北緯 30 度 43 分 東経 128 度 04 分

公開日: 02.03.2020

戦艦 航空母艦 巡洋艦( 防護巡洋艦 装甲巡洋艦 重巡洋艦 軽巡洋艦 ) 駆逐艦 潜水艦 運送艦 海防艦 大日本帝国海軍艦艇一覧. 詳細は「 菊水作戦 」および「 坊ノ岬沖海戦 」を参照. 次に掲げるイの点からヘの点までを順次結んだ線 イ 北緯34度40分22秒 東経137度35分51秒 (浜名港港口離岸導流堤南端) ロ 北緯34度16分50秒 東経136度54分32秒 (大王島東端) ハ 北緯34度12分58秒 東経136度49分01秒 (幣ノ島南東端) ニ 北緯33度38分10秒 東経135度58分56秒 (駒ヶ埼南方の大平石南東端) ホ 北緯33度34分53秒 東経135度57分40秒 (梶取埼東方の大島南東端) ヘ 北緯33度34分46秒 東経135度57分36秒 (梶取埼南東端).

次に掲げる線及び陸岸により囲まれた海域 一 北緯30度50分33秒東経131度3分24秒の点(種子島喜志鹿埼北端)から60度に引いた線 二 北緯30度50分33秒東経131度3分24秒の点(種子島喜志鹿埼北端)と北緯30度46分9秒東経130度51分26秒の点(馬毛島上ノ岬北端)を結んだ線 三 北緯30度43分35秒東経130度50分5秒の点(馬毛島下ノ岬南西端)と北緯30度26分3秒東経130度15分50秒の点(口永良部島メガ埼南東端)を結んだ線 四 北緯30度29分21東経130度8分34秒の点(口永良部島野埼西端)から240度に引いた線 五 前号に掲げる線の12海里の線との交点から330度に引いた線 六 別表第一の九の項に掲げるロの点からホの点までを順次結んだ線 七 別表第一の九の項に掲げるホの点から187度3海里の点まで引いた線 八 前号に掲げる線の終点から240度に引いた線 九 別表第一の九の項に掲げるロの点から144度3海里の点まで引いた線 十 前号に掲げる線の終点から54度に引いた線 十一 前号に掲げる線と12海里の線との最初の交点から144度に引いた線.

艦本式タービン 4基4軸. ツール リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 ウィキデータ項目 このページを引用. 大和の艦首部分は右に傾いて沈んでいる。1番主砲塔は脱落しているが、バーベットは無傷で保たれており年や年の調査でも潜水艇がバーベットの穴の内部の撮影を行っている。1番主砲塔直後より船体は切断されており2番主砲塔のバーベットは残っていない。艦首部分の右側側面は激しく損傷しており、ほぼ右舷側が吹き飛ばされて存在しない状態となっている。大きく右側に傾斜して海底に沈んでいるので、1番主砲塔横の最上甲板がそのまま海底に繋がっている。バルバスバウは確認できるが、直後で船体に大きな亀裂があり艦首部分は座屈して半壊した状態となっている。菊の紋章は残っているが、以前の探査で確認された金箔が年の探査では剥離して失われていた [] 。船首部分の先端は崩壊しており周囲は大きく形を崩しており、過去数度の海底探索で鋼板の劣化により艦首部分の崩壊が次第に進行していることが確認されている [] 。艦橋は船体から脱落して艦首バルバスバウ近くの右舷の下敷きとなっている [] 。艦橋の上に右舷が覆いかぶさっている状態で、15m測距儀や射撃指揮所が遠方から観察できるが、細かい観察は出来ない。.

富士型 富士 八島. 人員物件を搭載して12月20日に大和、山雲、谷風は横須賀を出発したが、12月25日に大和はトラック島北西浬でアメリカの潜水艦 スケート USS Skate, SS より魚雷攻撃を受け、主砲3番砲塔右舷に魚雷1本を被雷した [68] 。4度の傾斜を生じたが約トンの注水で復元、速度を落とさず速力20ノット前後でトラック泊地へ向かった [68] 。魚雷命中の衝撃を感じた者はおらず、わずかに傾斜したため異常に気づいたという [69] 。一方、すぐに魚雷命中と気がついた、乗り込んだ陸軍の兵士が衝撃に驚いて大騒ぎになったという乗員の証言が残されている [70] 。爆発の衝撃で舷側水線装甲背後の支持肋材下端が内側に押し込まれ、スプリンター縦壁の固定鋲が飛び、機械室と3番砲塔上部火薬庫に漏水が発生する被害を受けた [71] 。浸水量はトンである [72] 。敵弾が水線鋼鈑下端付近に命中すると浸水を起こす可能性は、装甲の実射試験において指摘はされていたが重大な欠陥とは認識されていなかった [73] 。工作艦の 明石 に配属されていた造船士官によれば、トラック泊地着後の大和は明石に「右舷後部に原因不明の浸水があり調査して欲しい」と依頼、工作部員達は注排水系統の故障を疑ったものの異常はなかった [74] 。そこで潜水調査をしたところ右舷後部に長さ十数m・幅五mの魚雷破孔を発見し、驚いたという [74] 。同日、トラックに到着 [75] 。大和から人員物件は戊三号輸送部隊へと移され、 カビエン へ向かった [75] 。大和はトラックで応急修理を受けた後、 内地 への帰還を命じられた。.

122 [] 20 - 90m [] [] - m90 [] [] m3 [] 370m []. 12201225 USS Skate, SS 31 [68] 420 [68] [69] [70] 3 [71] [72] [73] [74] mm [74] [75] [75].

同年 8月8日 進水 [30] [31] 。ただし進水といっても武蔵(三菱長崎造船所建造)のように陸の船台から文字通り進水させるのではなく、大和の場合は造船ドックに注水してから曳船によって引き出す形で行われた [30] 。しかも機密保持からその 進水式 は公表されることもなく、高官名と進水作業員名が見守るだけで、世界一の戦艦の進水式としては寂しいものだった [32] 。 昭和天皇 が 海軍兵学校 の卒業式出席という名目で大和進水式に行幸する予定が組まれ、造船関係者は社殿風の進水台を制作する [30] 。結局は天皇の義兄にあたる 久邇宮朝融王 海軍大佐( 香淳皇后 の兄、当時海防艦 八雲 艦長)臨席のもとで進水式は行われた [30] [33] 。海軍大臣代理として式に臨んだ 嶋田繁太郎 海軍中将は、それまで仮称「一号艦」と呼ばれていたこの巨艦のことを初めて、ただし臨席者にも聞き取り難いほどの低い声で、大和と呼んだ [34] 。造船関係者は 葛城型スループ 2隻( 大和 、 武蔵 )が既に廃艦になっていることから新型戦艦(本艦)の艦名を大和と予測、 橿原神宮 と 千代田城 二重橋 を描いた 有田焼 の 風鈴 を個制作、関係者のみに配布した [35] 。 8月11日、帰京した朝融王は天皇に大和進水式について報告した [33] 。. 表 話 編 歴 大日本帝国海軍 の 戦艦 ・ 巡洋戦艦 装甲艦 (二等戦艦) 扶桑. 紀伊 尾張 十一号艦 十二号艦.

この戦闘で、大和は主砲弾を32,mの遠距離から発発射した。この砲撃に対し護衛空母の カリニン・ベイ は「射程距離は正確だが、方角が悪い」と評している [98] 。当時大和砲術長だった能村(後、大和副長)によれば、射撃した前部主砲6門のうち 徹甲弾 は2発のみで、残る4門には三式弾が装填されていたと証言している [99] 。都竹卓郎が戦後両軍の各文献と自身の記憶を照らしたところによれば、『戦藻録』の「31キロより砲戦開始、2、3斉射にて1隻撃破、目標を他に変換す」が概ねの事実で [] 、最初の「正規空母」は護衛空母 ホワイト・プレインズ で、次の艦は ファンショー・ベイ である [] 。至近弾による振動でホワイト・プレインズは黒煙を噴き、大和ではこれを「正規空母1隻撃破」と判断して他艦に目標を変更したものらしい [] 。アメリカ軍側の記録では、ホワイト・プレインズは命中の危険が迫ったために煙幕を展開したとしている [] 。能村副長は、第一目標に四斉射した後「アメリカ軍の煙幕展開のため目標視認が困難となり、別の空母を損傷させようと目標を変更」と回想している [99] 。また、軍艦大和戦闘詳報第3号でも敵空母が煙幕を張り大和から遠ざかる様に回避したため目標を他に移したと報告されている。.

次に掲げる線により囲まれた海域 一 別表第一の九の項に掲げるツの点とネの点を結んだ線 二 前号に掲げる線上の一点から12度に北緯34度14分41秒東経130度5分54秒の点(沖ノ島西北西端)から282度12海里の点を通るように引いた線 三 別表第一の九の項に掲げるツの点とソの点を結んだ線 四 前号に掲げる線上の一点から270度に北緯33度18分210秒東経129度7分31秒の点(宇久島対馬瀬鼻北端)から359度12海里の点を通るように引いた線 五 別表第一の十の項に掲げるトの点からルの点までを順次結んだ線 六 別表第一の十の項に掲げるルの点から155度3海里の点まで引いた線 七 前号に掲げる線の終点から227度に引いた線 八 別表第一の十の項に掲げるトの点から120度3海里の点まで引いた線 九 前号に掲げる線の終点から43度に引いた線 十 第二号に掲げる線の12海里の線との交点と第九号に掲げる線の12海里の線との最初の交点を結んだ線 十一 第四号に掲げる線の12海里の線との交点と第七号に掲げる線の12海里の線との交点を結んだ線.

次に掲げるイの点とロの点、ハの点とニの点、ホの点ヘの点及びトの点とチの点をそれぞれ結んだ線並びにリの点からルの点までを順次結んだ線 イ 北緯26度04分44秒 東経127度39分18秒 (喜屋武埼南西端) ロ 北緯26度05分51秒 東経127度32分11秒 (ルカン礁南端) ハ 北緯26度06分44秒 東経127度31分50秒 (ルカン礁北端) ニ 北緯26度15分54秒 東経127度31分34秒 (ナガンヌ島西端) ホ 北緯26度16分30秒 東経127度31分35秒 (ナガンヌ島北西端) ヘ 北緯26度43分20秒 東経127度44分36秒 (伊江島西端) ト 北緯26度44分14秒 東経127度45分19秒 (伊江島北西端) チ 北緯26度59分33秒 東経127度54分27秒 (野甫島西端) リ 北緯27度05分29秒 東経127度59分45秒 (伊平屋島田名岬西方の弥兵衛岩) ヌ 北緯27度06分06秒 東経128度01分50秒 (伊平屋島田名岬北東方の北潮被岩) ル 北緯26度52分33秒 東経128度15分41秒 (辺戸岬北端).

次に掲げるイの点からヲの点までを順次結んだ線 イ 北緯43度23分10秒 東経145度49分06秒 (納沙布岬東端) ロ 北緯43度22分08秒 東経145度48分44秒 (珸瑤瑁埼南東端) ハ 北緯43度21分42秒 東経145度48分29秒 (カブ島南東端) ニ 北緯43度20分09秒 東経145度46分45秒 (イソモシリ島南東端) ホ 北緯43度19分57秒 東経145度46分26秒 (ハボマイモシリ島南端) ヘ 北緯43度12分09秒 東経145度36分00秒 ト 北緯43度09分54秒 東経145度31分16秒 チ 北緯43度09分40秒 東経145度30分37秒 リ 北緯42度59分48秒 東経145度01分16秒 (散布埼立岩南東端) ヌ 北緯42度59分25秒 東経145度00分11秒 ル 北緯42度56分48秒 東経144度52分04秒 (大黒島南南東端) ヲ 北緯42度56分00秒 東経144度46分53秒 (尻羽岬帆掛岩南端).

一  紀伊日ノ御埼灯台(北緯33度52分55秒東経135度3分40秒)から蒲生田岬灯台(北緯33度50分3秒東経134度44分58秒)まで引いた線. 加賀型 加賀 土佐. 一 次に掲げるイの点からヲの点までを順次結んだ線 イ 北緯43度23分10秒 東経145度49分06秒 (納沙布岬東端).

171423 [] 1417 [] [70].                                                        . 1121 [] [] [] 15m.

NEWS & TOPICS

次に掲げるイの点からヨの点までを順次結んだ線 イ 北緯43度48分34秒 東経146度54分27秒 (イタコタン埼南東端) ロ 北緯43度44分47秒 東経146度48分04秒 (色丹島大島南東端) ハ 北緯43度42分21秒 東経146度40分36秒 ニ 北緯43度42分00秒 東経146度38分36秒 (昆布臼埼南端) ホ 北緯43度42分06秒 東経146度38分21秒 (昆布臼埼南西端) ヘ 北緯43度44分08秒 東経146度35分34秒 ト 北緯43度44分34秒 東経146度35分09秒 (能登呂埼南西端) チ 北緯43度44分46秒 東経146度35分03秒 (能登呂埼西端) リ 北緯43度48分17秒 東経146度35分04秒 (大埼西端) ヌ 北緯43度48分24秒 東経146度35分07秒 (大埼北西端) ル 北緯43度48分29秒 東経146度35分14秒 (大埼北端) ヲ 北緯43度49分04秒 東経146度36分22秒 ワ 北緯43度49分15秒 東経146度36分47秒 カ 北緯43度52分34秒 東経146度46分30秒 (軍艦岬北西端) ヨ 北緯43度53分25秒 東経146度49分25秒 (ヒセロフ埼北端).

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. 扶桑 山城. 冬月、雪風による大和の救助作業は16時半頃に切り上げられた [] 。雪風艦上では救助切り上げ、ボートの回収を命令した駆逐艦長に対して大和の士官が「まだ生存者が残っている」と救助の継続を訴えたが、日没が近くなり潜水艦の行動が活発化する恐れがあったこと、損傷艦を救援する作業が控えていたことから、そこで打ち切られた [] [] 。冬月は霞、矢矧の救助を行った後、涼月の探索のため19時2分に先行して海域を離れ、雪風は矢矧の救助後、23時頃まで磯風の救援に当たった [] 。冬月は潜水艦の追跡を受け、同じく雪風は潜水艦から雷撃されたが両艦とも被害はなく、4月8日午前、救助した大和の生存者と共に佐世保に入港した [] [] 。.

3 []. 2408 [] [ ]. 171423 [] 1417 [] [70] .

ベストアンサーに選ばれた回答

好機到来まで、極力日本海朝鮮南部方面に避退する [] 。. 第二艦隊は大和以下、第二水雷戦隊(司令官: 古村啓蔵 少将、旗艦 軽巡洋艦 矢矧、第四十一駆逐隊(防空駆逐艦の 冬月 、 涼月 )、第十七駆逐隊( 磯風 、 浜風 、 雪風 )、第二十一駆逐隊( 朝霜 、 初霜 、 霞 )で編成されていた。先導した対潜掃討隊の 第三十一戦隊 ( 花月 、 榧 、 槇 )の3隻は練度未熟とみて、豊後水道で呉に引き返させた。. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

宗谷海峡に係る特定海域 次に掲げる線により囲まれた海域 一 別表第一の十三の項に掲げるヤの点とマの点を結んだ線.

5 [] [ ] [ ]. 4 [ ] 125 [ ] [ ] []. 2408 [] [ ]. , 3. [] 510151330 [] [.

NEWS & TOPICS

香取 鹿島. 敷島 朝日 初瀬 三笠. 金剛型 金剛 比叡 榛名 霧島. 航空作戦、地上作戦の成否如何にかかわらず突入戦を強行、水上部隊最後の海戦を実施する [] 。 2.

4546cm3 [3] 3 60 431 [] - [] .

知っておきたい:

コメント

  1. 次に掲げる線により囲まれた海域 一 別表第一の十三の項に掲げるヤの点とマの点を結んだ線 二 別表第一の十三の項に掲げるマの点から105度に引いた線 三 前号に掲げる線の基線からその外側12海里の線(以下「12海里の線」という。)との最初の交点から15度に引いた線 四 前号に掲げる線上の一点から285度に12海里の線と接するように引いた線 五 別表第一の一三の項に掲げるヤの点から358度3海里の点まで引いた線 六 前号に掲げる線の終点から285度に引いた線 七 前号に掲げる線の12海里の線との交点から15度に引いた線. 大和は多数の爆弾の直撃を受け、艦内では火災が発生した。大和の艦上では、爆弾の直撃やアメリカ軍戦闘機の機銃掃射、ロケット弾攻撃により、対空兵器が破壊されて死傷者が続出する。水面下では、アメリカ軍の高性能爆薬を搭載した魚雷が左舷に多数命中した結果、復元性の喪失と操艦不能を起こした。「いったい何本の魚雷が命中してるかわからなかった」という証言があるほどである [] 。後部注排水制御室の破壊により注排水が困難となって状況は悪化した。船体の傾斜が5度になると主砲、10度で副砲、15度で高角砲が射撃不能となった。また13時30分に副舵が故障し、一時的に舵を切った状態で固定され、直進ないし左旋回のみしか出来なくなった [] 。このことに関して、傾斜を食い止めるために意図的に左旋回ばかりしていたと錯覚する生存者もいる [ 誰?
  2. 鎮遠 壱岐. 往復の航程でアメリカ軍機の爆撃により第一砲塔と前甲板に4発の爆弾が命中したが、戦闘継続に支障は無かった [ 要出典 ] 。砲塔を直撃した爆弾は、装甲があまりにも厚かったため、天蓋の塗装を直径1メートルほどに渡って剥がしただけで跳ね返され、空中で炸裂して付近の25ミリ機関砲の操作員に死傷者が出た [ 要出典 ] 。第二砲塔長であった奥田特務少佐の手記によると、爆弾が命中した衝撃で第二砲塔員の大半が脳震盪を起こし倒れたと云う [ 要出典 ] 。また前甲板の爆弾は錨鎖庫に水面下の破孔を生じ、前部にトンの浸水、後部に傾斜復元のためトンを注水した [] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |