イゴール・ カルカロフ 声優

公開日: 15.03.2020

ハーマイオニーが「三つです」と答えると、その名の由来は?・・・」と聞き返した。 「許されないからです。」 「この呪いを使うだ けで、アズカバンで終身刑を受けるに値する。・・・子供に教えるのは早すぎると言うが、おれはそうは思わん。・・・戦う相手を知 るべきだ。・・・さて、どの呪いからいくか・・・」と教室を見回して、ウイーズリーに「立て!」と命じた。 ロンが自席で立ち上がる と、「どんな呪文がある?・・」と聞いた。 ロンが「一つパパから聞いたのが・・・服従の呪文が」と言いかけると、マッドは「お前の 父親なら良く知ってるだろう・・魔法省はさんざん手こずったからな。・・・そのわけを教えてやろう」と言うと、マッドは教壇に置いた ガラスの容器の中で飼っているクモのような虫を「そーら・・いい子だ」と言って手の上に取り出した。 マッドが呪文をかけるとク モは段々大きくなって生徒のところに跳んでいった。 マッドが杖で指示をすると、生徒の頭の上や肩や顔に飛んでいって止まる ので生徒は恐がって騒いだ。 マッドの義眼は上下左右を睨み付けるようによく動いた。 マッド教授が続けて言う「多くの魔法使 いがこう言った。・・自分の悪戯は服従の呪文によって、例のあの人に無理強いされたのだと・・・だが、それが嘘か真かをどう見 分ける?・・。さて、後の呪文は?・・」と、ロングボトムを立たせた。 「スプラウト先生に聞いたぞ薬草学が得意だそうだな・・・」と 聞く、ロングボトムが「あとは磔の呪文です」と答えると、「そう・・その通り。・・」と答えて、ロングボトムを教壇まで呼んだ。 教授 が「拷問の呪文だ」と言って唱えると、クモの妖怪は「キイーキー」と苦しそうな声を出してもだえた。 ハーマイオニーが「ヤメテ ー!」と叫んだ。 マッド教授は弱ったクモの妖怪をハーマイオニーの机に置いて「許されざる呪文の最後の一つは・・・?」と聞い た。 ハーマイオニーが首を左右に振ると。 教授はクモの妖怪に杖を突きつけて、叫ぶように呪文を唱えた。 クモはひっくり返 って即死した。 教授は「死の呪いだ」と言った。 「これを受けて生き延びたのはただ一人、今ここに居る・・・」と言い、ハリーの 前まで来てポケットから小瓶を取り出して、何かをあおる様に飲んだ。.

人々の歓声が聞こえるテントの中でポッターが一人で気を静めようとしている。 ダンブルドア校長が「これまで三人の代表がそ れぞれ金の卵を勝ち取り、次の課題に進むことが出来た。 次はいよいよ4人目最後の競技者じゃ」と紹介した。 ハリーが競技 場の岩場に姿を現した。 「ハリー!・・ハリー!」の大合唱の中を慎重に岩の間を中央に進んだ。 金の卵が岩場の一段高いと ころに見えた。 いきなり叫びと羽音が頭上に迫った。 ハリーが転んで見上げると、怒りで口を大きく開いて、火を吐くドラゴンが 襲いかかろうとしていた。 ハリーが岩から岩に飛び移って逃げるが、ドラゴンは首にかけられた鎖を引きずって飛び上がり、大き く羽根を広げて上空からハリーを何度も襲った。 ハーマイオニー等の声援は届かない。 追い詰められた時ハリーは呪文を唱え た。 上空から杖が飛んできた。 ハリーは杖に乗って一気に金の卵を奪い競技場の外に飛び出した。 ドラゴンが鎖を切って飛 び立ちハリーの後を追った。 ハリーは校舎の狭い間を潜り抜けて逃げていたが、屋根に当たって杖を落としてしまった。 杖は 出窓の屋根に引っかかっている。 ドラゴンが真近に止まり三角屋根を滑りながら迫ってくる。 ハリーは出窓のひさしにやっとす がりついた。 杖を掴んですべり落ちながら杖に乗ることが出来た。 再びポッターが逃げてドラゴンが後を追う。 吊り橋をくぐり、 石造りの橋の窓に逃げ込んだポッターを追って、ドラゴンが窓に飛び込み、羽根を石窓に叩きつけて川底に落下していった。.

か判るか?」 「シャボン玉液ですか?」 「これは新頭痛薬だ。 たった3滴で闇の帝王ですら、深い闇の秘密を明かしてしまう。  残念ながら、生徒に使うのは禁止だが、お前が今度又、我輩の薬をくすねたら、手が滑って垂らすかも知れん。 朝食のかぼ.

ハリーが部屋の中にいる。 ロンがそばに来て「どうやったんだ?・・・どうでもいいけど、親友の僕に位教えろよ」と聞いてきた。  「教えろって?・・何を・・」 「よ~く判ってるくせに」 「あれは僕が仕掛けたんじゃない・・・ほんとうだよ・・・僕はゴブレットに名前 を入れてない。永久の栄光なんてほしくないよ。・・・ロン、どうしてこんなことになったのか僕にも判らない。・・・何もしてないんだ」  ロンは「ふざけるな」と言ってベットに入り横を向いた。. 他のプロジェクト コモンズ. ロナルド・ウイーズリー(ルパート・グリント) 通称ロン。 グリフィンドール寮の同室者でハリ ーの一番の親友。. ハリーたちがテントの中で、今日の開会式の模様を興奮しながら話していると、外が騒がしくなった。 外に出てみると人々が空 を見上げて逃げ惑っている。 三角帽子を冠り、仮面をつけた一団がタイマツを手にやってきて、次々とテントに火を放っている。  上空に不吉な雲が舞う。 ハリーは逃げる途中で転んで意識を失った。. 年表 - 映画 - ポッターモア - レゴ - ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター - ポッタリアン - 魔法同盟.

- 5.      .

が長くは持たない」  セドリックの声がして「ハリー僕の身体を連れて帰って・・父さんが居るところまで・・・」と訴える。  母が現れて「ハリー・・大丈夫よ・・・切りなさい!・・きりなさい!」と言う。 ハリーは杖の光が切れたので走って逃げた。 ヴォ. ロンが教室で言う「まずいよ・・この調子じゃ相手の居ないのは僕らとネビルだけだよ」 ハリーが「ネビルは一人ででも踊れる から・・」と言うと、ハーマイオニーが「ネビルならもう相手を見つけたようよ」と言う。 「それって落込むなあ」 その時ロンのところ に紙が飛んでくる。 読んで観ると「早くしないと、いい子はみんな売れちゃうぞ」と書いてある。 ロンが「ハーマイオニー・・女の 子だよね」と言うと、ハーマイオニーが「よくお気付きですこと」と、答える。 ロンが「僕等とどう?・・」と言うと、後ろから本でゴツン と殴られる。 スネイブ先生が何事も無かったように歩いていった。 ロンは「男なら一人でも平気だけど、女の子は惨めだよ」と 言われて、ハーマイオニーは「一人じゃないわ、お生憎、もう申し込まれているの!」と言って席を立った。 スネイブ先生にノート を渡し戻ってくるなり、「イエスって返事をしたわ」と言いながら教室を出て行った。 ロンが「おい・・・まさか・・うそだよな」とハリー に言った。 「どうだろうね」 「こうなりゃ歯を食いしばってがんばるしかないよ。・・・こんや談話室に戻るまでにパートナーを見つ けること・・・いいか?」とロンが言った。. 死喰い人 (しくいびと、Death Eaters)は、 J・K・ローリング の小説 『ハリー・ポッター』シリーズ 、及びその派生作品に登場する架空の集団である。映画版の日本語吹き替え翻訳では英語読みである デスイーター が使われている。.

ハリー・ポッター ( 音楽 ) ハリー・ポッターと賢者の石 サウンドトラック ・ ハリー・ポッターと秘密の部屋 サウンドトラック ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 サウンドトラック ・ ハリー・ポッターと炎のゴブレット サウンドトラック ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 サウンドトラック ・ ハリー・ポッターと謎のプリンス サウンドトラック ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 サウンドトラック ・ ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 サウンドトラック.

ツタの妖怪が身体に無数に取り付いていた。ハリーは杖を天に向けて突き上げ「テンキューブ」と言って赤い花火を打ち上げた。  いきなり突風が吹き荒れ、迷路が次々と閉じられていった。 ハリーは逃げ惑い転んだ。 立ち上がって閉じ始めた迷路を走. 校長が続ける「そして、北からはダームストラング魔法学校の一行と校長イゴール・カルカロフじゃ」 皆が注目する中で扉が開 き、軍服姿で鉄の杖を持ち、床に打ちつけたり、目の前で回転させたりして、頭を丸刈りにしたたくましい男子生徒の一団が入っ てきた。 壇上で彼らは口から火を吹いて見せた。. 詳細は「 ホグワーツの生徒 ドラコ・マルフォイ 」を参照. 詳細は「 セブルス・スネイプ 」を参照. ハグリッドがマダム・マクシームに話す。 「俺はお袋似だ、・・お袋は俺が三つくらいの時に居なくなっちまった。 あんまり母親 らしくは無かったが、親父は悲しんでな、・・・親父がまたちっぽけでな、俺が六つの時にはつまんでスへ乗けちまったよ。・・・親 父は大笑いさ。・・・笑いごっちゃねえ。・・でも、俺が学校に入ってすぐ死んじまって、おれは一人でやって行かにゃあならんかっ た。・・・あなたの話もしてくだせえ」.

ロンが教室で言う「まずいよ・・この調子じゃ相手の居ないのは僕らとネビルだけだよ」 ハリーが「ネビルは一人ででも踊れる から・・」と言うと、ハーマイオニーが「ネビルならもう相手を見つけたようよ」と言う。 「それって落込むなあ」 その時ロンのところ に紙が飛んでくる。 読んで観ると「早くしないと、いい子はみんな売れちゃうぞ」と書いてある。 ロンが「ハーマイオニー・・女の 子だよね」と言うと、ハーマイオニーが「よくお気付きですこと」と、答える。 ロンが「僕等とどう?・・」と言うと、後ろから本でゴツン と殴られる。 スネイブ先生が何事も無かったように歩いていった。 ロンは「男なら一人でも平気だけど、女の子は惨めだよ」と 言われて、ハーマイオニーは「一人じゃないわ、お生憎、もう申し込まれているの!」と言って席を立った。 スネイブ先生にノート を渡し戻ってくるなり、「イエスって返事をしたわ」と言いながら教室を出て行った。 ロンが「おい・・・まさか・・うそだよな」とハリー に言った。 「どうだろうね」 「こうなりゃ歯を食いしばってがんばるしかないよ。・・・こんや談話室に戻るまでにパートナーを見つ けること・・・いいか?」とロンが言った。.

.     .

スネイプとポッターと炎のゴブレット(2)

ファンファーレが鳴り響き、ドアが開かれた。 4人の代表選手が入場した。 ミス・バジルがクラムにエスコートされて入場した 女性を見て、「あれ・・ハーマイオニー・グレンジャー?・・クラムのパートナーが・・」と驚きの声を上げた。 ロンも「まさか、そんな 訳無い・・」と目をぱちくり。  ハリーは最後の列で、先ほどの女生徒と並んで入場し、広間の中央まで進んだ。 彼女がハリー に「ハリー、私の腰に手を当てて・・」と言う。 「えッ・・」 「早く!・・」 演奏がはじまった。 ハリーは彼女に必死に付いていく。  ダンブルドア校長がマクゴナガル副校長を促して踊りの中に加わる。 次々とカップルが進み出て踊り始める。 ハグリッドがボー バトン校のマクシーム校長のそばに徐々に近づきダンスに誘う。 やがて激しいロックのリズムに替わり、全員が狂気のごとく踊 り楽しんでいる中で、ハリーとロンだけが醒めた顔でハーマイオニーを見ている。 ロンが「あんなかぼちゃ頭がなんだよ」と、言 う。 ダンスが終わってクラムがハーマイオニーの手の甲にキスをして去って行く。 ハーマイオニーは上気してしばらくその場に 立ち尽くす。 ロンがそれを観て舌打ちをする。 我に帰ったハーマイオニーがにこにこしながら二人のそばにやってくる。 「暑い わね・・・彼、飲み物を取りに行ったの。・・・一緒にどう?」というが、ロンが「おことわり・・ビクトールと一緒だなんて」 「なに、へ そ曲げてるの・・」 「あいつダームストラングだぞ。・・敵とベタベタするなんて」 「敵ですって・・・彼のサインをほしがったのは 誰?・・・第一トライウイザード・トーナメントの目的は国際的な魔法協力の促進でしょ。・・親睦を深めなきゃ」 「向こうは親睦だけ じゃすまないぞ」 ハーマイオニーは怒って行ってしまった。.

表 話 編 歴 ハリー・ポッターシリーズ 小説 1. みんなが心配そうに見上げていた競技場の上空に、杖に乗ったハリーの姿が見えた。 生徒たちが歓声を上げる中をハリーは 悠々と岩場の金の卵のところに舞い降りて卵を頭上に掲げた。 仲間が集まって祝福しハリーを肩車にした。 金の卵を変わる がわる触った。 「開けろよハリー・・・中のヒントは?」 ハリーは「開けてほしい人?」と言って金の卵を片手で高く掲げた。 周り を取り巻いた生徒たちが一斉に歓声を上げた。 「開けてほしいか?」と再度聞いた。 またもや歓声の上がる中でハリーが蓋を 取ると、まぶしく強烈な光が中から放たれ、同時に精霊の悲しむ声と思える叫び声のような音が聞こえた。  ロンが「今のは一 体なんなんだ?」と聞いた。 誰もが口を開けなかった。 ロンの兄が「みんなおしゃべりしてよ・・興味心身で聞かれてちゃますま すやりにくいだろ」と言った。 ロンがハリーのそばに来て「自分の名前をゴブレットに入れるなんて、正気じゃないよな」と言った。  ハリーは「やっと判った?・・僕じゃないってことが・・」と答えた。 「でもみんな疑ってたよ。・・影でこそこそ言ってたよ」とロンが 言えば、「ありがたいね、気が楽になったよ」とハリーは言った。  ロンが「僕、ドラゴンのことを知らせただろ」と言ったけど、ハリ ーは「ハグリッドから聞いたんだよ」とそっけない。 「教えたのは僕だよ。・・ハグリッドが呼んでるって、あの伝言は僕からの伝言 なの・・・あれで僕からの伝言通じるって思って」 「あんなんじゃ通じないよ」 「そうだね、・・あの時僕はどうかしてたよ」.

ロンが階段を下りながら「教室に居るとビビルけど、本ものを見てきてるんだからな」と、さっきの授業のことを話す。 ハーマイ オニーが「あれは禁じられた呪いなのよ。・・教室でやるなんて・・・ネビルのあの顔を見た?」と言う。 まだ恐怖感の抜けないネ ビルのところにマッド教授が来て、「来い!・・見せたいものがある」と言って連れて行く。.

.     .    . - - - - - - - -. イゴール・ カルカロフ 声優                           .

イゴール・カルカロフ(3)(4回シリーズ)

人々の歓声が聞こえるテントの中でポッターが一人で気を静めようとしている。 ダンブルドア校長が「これまで三人の代表がそ れぞれ金の卵を勝ち取り、次の課題に進むことが出来た。 次はいよいよ4人目最後の競技者じゃ」と紹介した。 ハリーが競技 場の岩場に姿を現した。 「ハリー!・・ハリー!」の大合唱の中を慎重に岩の間を中央に進んだ。 金の卵が岩場の一段高いと ころに見えた。 いきなり叫びと羽音が頭上に迫った。 ハリーが転んで見上げると、怒りで口を大きく開いて、火を吐くドラゴンが 襲いかかろうとしていた。 ハリーが岩から岩に飛び移って逃げるが、ドラゴンは首にかけられた鎖を引きずって飛び上がり、大き く羽根を広げて上空からハリーを何度も襲った。 ハーマイオニー等の声援は届かない。 追い詰められた時ハリーは呪文を唱え た。 上空から杖が飛んできた。 ハリーは杖に乗って一気に金の卵を奪い競技場の外に飛び出した。 ドラゴンが鎖を切って飛 び立ちハリーの後を追った。 ハリーは校舎の狭い間を潜り抜けて逃げていたが、屋根に当たって杖を落としてしまった。 杖は 出窓の屋根に引っかかっている。 ドラゴンが真近に止まり三角屋根を滑りながら迫ってくる。 ハリーは出窓のひさしにやっとす がりついた。 杖を掴んですべり落ちながら杖に乗ることが出来た。 再びポッターが逃げてドラゴンが後を追う。 吊り橋をくぐり、 石造りの橋の窓に逃げ込んだポッターを追って、ドラゴンが窓に飛び込み、羽根を石窓に叩きつけて川底に落下していった。.

ハリーがロンに話す「なんで女子って群れを作るんだ。・・これじゃ誘えないよ」 女性のそばに行っても声もかけられないで、二 人は作り笑いをする。 ロンが「君はドラゴンを倒したんだぜ。・・・君がやらなきゃ誰がやる」と言うと、ハリーは「ドラゴン相手のほ うが楽だよ」と言う。. 一面が雪に覆われたホグワーツの森。 校内の塔の階段を走って登っていたハリーは女性とぶつかりそうになった。 「チョ ウ・・」 「ハリー・・」 チョウ・チャンが「階段気をつけてね。・・凍ってるから」と言う。 ハリーも「どうも有難う」と言って、別れたが 「チョウ・・」 「何?・・」 「あの・・モシ良かったら・・あの・・・僕とダンス・・痛い、パーティー・・」と言った。 フクロウがハリーのお 尻にぶつかってきたのだ。 チョウは「ごめんなさい・・・何といった?」と聞き返した。 ハリーは「僕と一緒にダンスパーテーにい ってくれないかな?」と言いなおした。 「あツ・・あの、ハリー・・ごめんなさい。・・他の人に誘われて・・・もう行くって返事をしちゃ ったの・・」 「そうか・・・判った。・・いいんだ、気にしないで・・・じゃあ」走って戻りかけたハリーに、チョウが「ハリー・・・ごめんな さい。・・ほんとうに・・」と言う。.

イゴール・ カルカロフ 声優.   .             .    .             .   .                                      .

2017年テレビ放送日は10月27日!

校内で友達と居るロンのところにハリーが近づいて「君、感じ悪いよ・・・」と言う。 ロンは「そうかよ・・・」と言って睨み返す。  「ああ・そうさ・・」 「他に用ある?・・」 「ああ・・僕に近づくな」 「判ったよ・・」 ハリーが遠ざかると友達が「ハリーはピリピリして いるな」と、言う。. 夜、湖に浮かぶ大帆船のかがり火の灯る大広間に、美しく着飾った男女が続々と集まってくる。  ロンが部屋の中でひらひら の襟がついたドレスローブを着て、自分の姿を鏡に映し「なんだよこれ!・・こんなんて、あんまりだ!」とぶつぶつ言っている。  ハリーがドレスローブを着て部屋にやってくる。 それを観たロンが「なんだよその格好は・・まともじゃないか。・・ふざけた襟も無 いし」と言う。 ハリーが「そのほうが伝統的な・・」と言いかけると「伝統的?・・・骨董品だよ・・テーシー小母さんみたいだ。・・・ いっそ死にたいよ」と泣き顔になる。. 詳細は「 ホグワーツの教職員 クィリナス・クィレル 」を参照.

.     .

知っておきたい:

コメント

  1. ハーマイオニーの呼ぶ声がテントの外からした。「ねえ・・ハリーそこに居る」 「いるよ」 「気分はどう・・まず、集中が大事よ。 そ してその後」 「ドラゴンと戦う」 ハーマイオニーがテントの中に飛び込んでハリーに抱きついた。 ハリーもしっかりと抱きしめ た。 そこを日刊予言新聞社のカメラマンがすかさずフラッシュをたき、女性記者のリータが微笑んだ。 「若き恋人たちね・・なん と感動的!・・もしも今日は不幸な結果に終わったら一面はあなた達ざんすね」 「ここに用は無いはずだ・・ここは代表と友人の テントだぞ」と、クラムが言った。. 広間にホグワーツ魔法魔術学校の生徒を全員集めて、ダンブルドア校長が「皆に一つ知らせがある。 この学校に今年は特別 なゲストを迎えることとなった。 今年このホグワーツにおいて、・・・」と、話してる途中に、男の先生が校長のところに駆け寄り耳 打ちをする。 校長が続ける「今年ホグワーツにおいて、伝説の催しが行われる。 トライじゃ。・・これは三大魔法学校の対抗試 合じゃ・・一連の魔法競技種目を各校から1名づつ選び競い合う。 選ばれた者は一人で戦うことになる。 厳しい競技じゃ、・・・ やわなものにはとてもこなせぬ。・・・詳しくは後ほど。・・・・さて、ゲストをお迎えしよう・・・まずはレディーから、ボーバトン魔法学 校の生徒と校長先生、マダム・マクシーム・・・」.
  2. 名を呼んで助けを求めた。 出口は目の前にある。 ハリーは逃げるべきか、セドリックを助けるか迷ったが、引き返して杖を抜 き、呪文を唱えた。 杖から光が走り、ツタの妖怪は力をなくした。 ハリーは自分にも絡まる小枝を振り払いセドリックを助けた。. ドラコが木の上に登ってハリーに声をかける。 「父上とお前の賭けをしたんだ・・お前が試合で10分ももたない方に賭け た。・・・でも父上は5分ももたないってさ」 ハリーは「父親がどう思おうとそんなことは知ったことじゃない。・・父親は邪悪で残酷 だし、君は卑劣だ」と言い残して去ろうとした。 ドラコが「卑劣!」といって背後から魔法を掛けようとしたが、一瞬早く「そうはさ せんぞ!」と言ったムーディの杖から魔法が発せられ、ドラコは白イタチに変身させられた。 「後ろから襲うやつはけしからん」と 言ってムーディがドラコを懲らしめた。 マクゴナガル副校長がそれを見て「懲罰に変身術を使うことは決してなりません。・・校長 がお話したはずですが・・」とムーディを叱った。 ムーディは「ポッター・・一緒に来い」といって引き上げた。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |