ガルリ・ カスパロフ

公開日: 15.03.2020

Boston Globe. ミハイル・ボトヴィニク ミハイル・タリ ボトヴィニク ワシリー・スミスロフ ボトヴィニク チグラン・ペトロシアン ボリス・スパスキー ボビー・フィッシャー アナトリー・カルポフ ガルリ・カスパロフ.

私が自分の経験から学んだことは テクノロジーから最高の恩恵を享受したいなら 恐怖心と向き合わなければ ならないということ そして 人間性から 最高の恩恵を享受したいなら こういった恐怖心を克服しなければ ならないということです 自分の傷を舐めて癒す一方で ディープ・ブルーとの対戦から 多くのインスピレーションを得ました ロシアの古い諺に「勝てなければ仲間になれ 長いものには巻かれろ 」とあります そこで考えました コンピュータと一緒に戦うなら — コンピュータを味方にして 力を合わせることができたとしたら? 人間の直感力と コンピュータの計算能力 人間の戦略と コンピュータの戦術 人間の経験と コンピュータの記憶力 そうすれば かつてない 最高のゲームができるのでは?.

ガルリ・カスパロフ チェス世界チャンピオン. 隠しカテゴリ: ウィキデータにないTED talk ID BIBSYS識別子が指定されている記事 BNF識別子が指定されている記事 DBLP識別子が指定されている記事 GND識別子が指定されている記事 ISNI識別子が指定されている記事 LCCN識別子が指定されている記事 MusicBrainz識別子が指定されている記事 NLA識別子が指定されている記事 SELIBR識別子が指定されている記事 SNAC-ID識別子が指定されている記事 VIAF識別子が指定されている記事 ISBNマジックリンクを使用しているページ. ソビエト連邦 ロシア. ディープ・ブルーとの 2度目の対局から 20年たった今 『人間の頭脳の最後の抵抗』という センセーショナルな見出しは 知的なマシンが 毎日のように 様々な領域に進出する中で ありふれたものになっています でも昔のような 機械が家畜や手作業の労働に 取って代わっていった時代とは異なり 今では 機械が 学位や政治的影響力のある人間の 後釜を狙う時代になっています マシンと戦って負けた人間として これは素晴らしいニュースなんだと お知らせしたい いつかは どんな職業も 同じようなプレッシャーを 経験する運命にあり そうでなければ 人類が 進歩をやめたことを意味します 技術的な進歩を いつ・どこでやめるか という選択は 私たちにはありません 進歩の速度を 遅らせることは できません 実際 私たちは速度を 上げなければなりません 私たちのテクノロジーが得意なのは 生活の中から困難や不安定さを 取り去ることです だからこそ私たちは より困難で不確かな課題を 追求せねばならないのです マシンには 計算能力があります 私たちには理解力があります マシンにはインストラクションがあります 私たちには目的があります マシンには 客観性があります 私たちには情熱があります 現在マシンが何をできるかについて 私たちは懸念すべきではありません 懸念すべきは 現在マシンに何ができないかです なぜなら 私たちには 大いなる夢を実現していくために 新しい知的なマシンの力を 借りねばならない日が来るからです そしてその夢に破れたら 破れるとしたら それは マシンの知能が高すぎたからでも 低すぎたからでもありません 夢の実現に破れる理由があるとしたら 私たちが現状に甘んじて 野心に制限をかけてしまったからです 人間性は ハンマーを振るうとか チェスを指すというような 特定のスキルで 定義できるものではありません.

ウォールストリート・ジャーナル 紙で世界情勢に関するコラムを寄稿している [2] 。. 人間が肉体的・精神的に コンピュータやロボットと 対等に競える領域というのは ごくわずかです もう少しあれば いいのにと思います しかし私にとって 祝福でもあり 災いでもあったのは 今でも皆が語り草にする 人間対機械の競争における 文字通り伝説的な人間になったことです ジョン・ヘンリー以降 最も有名な人間対機械の競争で 私は 2度 IBMのスーパーコンピュータ 「ディープ・ブルー」と対戦しました 誰も覚えていませんが 私は初戦に勝ったんです.

Garry Kasparov. [2] [2]. IBM .

英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。 Garry Kasparov.

「ディープ・ブルー」との死闘

ウォールストリート・ジャーナル 紙で世界情勢に関するコラムを寄稿している [2] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. Los Angeles Times. このゲームにおけるディープ・ブルーの44ムーブ目はカスパロフを当惑させ、カスパロフはこれを「優れた知性」(すなわち人間による介入)に起因すると考えた。伝えられるところによると、このムーブはディープ・ブルーが価値のあるムーブを決定できず、フェイルセーフ(安全装置)を用いた バグ の結果であった。 ネイト・シルバー は、カスパロ フは「直観に反したプレーが優れた知性の証であるに違いないと結論付け」、これが第2局の敗北につながった、と提唱している [2] 。.

初対局での 大打撃のあと 私は反撃に出ましたが 不吉な予感がしていました 結局 私は機械に負けましたが ジョン・ヘンリーのように 勝負に勝ちながら ハンマーを手にしたまま命を落とす 羽目にはなりませんでした 明らかになったのは チェス界が なおも生身の人間のチャンピオンを 求めていたことでした そして今日でさえも — 最新スマホ用の 無料チェスアプリが ディープ・ブルーを凌ぐ今でさえも 人々は以前にもまして チェスをし続けているのです 悲観論者は 機械に征服されたゲームなど 誰も手に取らないだろうと 予言しましたが それは間違いだと示されました もっともテクノロジーに関する限り 悲観的予言はいつも 人気の娯楽なんです.

人間が肉体的・精神的に コンピュータやロボットと 対等に競える領域というのは ごくわずかです もう少しあれば いいのにと思います しかし私にとって 祝福でもあり 災いでもあったのは 今でも皆が語り草にする 人間対機械の競争における 文字通り伝説的な人間になったことです ジョン・ヘンリー以降 最も有名な人間対機械の競争で 私は 2度 IBMのスーパーコンピュータ 「ディープ・ブルー」と対戦しました 誰も覚えていませんが 私は初戦に勝ったんです. この記事では、チェスのムーブを記述するために 代数式表記法 を使用している。.

  • 振り返ってみれば年、 クレムリン の圧制に対抗していた勢力は悲惨な状況にあった [2] という。このゲーム(政治)では、対戦相手がルールを頻繁に、自分の有利になるように勝手に変更する [2] という。そのような予測不能で不公平な戦いでも、優れた戦略があれば努力しだいで望みは出てくるはず [2] と考え、戦略を練ったという。そうこうしているうちに、ふたつのことが明らかになったという [2] 。ひとつは、プーチンの 弾圧 に反対する組織は存続を許されないこと、だという。ふたつめは、プーチン政権に対抗する勢力の連合を築く必要性だったという [2] 。プーチンに反対する運動は小さなグループが乱立状態で統一的ではなかったという。共通の目的を見つける必要があり、共通点は、 民主主義 こそがロシア人を救う唯一の手段という認識だという [2] 。もし、公正な 選挙 で 大統領 を選ぶことができることができるならば、 警察国家 へ逆行させるようなプーチンの試みは却下されるだろう [2] 、とカスパロフは著書で述べた。. Deep Blue.
  • この記事では、チェスのムーブを記述するために 代数式表記法 を使用している。. カスパロフがこの活動において大きな進歩を遂げたと感じ始めたのは、事あるごとにプーチン政権からいやがらせを受けるようになってからだという。(相手がこちらを無視できない存在だと認めたことになるためである。独裁政権がいやがらせをする、ということは、民主化運動の成功のひとつの尺度ともなりうる [2] 。)その意味で「年12月16日に行われた モスクワ での デモ行進 の数日前に、統一市民戦線の事務局が治安部隊に襲撃されたことは誇りにしていい」と述べた [2] 。.

IBM. 20. IBM. [2] .

生誕: 1963/04/13 年

家族は妻のダーシャと息子のヴァディム [2] 。. 負けたのは 翌年の ニューヨークでの2戦目です でも不平を言うつもりはありません エドモンド・ヒラリー卿と テンジン・ノルゲイが エベレストを初制覇する以前に 登頂に挑んだ人たちだって 歴史のカレンダーに刻まれては いないのですから そして年には 私はまだ世界チャンピオンでした その年にコンピュータのチェスが ついに成熟期に達し 私というエベレストの山頂に ディープ・ブルーが たどり着いたのです もちろん成し遂げたのは ディープ・ブルーではなく その生みの親たちです アナンサラマン、キャンベル ホーン、 スー 彼らに脱帽です いつものことながら 機械の勝利は人類の勝利なのです 人間が作ったものが人間を超えると どうもそのことを忘れがちです. このゲームにおけるディープ・ブルーの44ムーブ目はカスパロフを当惑させ、カスパロフはこれを「優れた知性」(すなわち人間による介入)に起因すると考えた。伝えられるところによると、このムーブはディープ・ブルーが価値のあるムーブを決定できず、フェイルセーフ(安全装置)を用いた バグ の結果であった。 ネイト・シルバー は、カスパロ フは「直観に反したプレーが優れた知性の証であるに違いないと結論付け」、これが第2局の敗北につながった、と提唱している [2] 。.

振り返ってみれば年、 クレムリン の圧制に対抗していた勢力は悲惨な状況にあった [2] という。このゲーム(政治)では、対戦相手がルールを頻繁に、自分の有利になるように勝手に変更する [2] という。そのような予測不能で不公平な戦いでも、優れた戦略があれば努力しだいで望みは出てくるはず [2] と考え、戦略を練ったという。そうこうしているうちに、ふたつのことが明らかになったという [2] 。ひとつは、プーチンの 弾圧 に反対する組織は存続を許されないこと、だという。ふたつめは、プーチン政権に対抗する勢力の連合を築く必要性だったという [2] 。プーチンに反対する運動は小さなグループが乱立状態で統一的ではなかったという。共通の目的を見つける必要があり、共通点は、 民主主義 こそがロシア人を救う唯一の手段という認識だという [2] 。もし、公正な 選挙 で 大統領 を選ぶことができることができるならば、 警察国家 へ逆行させるようなプーチンの試みは却下されるだろう [2] 、とカスパロフは著書で述べた。.

20. Qxd6 Re8 [6] : 2 5. 1 2 2.

ディープ・ブルー対ガルリ・カスパロフ

西欧 では チェス は理知的なゲームの代表、「人間の知性の極み」と見なされており [2] 、チェス人口が多いので、カスパロフは頭の良い人物の代表として、しばしば言及される人物でもある。. 詳細は「 ディープ・ブルー対カスパロフ、年、第1局 」を参照. それから ディープ・ブルーと チェス盤を挟むことになりました すぐに これまでとは 違うものを感じました 落ち着かない何かでした 自動運転車に初めて乗るときや コンピュータの上司から 初めて仕事の指示を受けるときに 似た感覚を経験するかもしれません でも初対局に挑んだ時 私には ディープ・ブルーに何ができるのか はっきりしませんでした 技術は飛躍的に進化しうるし IBMは相当投資していました 私はその対局に敗れました ディープ・ブルーは無敵かも知れないと 思わずにいられませんでした 私の大好きなゲームは 終わってしまったのか? こういった思いは 人間の持つ 猜疑心であり恐怖心ですが ただ一つ確実に分かっていたのは 対戦者のディープ・ブルーの方は そんな心配と無縁ということでした.

将棋世界 の年8月号の企画で 将棋 を指したこともあり、一部の写真が公開されている [10] 。.

  • New York: Penguin,
  • 第5局はターニングポイントとなった。対局中、黒(後手番)のカスパロフは、第1局と第3局で採用した シシリアン・ディフェンス ではなく フォー・ナイツ・ゲーム でのオープニングを選択し勝利を収めた。23ムーブ後にカスパロフの引き分けの提案を拒否したため、ディープ・ブルーチームにとっては非常に決まりの悪い敗戦となった。これは試合の中で後手番が勝利した唯一のゲームである。.
  • 第3局において、カスパロフは シシリアン・ディフェンス を指し、ディープ・ブルーは アラピン・バリエーション で応じた。対局は39ムーブ続き、引き分けに終わった。.
  • 将棋世界 の年8月号の企画で 将棋 を指したこともあり、一部の写真が公開されている [10] 。.

Qe3 485340 64 [2] [2] [2] 17 [2] 2722 [2] 3 [2] 32 [2] 5 [2] [2] [2] [2] 48 [2] FIDE [2] 215 [2] ガルリ・ カスパロフ [2] 6 [2].

[2] [2] [2] [2] [2] [2] [2]. 22 32 32. Deep Blue.

カスパロフ—ディープ・ブルー 年、第6局 a b c d e f g h 8. Los Angeles Times. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

- 6 a b c d e f g h 8. IBM .

知っておきたい:

コメント

  1. 将棋世界 の年8月号の企画で 将棋 を指したこともあり、一部の写真が公開されている [10] 。.
  2. カテゴリ : チェスの棋戦 コンピュータチェス フィラデルフィアの歴史 年のアメリカ合衆国 年2月 ニューヨーク市の歴史 年のアメリカ合衆国 年5月.
  3. ユダヤ人 の父と アルメニア人 の母との間に生まれ、幼時はガルリ・ヴァインシュテインといった。幼い頃の父の死に伴い母方に引き取られ、後に母の姓「カスパリアン」をロシア風に改めた「カスパロフ」を名字として名乗るようになった。. ディープ・ブルーは勝者ですが 知的だったのでしょうか? いいえ そうではありません 少なくとも アラン・チューリングら コンピュータ科学の開拓者たちが 望んだような知的さでは ありませんでした チェスは力技で組み伏せることが できると分かったんです ハードウェアが十分に速く アルゴリズムが十分 洗練されていれば 出力で見る限り グランドマスターレベルの チェスをする点で ディープ・ブルーは知的でしょう でも その信じられないくらいのスピード 毎秒2億手計算できても ディープ・ブルーの方式では 人間の知性の謎を洞察するなんて 夢のまた夢だったのです.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |