テニス ボール 拾い方

公開日: 24.02.2020

人間の手のひらや足の裏には沢山の神経が集まっていて、この神経を刺激することにより、運動神経の発達に役立つ事は広く知られています。 特に子供の発達速度は早いので、幼児教室などで小さいころからボールを使った遊びを多く取り入れているのは、手や足に刺激を与える為に考えられてやっていることです。 特にスポーツの世界でアジリティと言われる敏捷性や器用さ、また視野の発達にも役立つため、テニスだけでなく野球やサッカーにも必要な 能力の基礎を形成 することができます。. 基本的にボールを拾うという作業は、一通りの練習を終えてボールが無くなったタイミングで行われるもの。 つまり、肉体的にも精神的(集中力)にも、パワーを使った状態にある訳です。 その状態から「ボールを急いで拾え!」とコーチに言われてしまうと、呼吸を整えたり体を休める時間がないまま次のトレーニングに向かう事になってしまいます。.

テニスのボール拾い は、テニスコートでも公園でも、手持ちのボールが無くなったら必ず行う作業ですよね。 もちろん子供だけでなく、大人の練習でも同じです。 大人の方は、あまり動き回らずに近くのボールをラケットに乗せて、一度に多くのボールを運ぶことが多いと思いますし、それが一般的かと思います。.

人間の手のひらや足の裏には沢山の神経が集まっていて、この神経を刺激することにより、運動神経の発達に役立つ事は広く知られています。 特に子供の発達速度は早いので、幼児教室などで小さいころからボールを使った遊びを多く取り入れているのは、手や足に刺激を与える為に考えられてやっていることです。 特にスポーツの世界でアジリティと言われる敏捷性や器用さ、また視野の発達にも役立つため、テニスだけでなく野球やサッカーにも必要な 能力の基礎を形成 することができます。. 日本人は足でものを扱うのは下品で失礼なことだとの慣習が身についていますよね。 国際試合など観ると有名選手がボールを足で蹴っ飛ばしたりしている光景を良くみかけます。 日本人の私はかなり不愉快な気分になり、その選手がとても好きになれなそうになってしまいますが、外国人、欧米人との習慣や感覚の違いもあるのかもしれない、と思っています。 ちなみに外国は行ったこともなく、欧米人の友人もいないので、本当のところは分かりません。 私もラケットで叩きつけて拾うやり方は苦手で、足の甲の横や踵とラケットでボールを挟んで拾うことはたまにやります。主にゲーム時や一人サーブ練習のときですが、球だし練習ではしゃがんでラケット面にボールを沢山乗せて拾います。その方が早いですし・・ ヤマダさんはじめ足とラケットでボールを拾うことをで嫌がる人がいらっしゃるということは、注意しようと思います。自分はさすがに靴の底とラケットで挟んで拾われたら嫌ですが、側面だったら気にしないです。あとは流石にボールを蹴ってこちらに送られたりするのは嫌ですね。 衛星面について現実は、コート自体が皆靴底で歩き回っているので、綺麗なものではないですし、そういう意味ではボールも決して綺麗なものではないですよね。よって当たり前ですが、風邪や感染症予防のためテニス後は手洗いとうがいをしっかりする様にしています。 あとコートを唾を吐く人とかは、ボールにもついたりするので非常に気分が悪く感じます。これも外国人選手は特に唾を吐くので気持ち悪くなりますね テニスに限らないですが・・ 。 自分が思う現実問題としては、ラケットで叩いてボールを拾うとボールの空気が抜けてボールの持ちが悪くなるのではないか?

では次に子供のボール拾いは、冒頭に書いたようにラケットに乗せて効率よく行うのがベストなのか、手で拾わせることが良いのか、どちらでしょうか? 実はここにも 運動神経との繋がり があります。. 賛成です。 自分もセルフジャッジのゲームなどで右靴の外側とラケットでボールを拾ってました。 以前、海外のプロ選手をみてこんなボールの拾い方もあるんだと思って真似てました。 しかし、最近はこの拾い方に強い抵抗感を覚え、やらないようになりました。 自分は人を教えるような立場にないので、他の人がこの拾い方をしていても特に指摘したりしませんが、これからは自分はもうこの取り方はしないと思います。 しかし、年配の方でボールを取るのに腰を屈めるのがしんどいという方がこんな取り方をするのは仕方ないことかと思います。.

今回は、たかがボール拾いのことを取り上げたわけですが、ここまで読んでいただいた方々は、ボール拾いへの考え方が少し変わったのではないでしょうか? ボール拾いは、頭も体も休めるリラックス時間。 そして1つ1つボールを拾う事で、神経が刺激されているということ。 この認識を持っていただければ、テニスの練習効率も、テニスへの取り組み方もさらに良くなっていくものと考えています。.

. … NG. 0 6.

とーちゃんはですね、あの、ラケットをぽんぽんと叩いてボールを拾うことができません。 一回、ポンと叩いて浮き上がったボールをラケットで掬い取ります。 やはり、足は使わないなー。 >私なりの理由も教えています。 これが、大切だと思うのです。 失礼にあたる、ということを教えてやらないと。 ボールを集める時は、ラケットは右手に持って、左手でボールをラケット面の上に乗せて集めます。 右利きなので、左手でトスを上げますから。 では、また。. 日本人は足でものを扱うのは下品で失礼なことだとの慣習が身についていますよね。 国際試合など観ると有名選手がボールを足で蹴っ飛ばしたりしている光景を良くみかけます。 日本人の私はかなり不愉快な気分になり、その選手がとても好きになれなそうになってしまいますが、外国人、欧米人との習慣や感覚の違いもあるのかもしれない、と思っています。 ちなみに外国は行ったこともなく、欧米人の友人もいないので、本当のところは分かりません。 私もラケットで叩きつけて拾うやり方は苦手で、足の甲の横や踵とラケットでボールを挟んで拾うことはたまにやります。主にゲーム時や一人サーブ練習のときですが、球だし練習ではしゃがんでラケット面にボールを沢山乗せて拾います。その方が早いですし・・ ヤマダさんはじめ足とラケットでボールを拾うことをで嫌がる人がいらっしゃるということは、注意しようと思います。自分はさすがに靴の底とラケットで挟んで拾われたら嫌ですが、側面だったら気にしないです。あとは流石にボールを蹴ってこちらに送られたりするのは嫌ですね。 衛星面について現実は、コート自体が皆靴底で歩き回っているので、綺麗なものではないですし、そういう意味ではボールも決して綺麗なものではないですよね。よって当たり前ですが、風邪や感染症予防のためテニス後は手洗いとうがいをしっかりする様にしています。 あとコートを唾を吐く人とかは、ボールにもついたりするので非常に気分が悪く感じます。これも外国人選手は特に唾を吐くので気持ち悪くなりますね テニスに限らないですが・・ 。 自分が思う現実問題としては、ラケットで叩いてボールを拾うとボールの空気が抜けてボールの持ちが悪くなるのではないか?

ベストアンサーに選ばれた回答

皆さんにお尋ねしますが、練習中にボールはどうやって拾っていますか? 私はテニス歴40年、指導者歴30年で、ジュニアを中心に教えています。 初心者のジュニアを指導する時にボールの拾い方も教えています。 ボールを拾うときには、ラケット面でボールをポンポンと叩いてボールを拾うように教えますが、初心者にはなかなかできません。 球出しの練習ではボールの数が多いので、左手でラケットのネック部分を持って、右手でボールを拾いラケット面に乗せて集めるように教えています。 でも小さい子供は乗せている最中にバランスが取れずに落としてしまいます。 出来ない子はラケットをコートにラケットを置いてボールを乗せていますが、かごまで運ぶ最中に落としてしまいます。 そんな微笑ましい光景が初心者の子供にはありますが、しばらくすると普通にできるようになります。 そんなところに上達の軌跡を見ています。 皆さんもボールをこのように拾っていることと思いますが、ひとつだけ嫌いな拾い方があります。 ラケットと靴でボールをはさみ、持ち上げてから拾う方法です。 ボールパーソンが付かない試合では、選手が当たり前のように行っています。 この方法で練習中のボール集めの時に拾う子供がいます。 そんな時には、『足で拾うな、手で拾え!』と怒ります。 私なりの理由も教えています。 コートに物を置いて、それを取ってと言われたら、手で拾って渡すか、足で蹴って渡すか、どちらが良いと聞きます。 当然ですが、足で蹴って渡されたら渡された方は気分を害します。 だからボールを足で拾ってコーチに打たせるわけになるので、失礼だと教えています。 現実的な問題として、足でボールを拾う子供は、ボールを一生懸命に拾う意識が見られず、態度の悪さが際立ちます。 頭ごなしに怒ることもできますが、何気なくやっていることが他人から横柄に見られることがあることを知ってほしいので、こんな話をよくしていますが、なかなか治りません。 いっそ体罰でわからせた方が早いかもしれませんが、それは私のやり方ではありません。 出来るまで何度も繰り返すしかありません。 知り合いの女性コーチも足で拾うのが嫌いで、『その靴でトイレも行くでしょう?そんな靴で拾ううのは汚い。』と理由づけしていました。 テニスはマナーが大切ですが、皆さんはどうやってボールを拾っていますか?.

というのが心配です。 なのでボールをプレー以外で不必要に叩きつけたりする選手もいい思いがしません 試合ではコードバイオレーションですが・・ 。 以上、私見です。失礼しました。. テニスのボール拾い は、テニスコートでも公園でも、手持ちのボールが無くなったら必ず行う作業ですよね。 もちろん子供だけでなく、大人の練習でも同じです。 大人の方は、あまり動き回らずに近くのボールをラケットに乗せて、一度に多くのボールを運ぶことが多いと思いますし、それが一般的かと思います。.

人間の手のひらや足の裏には沢山の神経が集まっていて、この神経を刺激することにより、運動神経の発達に役立つ事は広く知られています。 特に子供の発達速度は早いので、幼児教室などで小さいころからボールを使った遊びを多く取り入れているのは、手や足に刺激を与える為に考えられてやっていることです。 特にスポーツの世界でアジリティと言われる敏捷性や器用さ、また視野の発達にも役立つため、テニスだけでなく野球やサッカーにも必要な 能力の基礎を形成 することができます。. 今回は、たかがボール拾いのことを取り上げたわけですが、ここまで読んでいただいた方々は、ボール拾いへの考え方が少し変わったのではないでしょうか? ボール拾いは、頭も体も休めるリラックス時間。 そして1つ1つボールを拾う事で、神経が刺激されているということ。 この認識を持っていただければ、テニスの練習効率も、テニスへの取り組み方もさらに良くなっていくものと考えています。. ですから、サッカーでは小さいころからボールを蹴るだけではなく、より神経を刺激するために裸足で足の裏でボールを転がしたりすることが有効で、テニスや野球などでは手を刺激するイボイボのついたマッサージボール(ストレッチボール・触角ボール)というボールで遊ばせたり、キャッチボールをするのが効果的と言われています。 (アフリカ系の選手が身体能力に優れているのも、裸足で生活し、神経が刺激されていることが関係しているのかもしれません).

こんな記事も読まれています 間違った準備体操は怪我のリスクがある? スポーツや運動を行う前に必ず行う準備体操や準備運動。 この2つの違いをテニスやスポーツをされる皆さんは理解でき […] ブログ.

[…]. … NG.    .

ボールのカッコいい拾い方

日本人は足でものを扱うのは下品で失礼なことだとの慣習が身についていますよね。 国際試合など観ると有名選手がボールを足で蹴っ飛ばしたりしている光景を良くみかけます。 日本人の私はかなり不愉快な気分になり、その選手がとても好きになれなそうになってしまいますが、外国人、欧米人との習慣や感覚の違いもあるのかもしれない、と思っています。 ちなみに外国は行ったこともなく、欧米人の友人もいないので、本当のところは分かりません。 私もラケットで叩きつけて拾うやり方は苦手で、足の甲の横や踵とラケットでボールを挟んで拾うことはたまにやります。主にゲーム時や一人サーブ練習のときですが、球だし練習ではしゃがんでラケット面にボールを沢山乗せて拾います。その方が早いですし・・ ヤマダさんはじめ足とラケットでボールを拾うことをで嫌がる人がいらっしゃるということは、注意しようと思います。自分はさすがに靴の底とラケットで挟んで拾われたら嫌ですが、側面だったら気にしないです。あとは流石にボールを蹴ってこちらに送られたりするのは嫌ですね。 衛星面について現実は、コート自体が皆靴底で歩き回っているので、綺麗なものではないですし、そういう意味ではボールも決して綺麗なものではないですよね。よって当たり前ですが、風邪や感染症予防のためテニス後は手洗いとうがいをしっかりする様にしています。 あとコートを唾を吐く人とかは、ボールにもついたりするので非常に気分が悪く感じます。これも外国人選手は特に唾を吐くので気持ち悪くなりますね テニスに限らないですが・・ 。 自分が思う現実問題としては、ラケットで叩いてボールを拾うとボールの空気が抜けてボールの持ちが悪くなるのではないか?

一方テニスの練習においては、ラケットを持つ手には常に刺激が加わっていて、特にボールのインパクト時には常に強い刺激を受けています。 一方反対の手はバックハンドで打つ時だけにしか刺激が加わらないので、神経への刺激という意味では、テニスの練習だけでは十分とは言えません。. というのが心配です。 なのでボールをプレー以外で不必要に叩きつけたりする選手もいい思いがしません 試合ではコードバイオレーションですが・・ 。 以上、私見です。失礼しました。.

[…]. 0 6. … NG .

ボール拾いと練習効率について

というのが心配です。 なのでボールをプレー以外で不必要に叩きつけたりする選手もいい思いがしません 試合ではコードバイオレーションですが・・ 。 以上、私見です。失礼しました。. 一方子供はというと、コーチや指導者にせかされながら、カゴやケースを片手に走りまわっている姿を良く見かけると思います。 多くの場合「ボールを急いで拾わせる」という行為には 「時間短縮」 という目的があり、限られた練習時間を無駄にしないようにと考えられています。 または規律や瞬発力強化という側面もあるでしょう。. 私もボールをラケットでポンポンと叩いて弾ませて拾うことは出来ません。 なので、いつもかがんで拾っています。しかし、昨日腰を痛めてしまい、かがむと痛いので靴の横とケットでボールを挟んで拾いあげました。 沢山のボールを拾う時は、ある程度一箇所にラケットで集め、ラケットを地面に置き、その上にしゃがんで拾い集めたボールを載せてカゴへ移しています。 今は公式戦に出ているわけではなくエンジョイテニスなので、腰の痛みが引いたらまた、普通にしゃがんで拾うと思いますが、その時によってはまた、靴横で拾うかもしれません。 追伸:論点が違いますが、昨日の錦織選手の一回戦・・・ホットしました。    よかったですね。.

… NG .

では次に子供のボール拾いは、冒頭に書いたようにラケットに乗せて効率よく行うのがベストなのか、手で拾わせることが良いのか、どちらでしょうか? 実はここにも 運動神経との繋がり があります。. 一方子供はというと、コーチや指導者にせかされながら、カゴやケースを片手に走りまわっている姿を良く見かけると思います。 多くの場合「ボールを急いで拾わせる」という行為には 「時間短縮」 という目的があり、限られた練習時間を無駄にしないようにと考えられています。 または規律や瞬発力強化という側面もあるでしょう。. 拍手 0 コメント 6. 子供というのは大人と違って集中できる時間が短く、疲労すればするほど練習効率は落ちていき、さらにはパフォーマンスも悪くなっていきます。 またテニスは ワンプレーごとにプレーが止まるスポーツ であるため、普段から練習の中で呼吸を整えたりプレーについて考えたりする習慣(セルフコントロール)を、小さいころから身につけておくと試合を経験するような年になった時に大いに役立つことになります。 ですから、ボール拾いはなるべく歩いて行い、むしろ練習の良かった点や悪かった点について 考える余裕すら あったほうが望ましいと思います。.

… NG. 0 6.

知っておきたい:

コメント

  1. 基本的にボールを拾うという作業は、一通りの練習を終えてボールが無くなったタイミングで行われるもの。 つまり、肉体的にも精神的(集中力)にも、パワーを使った状態にある訳です。 その状態から「ボールを急いで拾え!」とコーチに言われてしまうと、呼吸を整えたり体を休める時間がないまま次のトレーニングに向かう事になってしまいます。. GRAP キッズテニスラボを運営している2児の父親、GRAPと申します。 テニス経験はゼロ。プロの映像を研究したり、様々なスポーツの練習方法を取り入れて、娘とテニスを楽しんでいます。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2020 gonzalohermida.com | 利用規約 | 連絡先 |