サイバー フォーミュラ あすか 画像

公開日: 05.03.2020

Yに提訴するべく行動を起こした。ブーツホルツも声をかけられるが、毅然とした態度でそれをはね退け、グーデリアンに説教をする。 同 決勝は霧の中でのレースとなった。しかし、ゼロの領域の中で走るハヤトに視界不良は関係ない。一人、ハイスピードで走るハヤトは、今期2度目の1位でフィニッシュする。. ハヤトとあすかは両親と車田、修、クレアに婚約を報告。一同は喜んで祝福した。しかし、修はレースを辞めるというハヤトは事故のトラウマから逃げているだけだと反対する。 ハヤトが高校生としてごく普通の生活を始めた中、第13回WGPXが開幕。ハヤトはデートの最中、衛星中継でZIPから参戦した加賀の姿や、スゴウに移籍したアンリを目にして驚く。レースの映像から離れようとしないハヤトに呆れたあすかは機嫌を損ねてしまう。ハヤトは償いにと、あすかに婚約指輪としてねだられた指輪をプレゼントする。 菅生邸に戻ると、ランドルが訪れていた。今は父親の手伝いをしていると言うランドル。「一番楽しかった時間はお前とサーキットを走っている時だった。いつかまたお前と走れたらいいな」と言い残しランドルは戻っていった。 一方、日本に戻っていた新条はみきは会っていた。開幕から結果が出ない新条はアオイからのオファーを断ったみきが自分よりハヤトのことを気にかけていると苛立つ。 そして、未だにハヤトは「ゼロの領域」の悪夢に襲われていた。そんなハヤトに修はこのまま逃げ続けたところで、ハヤトもあすかも不幸になってしまう。どうすべきか分かっているはずだ。と叱咤する。 ハヤトはどうしたらいいか分からないまま、訪れた無人のサーキットでアスラーダの幻影を見て涙した。.

最終戦を前に、スゴウウィナーズはユニオン・セイバーからエンジンの供給を受け、試運転と調整を行っていた。来期、アオイに移籍するみきのためにも、悔いのない戦いを誓うハヤト。 あすかはハヤトをデートに誘う。ハヤトは今度こそ本物の婚約指輪を渡し、これまでの感謝と、「これからもサーキットを走り続けて自分の生きた証を残したい。そして、続く後輩たちに良いレースを見せ、苦しさや楽しさ感動を教えたい」と新たな夢を語った。あすかもハヤトたちドライバーを助けるために医者になるという新たな夢をハヤトに告げる。そのために今期終了と同時にコロンビア大学に留学するというのだ。2人はお互いの夢を応援しあうのだった。 最終戦 日本グランプリ開幕の日。ユニオン・セイバーからスポット参戦する新しいドライバーの発表があった。プリンス・ローゼンクロイツ。シューマッハを意識したような姿のランドルに皆呆れる。 予選スタート。タイムアタックを重ね記録が次々にぬり替えられる。そして、ハヤトも誰もが驚くようなタイムを記録。その時、一人アタックをせずシートに座っていた加賀が発進。ゼロの領域を使い、ハヤトの記録を抜き去った。 その夜、ハヤトは修からアンリをワールドチャンプにするためにサポートするよう指示され、素直に受ける。アンリはそんなハヤトを嘲笑う。ハヤトはアンリの襟元をつかみ、「お前は何のために走るんだ」と問いかける。 その帰り、加賀を見かけたハヤト。加賀は「ゼロの領域」を使用したことで震えが止まらずにいた。ハヤトが戻ってくると信じてサイバーに復帰した加賀は「決勝では死んでも俺の前を走らせない。」と宣言する。ハヤトも「全力を尽くして、あなたを打ち破る」と返す。.

新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN. 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。作品に関するお問い合わせは こちら まで。.

Yに提訴するべく行動を起こした。ブーツホルツも声をかけられるが、毅然とした態度でそれをはね退け、グーデリアンに説教をする。 同 決勝は霧の中でのレースとなった。しかし、ゼロの領域の中で走るハヤトに視界不良は関係ない。一人、ハイスピードで走るハヤトは、今期2度目の1位でフィニッシュする。. AKFを得たスゴウチームは第6戦の開催地アフリカに来ていた。 ハヤトはコースの路面状況を確認し、予選を決勝用のハードタイヤで走ることを決める。 予選用のQタイヤではグリップが良すぎる為、ドリフト走行には向かないからだ。 予選、イナーシャルドリフトを使い絶好調のハヤトだったが終了間際にランドルとシューマッハに抜かれ3位につける。 ポールポジション確実だと思っていたあすかはハヤトを元気づけようとするが、決勝では勝てると自信のあるハヤトを見て頼もしく思うのだった。 一方、良平からミキが姿を消したことを聞かされ心配していた新条は、偶然、街でミキと再開する。 スゴウを飛び出したみきは、グランプリ会場を彷徨っていた。みきは「自分より上手くアスラーダの戦闘力を引き出せる人がいるから自分の仕事はない。」と自信をなくしていた。夢を目指し、何度も挫折した新条にとってみきの心境は痛いほど理解できるものだった。「世界一のメカニックになること」夢をあきらめるなと励まし、ピットパスを手渡す。 決勝、ランドルはシューマッハに仕掛けられたトラップにかかりフライングしてしまう。 激昂するランドルは故意にブレーキを踏んでシューマッハに体当たりをする。眼のかすみで油断したシューマッハは、それをまともに食らって両者リタイヤ。その煽りでアスラーダも高圧タービンを破損してしまう。混乱するスゴウのピット。そこにみきが駆けつけ、軍手を2枚重ねにしてオーバーヒートするタービンをつかみ出した。火傷の激痛で失神する寸前、みきはハヤトにGOサインを出す。 ハヤトはみきの思いを受け取り、奇跡の大逆転。新条を抜き今期2勝目を挙げるのだった。.

13WGP 13? Y 21. 8 39 10F. ROUND3. AKF 5 SA ?

ニューマシンのシェイクダウンのため、スゴウチームはファクトリーでスーパーアスラーダAKFのテスト走行を開始していた。 タイムアタックでのデータ採取でタイムのバラつきがあるとみきに言われたハヤト。 クレアはテクニックの差だと指摘し、第5戦の走行データをハヤトに見せ、シューマッハのコーナーでの完璧なまでにムダのないライン取りを説明した。 その夜、クレアの能力の高さを改めて目の当たりにしたみきは、自分のチーフとしての役割、能力に複雑な思いを抱いていた。 シューマッハと同じライン取りができるよう走り始めたハヤトだったがスーパーアスラーダのパワーを使いきれず成果が出ない。そんな時、先輩であるブリード加賀がファクトリーを訪れた。タイムが伸びないと悩むハヤトに加賀はスーパーアスラーダSAに市販用のサイバーシステムを積んで走り、見事シューマッハのタイムを抜いてみせる。 加賀のアドバイスを受けて、ハヤトは自分の理想的なコーナリングを模索するためにアスラーダのサポートをオフにして再チャレンジするが、暴れ馬と化したアスラーダを操れずなかなか答えが出せない。 クレアは加賀に依頼し、ハヤトにドックファイトを仕掛けさせた。加賀にひっぱられる形でハヤトの走りがみるみる変化していく。そしてオーバースピードでコーナーに突入。 ドリフトをするかの如くコーナーをターンしていった。 ついに、理想的なコーナリング、イナーシャルドリフトを完成させたのだった。 その一方で、ハヤトを信じられなかった自分の存在意義を見失ったみきは、密かにチームを離脱してしまう。. ハヤトとあすかは両親と車田、修、クレアに婚約を報告。一同は喜んで祝福した。しかし、修はレースを辞めるというハヤトは事故のトラウマから逃げているだけだと反対する。 ハヤトが高校生としてごく普通の生活を始めた中、第13回WGPXが開幕。ハヤトはデートの最中、衛星中継でZIPから参戦した加賀の姿や、スゴウに移籍したアンリを目にして驚く。レースの映像から離れようとしないハヤトに呆れたあすかは機嫌を損ねてしまう。ハヤトは償いにと、あすかに婚約指輪としてねだられた指輪をプレゼントする。 菅生邸に戻ると、ランドルが訪れていた。今は父親の手伝いをしていると言うランドル。「一番楽しかった時間はお前とサーキットを走っている時だった。いつかまたお前と走れたらいいな」と言い残しランドルは戻っていった。 一方、日本に戻っていた新条はみきは会っていた。開幕から結果が出ない新条はアオイからのオファーを断ったみきが自分よりハヤトのことを気にかけていると苛立つ。 そして、未だにハヤトは「ゼロの領域」の悪夢に襲われていた。そんなハヤトに修はこのまま逃げ続けたところで、ハヤトもあすかも不幸になってしまう。どうすべきか分かっているはずだ。と叱咤する。 ハヤトはどうしたらいいか分からないまま、訪れた無人のサーキットでアスラーダの幻影を見て涙した。.

新世紀GPXサイバーフォーミュラ

AKFを得たスゴウチームは第6戦の開催地アフリカに来ていた。 ハヤトはコースの路面状況を確認し、予選を決勝用のハードタイヤで走ることを決める。 予選用のQタイヤではグリップが良すぎる為、ドリフト走行には向かないからだ。 予選、イナーシャルドリフトを使い絶好調のハヤトだったが終了間際にランドルとシューマッハに抜かれ3位につける。 ポールポジション確実だと思っていたあすかはハヤトを元気づけようとするが、決勝では勝てると自信のあるハヤトを見て頼もしく思うのだった。 一方、良平からミキが姿を消したことを聞かされ心配していた新条は、偶然、街でミキと再開する。 スゴウを飛び出したみきは、グランプリ会場を彷徨っていた。みきは「自分より上手くアスラーダの戦闘力を引き出せる人がいるから自分の仕事はない。」と自信をなくしていた。夢を目指し、何度も挫折した新条にとってみきの心境は痛いほど理解できるものだった。「世界一のメカニックになること」夢をあきらめるなと励まし、ピットパスを手渡す。 決勝、ランドルはシューマッハに仕掛けられたトラップにかかりフライングしてしまう。 激昂するランドルは故意にブレーキを踏んでシューマッハに体当たりをする。眼のかすみで油断したシューマッハは、それをまともに食らって両者リタイヤ。その煽りでアスラーダも高圧タービンを破損してしまう。混乱するスゴウのピット。そこにみきが駆けつけ、軍手を2枚重ねにしてオーバーヒートするタービンをつかみ出した。火傷の激痛で失神する寸前、みきはハヤトにGOサインを出す。 ハヤトはみきの思いを受け取り、奇跡の大逆転。新条を抜き今期2勝目を挙げるのだった。.

新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN. ハヤトは修に復帰を願い出る。修は今期、アンリ・クレイトーを迎え始動しているスゴウにハヤトのシートはない。と冷たく告げるが、クレアはアスラーダのカギを出しセカンドチームとして準備しているチームがあることを明かす。 スゴウのセカンドチーム名は「スゴウウィナーズ」。修はハヤトが戻ることを期待し、無理してチームを用意していたのだ。 ガレージではアスラーダが、そして、みき、車田、良平、牧がハヤトの復帰を待っていた。再会を喜び合う一同。 そこへ現れたあすかはレースを辞めるという約束を破ったハヤトに婚約指輪を叩き返し、立ち去る。 第13回WGPX第5戦 ハヤト復帰。復帰を喜ぶファンやライバル達。しかし、加賀は喜ぶ半面「2度とゼロの領域に触れるな」と厳しく忠告するのだった。 復帰第1戦、旧型のアスラーダはマシン性能の差で順位を上げられなかった。落ち込むハヤトをあすかの代わりに励ますみき。その様子を見た新条は激しく苛立つ。 同・決勝、ハヤトは修にアンリ・クレイトーを紹介される。礼儀正しく挨拶するアンリ。しかし、修が去った瞬間、態度が一変する。「あのとき死んでいれば良かったのに」嫌味を言い残し去って行った。 レーススタート。ハヤトは得意のコーナーを上手く使い健闘するが、ストレートでのパワー不足を補いきれない。再び、ゼロの領域に襲われたハヤトは勝負のカギであるブーストを使おうとするが、レバーを引くことができない。.

ニューマシンのシェイクダウンのため、スゴウチームはファクトリーでスーパーアスラーダAKFのテスト走行を開始していた。 タイムアタックでのデータ採取でタイムのバラつきがあるとみきに言われたハヤト。 クレアはテクニックの差だと指摘し、第5戦の走行データをハヤトに見せ、シューマッハのコーナーでの完璧なまでにムダのないライン取りを説明した。 その夜、クレアの能力の高さを改めて目の当たりにしたみきは、自分のチーフとしての役割、能力に複雑な思いを抱いていた。 シューマッハと同じライン取りができるよう走り始めたハヤトだったがスーパーアスラーダのパワーを使いきれず成果が出ない。そんな時、先輩であるブリード加賀がファクトリーを訪れた。タイムが伸びないと悩むハヤトに加賀はスーパーアスラーダSAに市販用のサイバーシステムを積んで走り、見事シューマッハのタイムを抜いてみせる。 加賀のアドバイスを受けて、ハヤトは自分の理想的なコーナリングを模索するためにアスラーダのサポートをオフにして再チャレンジするが、暴れ馬と化したアスラーダを操れずなかなか答えが出せない。 クレアは加賀に依頼し、ハヤトにドックファイトを仕掛けさせた。加賀にひっぱられる形でハヤトの走りがみるみる変化していく。そしてオーバースピードでコーナーに突入。 ドリフトをするかの如くコーナーをターンしていった。 ついに、理想的なコーナリング、イナーシャルドリフトを完成させたのだった。 その一方で、ハヤトを信じられなかった自分の存在意義を見失ったみきは、密かにチームを離脱してしまう。.

第8戦ドイツグランプリ 決勝。ハヤトはゼロの領域での走行を続け3位に入る。慣れてきたとはいえ、ハヤトの神経がボロボロになることは変わりなく、第9戦スペイングランプリでは、集中力を欠きブーツホルツと接触してしまう。ゼロの領域を使い続けていることに気づいていた加賀は、かつて同じようにゼロの領域に目覚め、事故死したドライバーのことと、本当の恐ろしさ、どれだけ危険かを告げる。 一方、アンリはレース後、新条、ハイネル、グーデリアンに偶然を装って接触。ハヤトの危険走行を注意したら殴られたと涙ながらに訴える。その嘘の告白をハイネルは怪訝に思うが、グーデリアンはすっかり騙されてしまう。新条も新聞にバッシングコメントを掲載。そんな中、修はハヤトが何故、アンリに憎まれているのか理由を伝える。その理由を聞いたハヤトは、ダブルワンのチャンプとして恥じないレースをすることを誓う。 第10戦アフリカグランプリ予選。グーデリアンは危険走行をF.

  • ブーストレバーが引けなくなったハヤト。 身体的な異常ではなく、精神的な後遺症の可能性が高いという。あすかを尋ねたみきはハヤトが苦しんでいることを伝え「今のハヤトにはあすかの助けが必要だ」と説得する。 一方、新条はハヤトを心配するミキの姿に嫉妬し、ますます苛立ちが募る。そんな新条にアンリは「みきがハヤトに特別な感情を持っている」という噂があると吹き込む。 第7戦ノルウェーグランプリ。密かに会場を訪れていたあすか。その姿を発見したクレアは、自分の経験を元に「どうしようもないと思う男でも別れることができないなら自分が諦めるしかない。それなら、気を揉むより少しでも手助けをしたい」という答えに辿りついたと、「自分自身の為に選ぶことだ。」とあすかに話す。 決勝に臨んだハヤトはやはりブーストが使えず引き離される。その時、インカムからあすかの声が。 「私も一緒にブーストレバーを引く」と。あすかの支えを得て、ハヤトはレバーを握りしめる。.
  • ROUND4「天馬 ペガサス の翔くとき」. AKFを得たスゴウチームは第6戦の開催地アフリカに来ていた。 ハヤトはコースの路面状況を確認し、予選を決勝用のハードタイヤで走ることを決める。 予選用のQタイヤではグリップが良すぎる為、ドリフト走行には向かないからだ。 予選、イナーシャルドリフトを使い絶好調のハヤトだったが終了間際にランドルとシューマッハに抜かれ3位につける。 ポールポジション確実だと思っていたあすかはハヤトを元気づけようとするが、決勝では勝てると自信のあるハヤトを見て頼もしく思うのだった。 一方、良平からミキが姿を消したことを聞かされ心配していた新条は、偶然、街でミキと再開する。 スゴウを飛び出したみきは、グランプリ会場を彷徨っていた。みきは「自分より上手くアスラーダの戦闘力を引き出せる人がいるから自分の仕事はない。」と自信をなくしていた。夢を目指し、何度も挫折した新条にとってみきの心境は痛いほど理解できるものだった。「世界一のメカニックになること」夢をあきらめるなと励まし、ピットパスを手渡す。 決勝、ランドルはシューマッハに仕掛けられたトラップにかかりフライングしてしまう。 激昂するランドルは故意にブレーキを踏んでシューマッハに体当たりをする。眼のかすみで油断したシューマッハは、それをまともに食らって両者リタイヤ。その煽りでアスラーダも高圧タービンを破損してしまう。混乱するスゴウのピット。そこにみきが駆けつけ、軍手を2枚重ねにしてオーバーヒートするタービンをつかみ出した。火傷の激痛で失神する寸前、みきはハヤトにGOサインを出す。 ハヤトはみきの思いを受け取り、奇跡の大逆転。新条を抜き今期2勝目を挙げるのだった。.

GP 3. 113. 13WGPX5 2 1. 8 39 10F. 5  ZIP ZIP 3. AKF6 3 2 2. 11WGP ROUND1.

サイズとカラーの選択

ハヤトは修に復帰を願い出る。修は今期、アンリ・クレイトーを迎え始動しているスゴウにハヤトのシートはない。と冷たく告げるが、クレアはアスラーダのカギを出しセカンドチームとして準備しているチームがあることを明かす。 スゴウのセカンドチーム名は「スゴウウィナーズ」。修はハヤトが戻ることを期待し、無理してチームを用意していたのだ。 ガレージではアスラーダが、そして、みき、車田、良平、牧がハヤトの復帰を待っていた。再会を喜び合う一同。 そこへ現れたあすかはレースを辞めるという約束を破ったハヤトに婚約指輪を叩き返し、立ち去る。 第13回WGPX第5戦 ハヤト復帰。復帰を喜ぶファンやライバル達。しかし、加賀は喜ぶ半面「2度とゼロの領域に触れるな」と厳しく忠告するのだった。 復帰第1戦、旧型のアスラーダはマシン性能の差で順位を上げられなかった。落ち込むハヤトをあすかの代わりに励ますみき。その様子を見た新条は激しく苛立つ。 同・決勝、ハヤトは修にアンリ・クレイトーを紹介される。礼儀正しく挨拶するアンリ。しかし、修が去った瞬間、態度が一変する。「あのとき死んでいれば良かったのに」嫌味を言い残し去って行った。 レーススタート。ハヤトは得意のコーナーを上手く使い健闘するが、ストレートでのパワー不足を補いきれない。再び、ゼロの領域に襲われたハヤトは勝負のカギであるブーストを使おうとするが、レバーを引くことができない。.

作品紹介 各話リスト 各話あらすじ 第12回WGP結果 第13回WGP結果 各話あらすじ ROUND1「悪夢の限界領域」. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN.

Y 21. 13WGPXZIP. 113.

ゲーム&アニメのキャラクターグッズ最新情報!

最終戦、コースアウトしたハヤトとシューマッハは最後尾からのスタートとなった。しかし2人は予選並みのラップタイムを出し驚異的な追い上げを見せる。 ハヤトは修のドライバーとしてのテクニック、闘志に改めて圧倒され、修もまた「お前が新しい時代の真のチャンプなら今、私に勝て。そして私を超えてみせろ。」と心の中でハヤトに向けて叫ぶ。 レース中盤、2人はついにランドルに追いつく。またもシューマッハにパスされ苛立つランドルだったがハヤトにぬかれたことにより「ハヤトにだけは負けたくない。」と自分のレースを取り戻した。さらに他のドライバー達も二人の勢いに煽られ奮闘し、大混戦となる。 しかし、その最中シューマッハの目は限界に。高速走行に耐えられないことを悟り、マシンを止めてしまう。 「チャンピオンを獲っても、あなたに勝てなければ何の価値もない。最後まであなたと走りたい」と訴えるハヤト。「自分の限界と戦ってゴールを目指す」決して諦めないという闘志、レーサーの一番大切なものを思い出したシューマッハは、両目を閉じ、サイバーシステムを音声サポートのみにしてレースに挑む。 最終コーナーに向かっていたトップグループの新条、ランドル、ハイネル、ブーツホルツは緊急ピットイン。ハヤト、シューマッハと勝負してこそ真のチャンピオンだと二人が追いつくタイミングで迎え撃つ。 6台はついにファイナルラップを迎えバトルは更にヒートアップ。 シューマッハは視界がないとは思えぬ完璧な走りでトップに出る。 最後の6連バンク、シューマッハ、ハヤト、ランドル、新条によるスリップストリームの三重奏から最終ストレートに突入。トップで現れたのはアスラーザ!ハヤトはトップでゴール。続いてランドル、3位に新条、4位シューマッハ。 この瞬間、ハヤトはワールドチャンピオン、2年連続の栄冠ダブルワンを手に入れたのだった!.

新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN.

  • 作品紹介 各話リスト 各話あらすじ 第11回WGP結果 各話あらすじ ROUND1「栄光のカーナンバー」.
  • ROUND3「新 ニュー アスラーダ誕生」.
  • 第5戦 イギリスGP アオイZIPフォーミュラはシューマッハ 菅生修 をドライバーに起用することを発表した。困惑するハヤトやあすかをよそに、シューマッハはサイバーフォーミュラの全ドライバーを「ワールドチャンプの資格がない」と挑発する。 一方、スゴウチームでは、原因不明のポーポジング現象に頭を抱えていた。 そこへ、前レースを修と共に見ていた女性が菅生オーナーと現れる。 彼女はみきの制止を気にも留めずアスラーダのセッティングに意見する。彼女はかつてアスラーダを風見広之と共に開発したというクレア・フォートラン。 ハヤトが走行中に感じた違和感は、アスラーダでさえ気づかなかったものだったが、クレアのアドバイスで簡単に解消。みきはクレアの能力に愕然とする。 クレアは菅生の新スタッフとして、ハヤトにレースで勝てる武器を用意すると宣言。 ハヤトも対シューマッハを意識し始めた。 一方、シューマッハはタイムアタックに入ったランドルに対し、アクシデントを装って妨害を加えリタイヤさせてしまう。予選落ちを喫したランドルはZIPのピットに怒鳴り込むが、シューマッハは「天才は予選落ちなどしないのだろうと」と更に挑発。 決勝、シューマッハはダントツで初優勝を飾る。 ハヤトは周回遅れになりながらもシューマッハを追撃したことにより3位入賞を果たした。 しかし、シューマッハは「メッキのはげたチャンピオン」と更に挑発する。 そんな兄にあすかは「あんたなんか兄さんとは思わない」と想い出のロケットを投げつけ去っていった。.
  • 第13回WGP最終戦。加賀はスタートでミスをし、大きく出遅れてしまう。それに巻き込まれた日吉と新型シュティールのグーデリアンは接触してしまいリタイヤに。ローゼンクロイツことランドルがブランクを感じさせない走りで首位、ハヤトもゼロの領域とイナーシャルドリフトで奮闘するが、磨り減った神経は予想以上のダメージとなりスピンしてしまう。次々と抜かれる中に出遅れて順位を落としていたはずの加賀のエクスペリオンが走っていく。加賀は、脅威の追い上げでアンリを追い抜き、レースを振り出しに戻す。 雨が降り出し、他のチームが次々とレインタイヤへ交換していく中、ハヤトはレインタイヤの交換を1ラップ遅らせトップとの差を縮める。アンリとランドルはバトルの末、コースアウト。ランドルはリタイヤ、ピットに戻ってきたアンリは「これ以上走っても無駄だ」とマシンを降りてレースを放棄しようとする。しかし修に叱責され、ピットインしたハヤトに「ついて来い」と指示されると戸惑いながらもレースに復帰する。ハヤトの神業的なドライビングを目の当たりにし、昨夜ハヤトに言われた「何のために走るのか」という言葉を思い出す。そしてアンリが優勝圏内に入り、順位をキープするだけとなった時、加賀を抑える為、ハヤトは更に走りだした。 ハヤトは憔悴する中、加賀に勝ちたい一心でレースを続けるが、新条の隙のないブロックに苦戦。そこへアンリが新条を抑えに駆け付けた。アンリのバックアップで新条をパスし、ハヤトはついにトップの加賀に追いついた。両者ともゼロの領域の中で、限界を超えて走り続ける。そして決着をつけるべく最終コーナーへ。ハヤトはダブルのイナーシャルドリフトをきめて加賀をパス。両者、最後の気力を振りしぼりゴールを目指す。そして、接触しスリップしながらゴールへと飛び込むのだった。 死闘の末、ハヤトは加賀を制し、その結果、アンリは13回大会のワールドチャンピオンに輝く。.

11WGP ROUND1. AKF6 3 2 2. 13WGPX5 2 1. 113. 8 39 10F. GP 3. ROUND4 .

新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO

第5戦 イギリスGP アオイZIPフォーミュラはシューマッハ 菅生修 をドライバーに起用することを発表した。困惑するハヤトやあすかをよそに、シューマッハはサイバーフォーミュラの全ドライバーを「ワールドチャンプの資格がない」と挑発する。 一方、スゴウチームでは、原因不明のポーポジング現象に頭を抱えていた。 そこへ、前レースを修と共に見ていた女性が菅生オーナーと現れる。 彼女はみきの制止を気にも留めずアスラーダのセッティングに意見する。彼女はかつてアスラーダを風見広之と共に開発したというクレア・フォートラン。 ハヤトが走行中に感じた違和感は、アスラーダでさえ気づかなかったものだったが、クレアのアドバイスで簡単に解消。みきはクレアの能力に愕然とする。 クレアは菅生の新スタッフとして、ハヤトにレースで勝てる武器を用意すると宣言。 ハヤトも対シューマッハを意識し始めた。 一方、シューマッハはタイムアタックに入ったランドルに対し、アクシデントを装って妨害を加えリタイヤさせてしまう。予選落ちを喫したランドルはZIPのピットに怒鳴り込むが、シューマッハは「天才は予選落ちなどしないのだろうと」と更に挑発。 決勝、シューマッハはダントツで初優勝を飾る。 ハヤトは周回遅れになりながらもシューマッハを追撃したことにより3位入賞を果たした。 しかし、シューマッハは「メッキのはげたチャンピオン」と更に挑発する。 そんな兄にあすかは「あんたなんか兄さんとは思わない」と想い出のロケットを投げつけ去っていった。.

作品紹介 各話リスト 各話あらすじ 第11回WGP結果 各話あらすじ ROUND1「栄光のカーナンバー」. AKFを得たスゴウチームは第6戦の開催地アフリカに来ていた。 ハヤトはコースの路面状況を確認し、予選を決勝用のハードタイヤで走ることを決める。 予選用のQタイヤではグリップが良すぎる為、ドリフト走行には向かないからだ。 予選、イナーシャルドリフトを使い絶好調のハヤトだったが終了間際にランドルとシューマッハに抜かれ3位につける。 ポールポジション確実だと思っていたあすかはハヤトを元気づけようとするが、決勝では勝てると自信のあるハヤトを見て頼もしく思うのだった。 一方、良平からミキが姿を消したことを聞かされ心配していた新条は、偶然、街でミキと再開する。 スゴウを飛び出したみきは、グランプリ会場を彷徨っていた。みきは「自分より上手くアスラーダの戦闘力を引き出せる人がいるから自分の仕事はない。」と自信をなくしていた。夢を目指し、何度も挫折した新条にとってみきの心境は痛いほど理解できるものだった。「世界一のメカニックになること」夢をあきらめるなと励まし、ピットパスを手渡す。 決勝、ランドルはシューマッハに仕掛けられたトラップにかかりフライングしてしまう。 激昂するランドルは故意にブレーキを踏んでシューマッハに体当たりをする。眼のかすみで油断したシューマッハは、それをまともに食らって両者リタイヤ。その煽りでアスラーダも高圧タービンを破損してしまう。混乱するスゴウのピット。そこにみきが駆けつけ、軍手を2枚重ねにしてオーバーヒートするタービンをつかみ出した。火傷の激痛で失神する寸前、みきはハヤトにGOサインを出す。 ハヤトはみきの思いを受け取り、奇跡の大逆転。新条を抜き今期2勝目を挙げるのだった。.

11WGP ROUND1. 13WGP 13! 13WGPX5 2 1. 13WGPXZIP .

知っておきたい:

コメント

  1. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN. 最終戦、コースアウトしたハヤトとシューマッハは最後尾からのスタートとなった。しかし2人は予選並みのラップタイムを出し驚異的な追い上げを見せる。 ハヤトは修のドライバーとしてのテクニック、闘志に改めて圧倒され、修もまた「お前が新しい時代の真のチャンプなら今、私に勝て。そして私を超えてみせろ。」と心の中でハヤトに向けて叫ぶ。 レース中盤、2人はついにランドルに追いつく。またもシューマッハにパスされ苛立つランドルだったがハヤトにぬかれたことにより「ハヤトにだけは負けたくない。」と自分のレースを取り戻した。さらに他のドライバー達も二人の勢いに煽られ奮闘し、大混戦となる。 しかし、その最中シューマッハの目は限界に。高速走行に耐えられないことを悟り、マシンを止めてしまう。 「チャンピオンを獲っても、あなたに勝てなければ何の価値もない。最後まであなたと走りたい」と訴えるハヤト。「自分の限界と戦ってゴールを目指す」決して諦めないという闘志、レーサーの一番大切なものを思い出したシューマッハは、両目を閉じ、サイバーシステムを音声サポートのみにしてレースに挑む。 最終コーナーに向かっていたトップグループの新条、ランドル、ハイネル、ブーツホルツは緊急ピットイン。ハヤト、シューマッハと勝負してこそ真のチャンピオンだと二人が追いつくタイミングで迎え撃つ。 6台はついにファイナルラップを迎えバトルは更にヒートアップ。 シューマッハは視界がないとは思えぬ完璧な走りでトップに出る。 最後の6連バンク、シューマッハ、ハヤト、ランドル、新条によるスリップストリームの三重奏から最終ストレートに突入。トップで現れたのはアスラーザ!ハヤトはトップでゴール。続いてランドル、3位に新条、4位シューマッハ。 この瞬間、ハヤトはワールドチャンピオン、2年連続の栄冠ダブルワンを手に入れたのだった!.
  2. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB 新着情報 商品情報 世界観 スペシャル 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |