チベット 中国 侵略

公開日: 28.02.2020

雍正のチベット分割 ののち、清朝は タンラ山脈 と ディチュ河 を結ぶ線の南方に位置する諸侯の支配権をあらたに「ダライラマに賞給」する一方で、この線の北方に位置するチベット人諸侯に対する領主権の認定権や青海オイラト人王公に対する称号の授与権などの制限をはかった [13] が、ダライラマの宗教的権威はその後もおとろえず、チベット・モンゴルにまたがるチベット仏教界の頂点に位置しつづけた [14] 。. そこで中国当局は、チベット人の一部を中国側に取り込んで、「積極分子 フルツン・チェンポ 」と認定し、銃回収に当たらせ、また タムジン 闘争集会 という会合を開かせ、中国の統治に不満を持つものを一種の私的裁判にかけた。とりわけ名家の人間には「罪」の自白を強要し、内容によっては処刑された。他の住民はタムジンにかけられている被告を罵倒しなければならず、それを行わない者は次のタムジンにかけられることになった [63] 。.

案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. Roebert, Donovan. 中ソ国境紛争 ( 年 ). 反体制的な発言・行動をした人を見つけたら密告させる。「犯罪人」に仕立て上げられた人は、公開の場で、人々から罵声を浴びせられたり、市中を引き回されたり、処刑されたりする。見物人は罵声を浴びせることを強要され、拒否すれば自分が標的にされる。 夫婦同士、親子同士でも、互いに批判、監視し合うことを強制される。 チベットでは、反体制運動に参加した人物の家族が、その人物の銃殺刑を強制的に見せられた上、銃弾の費用まで支払わされたという。.

The Liberty Magazine ザ・リバティ年5月号 【特集】 日本復活の切り札 工場よ、中国から戻ってこい! スペシャルインタビュー 女優 千眼美子.

The enth Dalai Lama. World Wisdom, Inc.

ご支援のお願い ログイン MY PAGE 有料購読 ザ・リバティWebについて 執筆者一覧. この進攻に対して、チベットに与した「 義勇兵 」を含め人のチベット軍が阻止を試みた。磴口では ムジャ・ダポン が率いる部隊が最大の火力であった ブレン軽機関銃 で応戦した。そこからキロ南では中国人民解放軍が揚子江の渡河に成功してチベット軍の部隊50名を全滅させてランサムのチベット軍駐屯地に向かい前進した。そこからさらにキロ南では中国人民解放軍は揚子江を渡河してマーカム・ガートク駐屯地を攻撃し、名のチベット部隊を全滅させた。. イギリス、中国、チベットの代表が年、 インドとその北隣の国々との国境線を画定する条約 を結ぶため、交渉の席につきます。.
  • これを契機として、中国政府とチベット政府 ガンデンポタン の間で「 十七か条協定 」が「締結」され、チベット軍は中国人民解放軍に編入され(同協定第八条)、チベットの全域が中華人民共和国の支配下に入った [4] 。.
  • ご支援のお願い ログイン MY PAGE 有料購読 ザ・リバティWebについて 執筆者一覧.

中国共産党による支配が始まる前のチベット

Roebert, Donovan. この節には 独自研究 が含まれているおそれがあります。 問題箇所を 検証 し 出典を追加 して、記事の改善にご協力ください。議論は ノート を参照してください。 ( 年4月 ). 中国はこの時期、チベット情勢が不安定であったことを利用して、 チベット高原の一部であるアムドおよびカムの領土を手に入れ、年、中国の青海省に編入 。. ペマ・ギャルポ 年チベット・カム地方生まれ。59年インドに亡命し、65年に来日。80年ダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表などを経て、現職。ブータン王国政府首相顧問なども務める。著書に『最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌』 飛鳥新社 などがある。.

チベットと中国は、それぞれカム地方の全域が自国の管轄下にあるという建前の地方行政単位をもうけた。チベットは、カム地方西部の中心都市 チャムド に「 ドカム総督府 」を置き、閣僚級の アムド・カム総督 (ドメーチーキャプ)を配して統治にあたらせた。一方、中華民国は、発足以来、カム地方に対して趙爾豊が構想した 西康省 を設置することができず、ガンデンポタンが実効支配する地域もふくめて、名義の上で 川辺特別区 と称していたが、 国民政府 時代の 年 、実効支配の及ぼばないディチュ河以西をも名目上の範囲として、 西康省 を設置した。 川辺地区 もしくは 西康省 の歴代長官は 四川省 に縁故のあるものたちが就任し、 南京国民政府 の 西康建省委員会委員長 任 や初代の 西康建省政府主席 は、 四川省政府主席 から転じた 劉文輝 がつとめた。.

ダライ・ラマ13世は年に、チベットの国内および対外統治における支配権を獲得し、外国の列強と直接交渉し、チベットの司法、刑法、教育制度の改革を開始していった のです。.

- 87, [54]. 6 6. [64] .

1950年11月 チベット政府「共産中国による侵略」を国連に提訴

しかしアメリカは、 朝鮮半島 における状況が緊迫していたこともあり、自国の利権にあまり関係のない 南アジア における紛争に深く関係することに積極的ではなかった。結果的にアメリカは8月にはチベットにインドを経由した極秘援助を伝え、チベット政府はこれを承諾した。 [24]. ダライ・ラマ14世は協定締結のニュースを聞き、ンガプーの越権行為に衝撃を受けるが、パンチェン・ラマは同年5月30日にダライラマに対して「中国政府の指導の下、チベット政府に協力する」と表明した [50] 。なお、ンガプーはその後のチベットにおける 中国共産党 の忠実な代弁者となった。. ダライ・ラマ8世が死去した年からダライ・ラマ13世が即位した年までの間、つまり ダライ・ラマ9世からダライ・ラマ12世までは皆 早死に しています。.

19. 8 [24].

中国共産党支配下のチベット

四川総督 趙爾豊 は、 年 、蜀軍(四川軍)を率いてカム地方の東部に侵攻、諸侯を軍事制圧したのち取り潰しを宣言しつつ西進、ニャロン・チーキャプを転覆してガンデンポタンの管轄領域の奥深くまで侵入し、年には ラサ を占領するにいたった。ガンデンポタンの長 ダライ・ラマ13世 はインドへ逃れた。趙はカム地方の諸侯やガンデンポタンによる支配を排し、従来ガンデンポタンの統治下にあったカム地方西部とカム地方の東部をあわせた領域に「 西康省 」を、中央チベットには「西蔵省」を設けようと試みた。しかしながら 年 、中国で 辛亥革命 が勃発、趙は成都に戻ったところを革命派に殺害され、カム地方の東端からラサにいたるまでのチベット各地に趙が配置した軍事・行政機構は、チベット側の反撃により徐々に切り崩されていくこととなる。.

中国政府は5,人におよぶ部隊を派遣して事態を厳重に取り締まり、この中では 中国軍によって80から人が殺害され、2,人以上のチベット人が拘束された と言われます。. すると、この動きに対応するように、 代表的な僧院や、ダライ・ラマが夏季を過ごす離宮「ノルブリンカ」の射程内へ、今度は中国軍側が大砲を移動させてきました 。. ダライ・ラマ13世は年に、チベットの国内および対外統治における支配権を獲得し、外国の列強と直接交渉し、チベットの司法、刑法、教育制度の改革を開始していった のです。. そのため、 清の皇帝はチベットを直接支配するより、 ダライ・ラマを介して統治したほうが得策 である と考え、日常レベルの決定はチベットに任せるようにしていきました。.

  • 特に、中国は唯物論・無神論国家のため、宗教を目の敵にする。 「信教の自由」、つまり、「心の中で何を信じるか」についての自由を奪うことは、言論・出版、集会、結社など、あらゆる自由を奪うことにつながる。.
  • この節には 独自研究 が含まれているおそれがあります。 問題箇所を 検証 し 出典を追加 して、記事の改善にご協力ください。議論は ノート を参照してください。 ( 年4月 ).
  • 清朝 末期以来、中国・ 四川省 の地方政権との間で争奪の対象となっていた東チベット地方では、 年 12月15日 、 西康省蔵族自治区 、青海省人民政府等が設置された。戦後のチャムドでは反目しあっていた部族間で略奪や殺戮が始まり、町は地獄と化した [34] 。.
  • 日本は第二のチベットになる - 中国の「日本解放工作」

The enth Dalai Lama. 19 ! 13. 523 .

これを契機として、中国政府とチベット政府 ガンデンポタン の間で「 十七か条協定 」が「締結」され、チベット軍は中国人民解放軍に編入され(同協定第八条)、チベットの全域が中華人民共和国の支配下に入った [4] 。. ダライ・ラマ13世は年に、チベットの国内および対外統治における支配権を獲得し、外国の列強と直接交渉し、チベットの司法、刑法、教育制度の改革を開始していった のです。. 時 年 - 年.

知っておきたい:

コメント

  1. これに対し、年、チベット僧が率いる反乱が起き、年まで続いたこの反乱の中で、 武力に劣るチベット軍は、中国軍を追い出すためにゲリラ戦を挑みました 。. 記事ランキング 1
  2. 政府への抗議運動の警戒にあたる武装警察。写真:EPA =時事. ダライ・ラマ13世は年に、チベットの国内および対外統治における支配権を獲得し、外国の列強と直接交渉し、チベットの司法、刑法、教育制度の改革を開始していった のです。.
  3. ユン・チアン によれば、「十七か条協定」は、中華人民共和国側にとっても時間稼ぎの意味があった。高地に慣れていない中国人民解放軍の兵士にとって、大軍を送り込む道路のない中央チベットは難攻の地であったためである。中華人民共和国側はチベットに実質上の自治を与えるかのような態度を見せ、「ダライ・ラマをチベットの『元首』と認め」、チベット代表達を安心させる発言を繰り返した。しかし 年 初旬に中華人民共和国内からチベットにつながる幹線道路が完成すると、直ちに中国人民解放軍による攻撃が再開され、チベットの反乱を呼ぶこととなった [54] 。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |