の大きい海域に止まり機関を停止しての救出活動を敢行し、この行動に感銘を受けた艦隊各艦の必死の防戦と救助活動により、残った全艦で無事帰還している。この際には撤退を勧める周囲の具申に対して「まだだ、まだ見落としていないか」と海上に浮かんでいる生存者を徹底的に探索するよう命令を下している。. この記事には 参考文献 や 外部リンク の一覧が含まれていますが、 脚注 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です 。適切な位置に脚注を追加して、記事の 信頼性向上 にご協力ください。 ( 年1月 ).

00 3. 60 0 HAHAHA 2. 23 17 .

木村は海軍兵学校の卒業成績( ハンモックナンバー )が下位で、かつ 海軍大学校 甲種学生を経ていない [注 1] 。人事において ハンモックナンバー が重視される帝国海軍では目立つ存在ではなかったが、 太平洋戦争 開戦時には熟練した「水雷屋」として一定の評価を得ていた。. キスカ島撤退作戦では、隠密作戦に必要な濃霧が発生している天候を待ち続け、作戦を強行する事はしなかった。1回目の出撃ではキスカ島の目前まで進出しながらも、霧が晴れた為突入を断念。強行突入を主張する部下たちに「 帰ろう、帰ればまた来られるから 」と諭して帰投し、状況をよく判断した指揮を行った。痺れを切らした 軍令部 や 連合艦隊 司令部からの催促や弱腰との非難にも意に介さず、 旗艦 で 釣り をしたり、司令室で参謀と碁を打つなどして平気な顔をしていたという逸話がある。また、百神の加護を願う漢詩を詠んでいる。上層部の批判に心動かされること無く慎重に慎重を重ねた指揮を行い、2回目の出撃では待ち望んでいた濃霧に恵まれたこともあり、アメリカ軍に作戦を悟られず、味方に全く犠牲を出さずにキスカ島の守備隊5,人を短時間で救出する。この作戦成功により 昭和天皇 に拝謁する栄誉を受けた。.

カテゴリ : 大日本帝国海軍中将 太平洋戦争の人物 海軍兵学校 日本 出身の人物 鳥取県出身の人物 静岡市出身の人物 静岡県立静岡高等学校出身の人物 年生 年没. 名前空間 ページ ノート.

1119 UTC - Cookie. 00 3. 1 5. 52 00 55 .

名前空間 ページ ノート. 父の壮吉は 立憲改進党 の党員で政治好きであり、年(明治43年)に選挙に失敗して財産を失い、各地を流浪して年(大正5年)に下関で客死した [1] 。母のすずは、 東京女子高等師範学校 1期生の才媛であり、夫が財産を失った後は、女子美術学校( 女子美術大学 の前身)の教員、帝国女子医科専門学校( 東邦大学 の前身)の舎監を務めて家計を支えた [1] 。.

ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. また、帝国海軍の水上作戦で最後の勝利となった「 礼号作戦 」(ミンドロ島沖海戦)に司令官として参加。この際、「 大淀 」、「 足柄 」の巡洋艦2隻と駆逐艦6隻の布陣であったが、木村は敢えて旗艦に巡洋艦を選ばず、駆逐艦「 霞 」を選んでいる。.

  • そして、1週間後、再び 濃霧 発生の予報を受けて、 木村 は再度出撃する。ただ、このとき上 司 にあたる第5艦隊 司 令 部も 軽巡 「 多摩 」で督戦のため(要するに「 てめえ 逃げ るなよ、見 張 ってるからな」)付いてきた。余談だが、本当は 司 令 部は 重巡 「 那智 」で来るつもりだったが、燃料不足のために「 那智 」が動かせず、「 多摩 」になったという オチ がある。.
  • そして、1週間後、再び 濃霧 発生の予報を受けて、 木村 は再度出撃する。ただ、このとき上 司 にあたる第5艦隊 司 令 部も 軽巡 「 多摩 」で督戦のため(要するに「 てめえ 逃げ るなよ、見 張 ってるからな」)付いてきた。余談だが、本当は 司 令 部は 重巡 「 那智 」で来るつもりだったが、燃料不足のために「 那智 」が動かせず、「 多摩 」になったという オチ がある。.
  • カテゴリ : 大日本帝国海軍中将 太平洋戦争の人物 海軍兵学校 日本 出身の人物 鳥取県出身の人物 静岡市出身の人物 静岡県立静岡高等学校出身の人物 年生 年没.
  • 木村は海軍兵学校の卒業成績( ハンモックナンバー )が下位で、かつ 海軍大学校 甲種学生を経ていない [注 1] 。人事において ハンモックナンバー が重視される帝国海軍では目立つ存在ではなかったが、 太平洋戦争 開戦時には熟練した「水雷屋」として一定の評価を得ていた。.

111. 00 帰ればまた、 来られるから. WorldCat Identities LCCN : n NDL : VIAF :. 60 0 HAHAHA 2. : Wikipedia.

父の壮吉は 立憲改進党 の党員で政治好きであり、年(明治43年)に選挙に失敗して財産を失い、各地を流浪して年(大正5年)に下関で客死した [1] 。母のすずは、 東京女子高等師範学校 1期生の才媛であり、夫が財産を失った後は、女子美術学校( 女子美術大学 の前身)の教員、帝国女子医科専門学校( 東邦大学 の前身)の舎監を務めて家計を支えた [1] 。.

まず 木村 は、敵がすでに キスカ島 を包囲しており、さらに近くに敵の飛行場があるため、すぐに敵の 攻撃機 が飛んでくる間合いにあることを知り、この地域特有の 濃霧 に紛れて素 早 く決行するしかないと決める。更に、 作戦 完 遂には、最新鋭の電探(要は レーダー )を持つ船が必要だと上申し、最新鋭の高速 駆逐艦 「 島風 」を配備してもらった。また、 霧 の中で アメリカ の艦と誤認させることを狙って、 一水戦 旗艦の 軽巡 「 阿武隈 」の煙突1本を塗りつぶしたり、 駆逐艦 「 響 」には偽装の煙突を付けたりと 工作 もして、 作戦 に取り掛かった。.

しかし、 作戦 決行日の 7月12日 になって、運悪く 霧 が 晴れ てしまう。その後、 海 上で 作戦 決行日を3日過ぎるまで 粘 ったが、とうとう 霧 は出ず、最終的に 木村 は、一旦帰投を決断する。 このときに彼が、 目 の前にある キスカ島 へ突入を 主 張 する部下に向かって告げたのが、この言葉だった。.

712 3 .

知っておきたい:

コメント

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |